1369件中 51 - 60件表示
  • 上海市民弁平和学校

    上海市民弁平和学校から見た化学化学

    8年から:物理。9年から:化学上海市民弁平和学校 フレッシュアイペディアより)

  • 反デューリング論

    反デューリング論から見た化学化学

    第一に、天文学や物理学、化学の領域では物質の特性に応じた固定的な法則性が存在し、その法則が大きく変わることはないため、永遠不変の法則というものが存在しえる。しかし、人間の思考には歴史的な向上に紆余曲折があり、天動説のように誤謬と偏見によって物事の実態とは異なる観念に支配されることは往々にして存在しているため、知識の相対性ゆえに限界にぶつかることがある。また、エンゲルスも指摘しているが、数学理論にも大きな革新や物理学にも力学現象に関する理解の仕方が変化することがあるため、当然ながら知識の絶対性や至上性というものはない。第二に、生物学では諸現象の連関関係が複雑で、単純な反応の法則性の探求では全体像を把握するのは難しい面がある。実際に、進化論は生物学上の最大の発見となったが、単一の理論に収れんするのではなく多様な学説を生み出していったように、一つの事象についても単純化は困難で理論化には長い時間と活発な学術論争が必要となる。医学の場合、問題の複雑さと困難さはとりわけ顕著で、単純に学術的な結論を得るのは容易なことではない。第三の歴史学、社会学、経済学など社会科学ではさらに単純化が難しくなる。歴史学について言うと、歴史に関する永遠不変の真理を得ようとすると意味を含まない年表的な事実の羅列へと転落してしまうであろうとエンゲルスは語っている。歴史的事象に関する論議は、複数の視点に基づいて様々に論じることを通じ多角化していく傾向をもっている。社会変動の法則性を重視する社会学にも視点の多角化による理解の深化の余地は多く、一知識や一見解に絶対性も至上性も認めることはできない。反デューリング論 フレッシュアイペディアより)

  • 川本幸民

    川本幸民から見た化学化学

    また当時用いられていた「舎密」の代わりに「化学」という言葉を初めて用いたことでも知られている。川本幸民 フレッシュアイペディアより)

  • 上條吉人

    上條吉人から見た化学化学

    長野県出身で、幼少期には生物に興味を示した。その興味は次第に化学へと向かい、1982年に東京工業大学理学部化学科を卒業する。しかし、母の死をきっかけに医科大学へ入り直し、1988年に東京医科歯科大学医学部を卒業する。同大学の附属病院精神神経科で研修を経て、総合病院の神経科で働いた。上條吉人 フレッシュアイペディアより)

  • オートクレーブ

    オートクレーブから見た化学化学

    化学分野では特殊な化学反応を行うため、医学や生化学では病原体などを死滅させる滅菌処理(オートクレーブ滅菌)のため、工学では炭素繊維強化プラスチックなどの複合材の成形(オートクレーブ成形)や人工スレートなどのコンクリートの養生(オートクレーブ養生)のためなど、さまざまな分野でそれぞれ目的に応じて使用される。圧力鍋やそれを用いた調理もオートクレーブの一種である。オートクレーブ フレッシュアイペディアより)

  • ローレンス・バークレー国立研究所

    ローレンス・バークレー国立研究所から見た化学化学

    LBLは、物理、化学、生命科学、コンピュータ・サイエンス、エネルギー工学、ナノテクノロジー、環境工学などの広い分野にわたって研究を行っている。ローレンス・バークレー国立研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 物理学

    物理学から見た化学化学

    物理学(ぶつりがく, )は、自然科学の一分野である。自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)、および物質をより基本的な要素に還元して理解すること(原子論的理解)を目的とする。化学、生物学、地学などほかの自然科学に比べ数学との親和性が非常に強い。物理学 フレッシュアイペディアより)

  • センサ

    センサから見た化学化学

    センサまたはセンサー()は、自然現象や人工物の機械的・電磁気的・熱的・音響的・化学的性質あるいはそれらで示される空間情報・時間情報を、何らかの科学的原理を応用して、人間や機械が扱い易い別媒体の信号に置き換える装置のことをいい、センサを利用した計測・判別を行うことを「センシング」という。検知器()とも呼ばれる。センサ フレッシュアイペディアより)

  • 試験管

    試験管から見た化学化学

    試験管(しけんかん,test tube)とは、化学、生物学の実験などに用いる細長い容器のことである。円筒形で上端は開放され、下端はUの字のように丸くなっている(平底の製品もある)。下端がVの字のように円錐状のものはスピッツ管と呼ばれている。試験管 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉工業大学

    埼玉工業大学から見た化学化学

    生命環境化学科(旧、応用化学科)埼玉工業大学 フレッシュアイペディアより)

1369件中 51 - 60件表示

「化学物質」のニューストピックワード