1369件中 61 - 70件表示
  • 理化学研究所

    理化学研究所から見た化学化学

    1917年(大正6年)に創設された物理学、化学、工学、生物学、医科学など基礎研究から応用研究まで行う国内唯一の自然科学系総合研究所である。理化学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 農学

    農学から見た化学化学

    農学(のうがく、)とは、農業・林業・水産業・畜産業などに関わる、応用的な学問。農産物の栽培・育種、生産技術の向上、生産物の加工技術などや、生産に関わる社会的な原理、環境の保全など、第一次産業に関わる幅広い事柄を研究し、産業の改良と発展を目指す。広義の自然科学に属し、化学、生物学、地学などを基礎とするが、社会科学も基盤の一部を成す。農学 フレッシュアイペディアより)

  • ジャービル・イブン=ハイヤーン

    ジャービル・イブン=ハイヤーンから見た化学化学

    アブー・ムーサー・ジャービル・イブン・ハイヤーン(, ), (721年? ? 815年?)は、アッバース朝時代のイスラム世界の哲学者、学者。後に11世紀にかけて続くイスラム科学黄金期を築く元祖とされる。彼の業績は、著作がラテン語に翻訳されてヨーロッパ世界へ伝わり、中世ヨーロッパの錬金術に多大な影響を及ぼすとともに、近代の化学の基礎を与えた。ラテン語では'(ゲベルス)又は'(ゲーベル、ジーベル)というラテン名で言及される。ジャービルは半ば伝説的な存在であり、その実像を正確に定めることは難しい。生年は721年あるいは722年ともいわれる。生地はホラーサーン(現在のイラン北東部およびアフガニスタン北西部)とされる。彼の父は化学、薬学者であった。イエメンで学業を修め、後にアッバース朝イラクのクーファで活躍、その地で没した。815年あるいは808年ともいわれる。アッバース朝最盛期のカリフであるハールーン・アッ=ラシードに宮廷学者として仕えた。ジャービル・イブン=ハイヤーン フレッシュアイペディアより)

  • 方程式

    方程式から見た化学化学

    微分方程式は1つ以上の関数とその導関数を含む方程式である。導関数を含まない関数の表示を見つけることによって解かれる。微分方程式は連続的に変化し得る対象のダイナミクスを調べるためにしばしば利用される。微分方程式によって特徴づけられる連続的な数理モデルは、物理学、化学、生物学、経済学など様々な分野において、それぞれの対象に対し用いられる。方程式 フレッシュアイペディアより)

  • P

    Pから見た化学化学

    化学でパラ (para) 位をp-で表す。P フレッシュアイペディアより)

  • 生気論

    生気論から見た化学化学

    生命現象には物理学及び化学の法則だけでは説明できない独特の原理があるとする説。生気論 フレッシュアイペディアより)

  • ドクタークラレ

    ドクタークラレから見た化学化学

    また『図解アリエナイ理科ノ教科書』シリーズ三作を通して生物編・化学編を中心に執筆している。ペットショップの如く自宅の一部を温室に改造しており、昆虫類(『図解アリエナイ理科ノ教科書IIIC』から判るだけでもアフリカ産のカマキリ、ヒシムネカレハカマキリ、ダイオウサソリ、シロモンオオサシガメ)が飼育され、植物の組織培養も行っている模様。また、部屋には熱帯魚の水槽もある。ドクタークラレ フレッシュアイペディアより)

  • 核変換

    核変換から見た化学化学

    化学において、化学結合で結ばれた原子群である分子は基本的な要素の一つであるが、化学反応によってその分子の構成は比較的容易に変化する。一方、その分子の構成要素である原子(の原子核)もまた核力で結ばれた陽子と中性子の群でしかないため、分子同様、原子もその構成(核種)は、分子ほど容易ではないものの、変化することがある。この原子の原子核の構成の変化(核種の変化)を核変換(nuclear transmutation)と呼ぶ。核変換 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン大学

    ブラウン大学から見た化学化学

    ジョン・テューキー(英:John Tukey Cooley-Tukey型FFTアルゴリズムenの発明者の一人):1936年 化学学部、1937年化学修士ブラウン大学 フレッシュアイペディアより)

  • 1879年

    1879年から見た化学化学

    2月22日 - ヨハンス・ブレンステッド、デンマークの化学者(+ 1947年)1879年 フレッシュアイペディアより)

1369件中 61 - 70件表示