262件中 21 - 30件表示
  • 化学

    化学から見た大学

    世界のほとんどの国では、化学の専門教育は大学を中心とした機関が担っている。その中でも理学部系の化学科や専攻は基礎的な領域を、工学部系では応用的な部分を扱うことが多い。薬学部や工学部の材料工学科などは専門性が高くなる。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た酵素

    生化学または生物化学は、生物や生命現象を化学的な理論や実験手法を導入して研究する分野であり生物学と化学の両方にまたがる領域である。酵素の研究を軸にホルモンなどのタンパク質や糖、核酸、脂質などの生体内の物質群や、生体のエネルギー獲得や輸送および代謝機能などを扱うことが多い。生体高分子を扱うことが多いため高分子化学とも関連する。生命現象を分子単位で研究する分子生物学や分子遺伝学を含み、遺伝子工学などに応用される。また、組織化学とは細胞など組織中の特定物質が分布する状況を、化学反応を用いて染色させ判断する技術を言い、免疫組織化学もそのひとつに含まれる。衛生化学とは、物質が生体に及ぼす影響を研究する、予防薬学分野の応用に当たる分野である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た幕末

    幕末から明治初期にかけての日本では、化学は舎密(セイミ)と呼ばれた。舎密は化学を意味するラテン語系オランダ語 (この単語自体の意味は「科学」)の音訳である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た放射能

    原子核を中心に、原子核反応やそれによって合成される新元素およびその性質を取り扱う分野が核化学や放射化学であり、特に後者では放射能の測定において分析化学的な方法も利用される。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た科学

    日本語では同音異義の「科学」()との混同を避けるため、化学を湯桶読みして「ばけがく」と呼ぶこともある。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た原子

    化学は、自然科学の一部門であり、さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する部門である。(少し異なった角度からの表現を紹介すると)、化学とは、物質についての学問(物質の学問)であり、(自然科学は自然に階層構造を見出すが)化学はそうした 自然の階層 の中で言えば、原子や分子という階層を受け持っている化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た分子

    化学は、自然科学の一部門であり、さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する部門である。(少し異なった角度からの表現を紹介すると)、化学とは、物質についての学問(物質の学問)であり、(自然科学は自然に階層構造を見出すが)化学はそうした 自然の階層 の中で言えば、原子や分子という階層を受け持っている化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た物質

    さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する、自然科学の一部門のこと。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見たラテン語

    化学(かがく、英語:Chemistry、羅語:Chemia ケーミア)とは、化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た量子力学

    元素の性質を記述することは、化学の中でも量子力学と統計力学が取り扱う。周期律は、量子力学の成立をもって初めてその本質が明瞭になった。原子内の電子配置はボーアの原子模型では限界があるので、波動力学のパウリの排他原理や波動関数、そして電子のエネルギー準位で説明される。統計力学は、物質の状態(三態)や性質などを巨視的に理解する上で必須の方法論を提供し、実験の結果をもたらす上で大きな役割を持つ。化学 フレッシュアイペディアより)

262件中 21 - 30件表示

「化学物質」のニューストピックワード