271件中 71 - 80件表示
  • 化学

    化学から見た大気圏

    環境化学は、環境(地球ならば水圏、岩石圏、大気圏など)における化学物質の生成、反応、移動、影響や成り行きなどを研究する分野であり、これらが生物圏に与える影響(環境問題)を化学的に説明する。地球環境化学はこのような研究を地球規模の環境に対して行う分野である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た生命

    分子の集まりを扱う分野は、その全体構造や分子の運動について研究する構造化学や、目に見える物質としての分子集合体について分子の持つ性質から物性を説明する分野である物性化学などがある。高分子化学は特に分子量の大きな分子の集まりに見られる特殊な性質を研究の対象とする。同じ高分子に相当するが特殊なものと言える生物・生命を化学的に扱う分野が生化学、生物化学である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た重合反応

    化学合成は、単純な物質から化学反応を用いて複雑な、または特定の機能を持つ物質を生成することを指す。分子量の小さな物質をつなぎ合わせて高分子を作る化学合成の代表例には重合反応がある。これは化学工業の主要なプロセスである。機能を持たせる化学合成の例は医薬品製造やナノテクノロジーなどである。このような製造に関わる化学合成では、適切な製品を効率良く作り出すことが求められ、化学の分野としては触媒や不斉合成などが研究される。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た相互作用

    化学(かがく、英語:chemistry、羅語:chemia ケーミア)とは、さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する、自然科学の一部門である。言い換えると、物質が、何から、どのような構造で出来ているか、どんな特徴や性質を持っているか、そして相互作用や反応によってどのように別なものに変化するか、を研究する。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た舎密開宗

    日本で初めての近代化学を紹介する書となったのは、江戸時代の宇田川榕菴の『舎密開宗』(せいみかいそう)である。原著はイギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーが1801年に出版した An Epitome of Chemistry である。宇田川榕菴はこれらの出版に際し、日本語のまだ存在しなかった学術用語に新しい造語を作って翻訳した。酸素、水素、窒素、炭素といった元素名や酸化、還元、溶解、分析といった化学用語は、宇田川榕菴によって考案された造語である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た脂質

    生化学または生物化学は、生物や生命現象を化学的な理論や実験手法を導入して研究する分野であり生物学と化学の両方にまたがる領域である。酵素の研究を軸にホルモンなどのタンパク質や糖、核酸、脂質などの生体内の物質群や、生体のエネルギー獲得や輸送および代謝機能などを扱うことが多い。生体高分子を扱うことが多いため高分子化学とも関連する。生命現象を分子単位で研究する分子生物学や分子遺伝学を含み、遺伝子工学などに応用される。また、組織化学とは細胞など組織中の特定物質が分布する状況を、化学反応を用いて染色させ判断する技術を言い、免疫組織化学もそのひとつに含まれる。衛生化学とは、物質が生体に及ぼす影響を研究する、予防薬学分野の応用に当たる分野である。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た

    とは水素イオンを生じ/与える/電子対を受け取る物質化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見たフラーレン

    その一方で、同じ種類と数の元素が組み合わさった分子でも、その構造で物性に差があることが判明している。不斉炭素原子と共有結合する4つの原子団が結合する位置の違いから生じる光学異性体や立体異性体や、また炭素などの二重結合部分が回転しないために生じる幾何異性体などは、同一の構造式でありながら異なる性質を持つ分子となる。ベンゼン環に結合する置換基の位置(オルトなど)による位置異性体も一例に当たる。エタン類など回転が可能な分子においても、立体障害などによる特性の差異は生じる。さらに近年では知恵の輪のようなカテナンやサッカーボールもどきのフラーレンなど、風変わりな構造を持つ分子も発見されている。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た電子

    化学では、物質の基本単位を原子として、その原子が持つさまざまな性質を抽象的概念である「元素」として把握する。原子論が確立した現代では、その特徴を理論的に掴む上で、原子核(陽子・中性子)および電子までの原子の構造から原子番号、質量数、電気素量、イオン、同位体などを決定し取扱い、各元素が持つ性質を理解する。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た環境問題

    環境化学は、環境(地球ならば水圏、岩石圏、大気圏など)における化学物質の生成、反応、移動、影響や成り行きなどを研究する分野であり、これらが生物圏に与える影響(環境問題)を化学的に説明する。地球環境化学はこのような研究を地球規模の環境に対して行う分野である。化学 フレッシュアイペディアより)

271件中 71 - 80件表示

「化学物質」のニューストピックワード

  • TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018

  • TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018(以下、TGRF2018)

  • ららぽーとTOKYO―BAY