北の湖敏満 ニュース&Wiki etc.

北の湖 敏満(きたのうみ としみつ、1953年5月16日 - )は、北海道有珠郡壮瞥町出身の元大相撲力士。第55代横綱。本名は小畑 敏満(おばた としみつ)。日本相撲協会理事長。息子は、俳優の北斗潤。 (出典:Wikipedia)

「北の湖敏満」Q&A

  • Q&A

    歴史上の人物ですが、少し変わった質問です。 【つ】で始まる歴史上の人物、知ってい…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年8月29日 21:47

  • Q&A

    〔2014年以降に早逝した主な一流(男性)アスリートのリスト〕 (Nitewatch…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年8月18日 22:08

  • Q&A

    歴代の日本相撲協会の理事長の中で、一番優秀で力のあったと思う方は以下の中で誰だと思わ…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年4月22日 13:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北の湖敏満」のつながり調べ

  • 番付

    番付から見た北の湖敏満

    また、1976年(昭和51年)10月に朝日山部屋の相続をめぐっての騒動でトンガ王国出身の幕下以下の力士が廃業に追い込まれた際にも、11月場所の番付では幕下以下のそれぞれの場所が空位とされた。1981年(昭和56年)9月場所番付において、東西の正横綱(北の湖、千代の富士(現九重))が「横綱大関」として番付上大関を兼務、純粋な大関不在の変則番付になったことがある(後述。横綱大関の項目も参照)。(番付 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た北の湖敏満

    1975年7月場所初日、横綱北の湖?小結高見山戦。立行司26代木村庄之助は北の湖に「はき手あり」とみて高見山に軍配を挙げたものの物言いがついた。しかし土俵上にははき手の跡がなく取り直しとなり、北の湖が寄り切って勝ったが、後味の悪い一番となった。(物言い フレッシュアイペディアより)

「北の湖敏満」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「北の湖敏満」のニューストピックワード