前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示
  • 1979年の相撲

    1979年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満が1月から5月にかけて32連勝、久しぶりに30連勝を越した力士が登場した。1979年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    7月24日 - 北の湖敏満、21歳2ヶ月で最年少横綱に1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た北の湖敏満北の湖敏満

    7月場所も13勝2敗で優勝。9月場所では終盤に4連敗を喫し9勝6敗と横綱の地位で15日間皆勤して初の一桁勝ち星に終わった。11月場所では14日目に優勝を決めたが千秋楽に魁皇に敗れ13勝2敗で終えた。2005年1月場所では2回目の全勝優勝を決めた。3月場所では13日目に栃東に敗れるが14勝1敗で三連覇を達成した。5月場所では14日目に優勝を決め、1996年の貴乃花以来となる、4場所連続優勝を達成した。月場所では13日目に琴欧州に敗れるが、14日目に魁皇を寄り切って2004年11月場所から7場所連続優勝(従来は1962年7月場所?1963年5月場所、1966年3月場所?1967年1月場所に2度記録した大鵬の6場所連続)、2005年には年間6場所完全優勝(従来は1966年の大鵬、1978年の北の湖、1986年の千代の富士、2004年の自身の5場所)、年間成績84勝6敗(従来は1978年の北の湖の82勝8敗)と、様々な記録を更新した。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 魁輝薫秀

    魁輝薫秀から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1965年、13歳で友綱部屋に入門。出世は早くなかったものの、じっくりと力をつけ、1975年11月場所で新入幕。当時の師匠(元小結・巴潟)の停年に間に合った。1979年7月場所では、最高位となる東関脇に昇進した。その場所は3勝12敗と大きく負け越したが、横綱・北の湖と大関・旭國から白星を挙げている。全盛期には横綱・北の湖(1979年7月場所、11月場所。9月場所は前頭8枚目に落ちていたことから対戦なし)に連勝した経験も持つ。魁輝薫秀 フレッシュアイペディアより)

  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た北の湖敏満北の湖敏満

    入幕してすぐには幕内に定着できず、十両との往復を繰り返した。その間に、同部屋の若三杉や怪童と呼ばれた北の湖など、いわゆる花のニッパチ組(昭和28年・1953年生まれ)に先を越されてしまう(隆の里は昭和27年生まれ)。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着し、何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながら、なかなか壁を越えられなかったが、1974年(昭和49年)11月場所には小結で12勝3敗、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年9月場所

    大相撲平成21年9月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    決定戦、今度は朝青龍が立合いで先手を取り、下手投げからの掬い投げで白鵬を下して4場所ぶり24回目の優勝を決めた。優勝24回は横綱北の湖と並んで歴代3位タイ。白鵬は1月場所、5月場所に続いて通算4回目の決定戦敗北となり、決定戦で年間3敗するのは決定戦制度導入以降初のこととなる。大相撲平成21年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1月30日、日本相撲協会理事選挙が行われ、10名の年寄枠に対し12名が立候補、北の湖、出羽海(元鷲羽山)、千賀ノ浦(元舛田山)、楯山(元玉ノ富士)、尾車(元琴風)、九重(元千代の富士)、春日山(元春日富士)、八角(元北勝海)、鏡山(元多賀竜)、貴乃花が当選、友綱(元魁輝)、伊勢ヶ濱(元旭富士)が落選した。選挙後の理事による互選の結果、北の湖が理事長に選出された。北の湖は弟子の大麻問題のため2008年に理事長を辞任していたが、史上初の理事長返り咲きとなった。2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝:北の湖敏満(15戦全勝, 10回目)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2010年3月場所を目前にした3月9日に現役引退を表明。師匠である北の湖が所有する年寄名跡を借りて年寄・小野川を襲名した。断髪式は同年10月1日に都内のホテルで行われた。その後は北の湖部屋付き年寄として後進の指導に当たっていたが、2012年に父親の兄弟子だった大潮こと8代式守秀五郎が創設した式秀部屋を一門外の部屋ながらも継承することが決定。8代式守秀五郎の停年(定年)退職した翌日の2013年1月4日に9代目式守秀五郎を襲名し、式秀部屋の師匠となった。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード