245件中 91 - 100件表示
  • 栃櫻光輝

    栃櫻光輝から見た北の湖敏満北の湖敏満

    かの大横綱・北の湖にして「栃桜さんのハチャメチャぶりは、どの力士もかなわなかった」と言わしめるほど破天荒な土俵生活を送ったことで知られている。稽古中に先輩力士を殴り、軍配に不服があれば行司を土俵下まで追っかけまわし、弓取式で弓をへし折り、博打や女遊び、侠客との交際も堂々と行うなどの暴れん坊ぶりであった。栃櫻光輝 フレッシュアイペディアより)

  • 竹葉山真邦

    竹葉山真邦から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2007年5月場所後に白鵬が横綱昇進した際の横綱審議委員会において、当時の日本相撲協会理事長だった北の湖親方は委員である内館牧子から「白鵬の師匠は誰ですか?」の質問に対して、「今まで熊ヶ谷が(白鵬の指導を)やってきたのだから、今後も熊ヶ谷が指導すべき」と答え、15代熊ヶ谷が白鵬の正式な師匠であることを事実上明らかにした。しかし、白鵬の大関・横綱昇進伝達式の両方に同席することは許されず、陰で見守るしかなかった。竹葉山真邦 フレッシュアイペディアより)

  • 板井圭介

    板井圭介から見た北の湖敏満北の湖敏満

    師匠の大鳴戸親方(元関脇・高鐵山孝之進)が廃業後大相撲の「八百長」を告発し、板井が千代の富士グループの仲介・工作人(中盆)として八百長を行っていたと主張したが、板井は沈黙を守った(ちなみに板井は千代の富士に全敗している)。板井は1980年代に新宗教GLAに入会し、その後、八百長の真実を明かすことは神から与えられた自らの使命であると認識するようになった。そして、大鳴戸の死後の2000年1月、外国特派員協会の講演で、自らも「八百長」を告発し物議を醸した。2008年には日本相撲協会と週刊現代を発行する講談社との間で争われている八百長記事をめぐる裁判の中で、現代側証人として出廷し、「(2000年1月八百長を告発したのは)とあるサッカーの試合のチケットを貰ったお礼」と証言した。また、現役時代に北の湖(元横綱)との取り組みの中で、自ら八百長を持ちかけたことを証言した。同年には自身が現役時に記帳した八百長管理用のノートに基づいた暴露本を出版した。この一連の告発については上述した1991年9月の緊急会議、年寄襲名却下との因果関係が指摘されている。板井圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た北の湖敏満北の湖敏満

    以来、順調に番付を上げ、1974年9月場所に於いて21歳で新入幕を果たした。同時期に活躍した北の湖(前・日本相撲協会理事長)・若三杉(後の2代若乃花、前・間垣親方)・麒麟児(現・北陣親方)・大錦(現・山科親方)と同じ1953年(昭和28年)生まれで、これら4人と共に「花のニッパチ組」と呼ばれた。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 山響部屋

    山響部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1985年(昭和60年)1月場所限りで現役引退した三保ヶ関部屋所属の横綱・北の湖は、一代年寄・北の湖を襲名し、同年12月1日に三保ヶ関部屋から分家独立して北の湖部屋を創設した。山響部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の相撲

    1975年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(12勝3敗,3回目)1975年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の相撲

    2014年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    3月23日 - 【大相撲】春場所千秋楽で鶴竜が琴奨菊を寄り切りで破り、14勝1敗で初優勝。理事長の北の湖は鶴竜の横綱昇進を横綱審議委員会へ諮問することを決めた2014年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    15日 - 【大相撲】大相撲九州場所が開幕。地元福岡県出身の魁皇博之が初日出場し白星。6月に定年退職した高見山こと渡辺大五郎の幕内通算出場場所数記録を塗り替える幕内98場所出場を達成。17日には歴代3位の幕内通算800勝、24日には、日本相撲協会前理事長北の湖敏満が持っていた記録を破り、歴代2位となる幕内通算805勝を、それぞれ達成。元横綱千代の富士の九重親方が持つ幕内最多通算勝星807勝超えはならず。なおこれらの勝星記録は横綱未経験者では初。2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の相撲

    2013年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    6月9日 - 【大相撲】元横綱、現理事長の北の湖の還暦土俵入りが両国国技館で行われた。史上9人目で理事長在任中では史上4人目2013年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 昇進伝達式

    昇進伝達式から見た北の湖敏満北の湖敏満

    平成18年(2006年)3月場所後の大関昇進伝達式と、及び平成19年(2007年)5月場所後の横綱昇進伝達式での白鵬翔の場合、当時の師匠だった宮城野親方(元十両金親和行)夫妻が同席していた。だが白鵬が大相撲入門時から育ての親であった、当時部屋付きの熊ヶ谷親方(元前頭竹葉山真邦)の伝達式出席は共に認められず、別席から眺める形式となった。これについて当時の北の湖敏満理事長は、白鵬の横綱昇進時に横綱審議委員の内館牧子から「白鵬の師匠は誰ですか?」の質問に「熊ヶ谷です。今迄そうしてきたし、今後も熊ヶ谷が指導すべき」と返答していた(なお平成22年(2010年)11月場所後、熊ヶ谷と宮城野との名跡交換が行われたため、以後は宮城野親方(元竹葉山)が横綱白鵬の正式な師匠となっている)。昇進伝達式 フレッシュアイペディアより)

245件中 91 - 100件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード