199件中 91 - 100件表示
  • 小野川 (年寄名跡)

    小野川 (年寄名跡)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小野川(おのがわ)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつであり、大阪相撲から引き継がれてきた由緒ある名跡で、初代・小野川が四股名として名乗っていたものが年寄名(大阪相撲では頭取名)となった。現在の所有者は北の湖小野川 (年寄名跡) フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟児和春

    麒麟児和春から見た北の湖敏満北の湖敏満

    金星:6個(輪島2個、北の湖1個、三重ノ海1個、2代若乃花1個、大乃国1個)麒麟児和春 フレッシュアイペディアより)

  • 壮瞥町

    壮瞥町から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満(大相撲元横綱、日本相撲協会理事長)壮瞥町 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た北の湖敏満北の湖敏満

    同時期に活躍した北の湖・若三杉(のち2代若乃花)・麒麟児・大錦と同じ1953年生まれで、これら4人と共に「花のニッパチ組(「ニッパチ」の語源は、生年の「昭和28(1953)年」)」と呼ばれた。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨乃花成栄

    飛騨乃花成栄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    金星:1個(北の湖から。1981年11月場所(8日目))飛騨乃花成栄 フレッシュアイペディアより)

  • 年寄名跡

    年寄名跡から見た北の湖敏満北の湖敏満

    過去に功績顕著として一代年寄の襲名が認められた横綱には、大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花がいる。千代の富士は満場一致で承認されたが、将来的に九重部屋を継承することで師匠と話が纏まっていた千代の富士が「部屋の名前は一代限りで無く末永く続くものにしたい」と辞退し、年寄・陣幕を襲名している(後に九重)。功績顕著の目安としては優勝20回以上というものがあり、該当者は朝青龍(引退時日本国籍を保有しておらず相撲協会を退職)以外全て一代年寄を認められている。年寄名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 黒姫山秀男

    黒姫山秀男から見た北の湖敏満北の湖敏満

    出稼ぎに出た父親が戻ってこず、中学卒業後に家の家計を助けるために大相撲入りを決断し、1964年3月場所で初土俵を踏んだ。四股名は師匠の立浪親方(元横綱・羽黒山)による命名で、師匠が本人に「故郷の近くに山でもあるか」と訊ねた際、本人が「黒姫山があります」と答えたことで決まった。順調に出世し、1969年3月場所に新十両、同年7月場所に新入幕を果たした。立合いからのぶちかましは強烈で、その威力から蒸気機関車の代名詞である「デゴイチ」との異名をとった。また、額の広いことで「デボネア」とのあだ名もあった。横綱・大関陣との対戦でも必殺のぶちかましで活躍し、横綱・北の湖に8勝、横綱・輪島に7勝、横綱・若乃花には5勝し、金星を6個獲得した。また、大関時代の大受には3戦3勝し、大関・貴ノ花には通算で16勝(23敗)を挙げている。黒姫山秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲競技監察委員会

    相撲競技監察委員会から見た北の湖敏満北の湖敏満

    故意による無気力相撲の定義は、2007年に当時の北の湖理事長(第55代横綱・北の湖)が「怪我や病気をしたままで場所に出ること」としているが、2011年の大相撲八百長問題に関して、当時の放駒理事長(元大関・魁傑)は八百長と故意による無気力相撲は同じであるとの見解を示している。なお、相撲協会は八百長の単語を公式に使用することは滅多になく、八百長の概念すら認めていない。相撲競技監察委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 9月8日

    9月8日から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2008年 - 大相撲力士大麻問題: 露鵬・白露山に大麻吸引の陽性反応が出た問題で、北の湖日本相撲協会理事長が辞任。両力士は解雇処分。9月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た北の湖敏満北の湖敏満

    新入幕を果たした1973年(昭和48年)5月場所では、初日から8連勝するとともに大関・清國を破る殊勲の星を挙げ、11勝4敗の準優勝という好成績で敢闘賞を受賞した。1977年(昭和52年)7月場所には、殊勲・敢闘賞が該当なく、技能賞の彼だけが三賞受賞者となるという珍しい状態になったこともあった。北の湖をして、「あの人は僕とは相撲の見方が違う」と言わしめた力士。小柄ながら多彩な技で長く土俵を沸かせた。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

199件中 91 - 100件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード