245件中 11 - 20件表示
  • 朝潮太郎 (4代)

    朝潮太郎 (4代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    その後、徐々に幕内上位に返り咲き、1980年(昭和55年)3月場所11日目、横綱北の湖との2度目の対戦で、朝汐は北の湖が出たところを豪快な引き落としで破り初金星を挙げ、この場所は10勝5敗で殊勲賞を獲得。これを皮切りに朝汐は上位陣から恐れられることになる。以後朝汐は輪島、三重ノ海、若乃花、千代の富士といった横綱陣との対戦では度々土をつけ、特に当時の実力第一人者である北の湖との対戦では、仕切りから横綱の計算を狂わせ、ファンはおろか当の上位力士でさえも驚くばかりの強さを発揮し、当時の幕内力士では唯一北の湖に通算13勝7敗(不戦勝1含む)と歴然とした差で勝ち越したことで話題を呼んだ。1981年5月場所8日目の北の湖戦でも全勝の北の湖に土をつける活躍を見せ、この時のNHK大相撲中継の視聴率は夏場所のものとしては2017年3月場所終了時点で最高となる38.2%であった(ビデオリサーチ調べ)。同年11月場所は12勝3敗の好成績で千代の富士貢と優勝決定戦に出場し、敗れて惜しくも初優勝を逃した。翌1982年1月場所は大関挑戦の場所であったが、6勝9敗と負け越し、失敗に終わった。1982年5月場所は13勝2敗の好成績で再び千代の富士貢と優勝決定戦に出場し、敗れてまたしても優勝を逃した。翌1982年7月場所は再度大関挑戦の場所であったが、8勝7敗に終わり、またしても失敗に終わった。このように素晴らしい成績を挙げながらも優勝・大関には手が届かず、3度あった優勝決定戦ではあと一歩のところで及ばず、勝敗の差が激しく連勝か連敗が目立ついわゆる「連(ツラ)相撲」も特徴であった。この頃は大関挑戦の場所を迎えては負け越し(あるいは最小の勝ち越し)て失敗、数場所後に大勝ちして再(々)度大関挑戦の繰り返しであった。朝潮太郎 (4代) フレッシュアイペディアより)

  • 青葉城幸雄

    青葉城幸雄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内4場所目の同年7月場所では、終盤まで優勝争いに加わり、横綱・北の湖を破るなど活躍。最終的に、13勝2敗で優勝した同部屋の後輩・金剛に次ぐ12勝3敗という好成績を収め、生涯唯一の三賞(敢闘賞)を受賞した。翌9月場所では、新三役となる小結に昇進するも、6勝9敗と負け越して1場所で平幕に逆戻り。同場所後には、押尾川親方(元大関・大麒麟)の独立騒動に巻き込まれてしまい、押尾川部屋に移籍した。青葉城幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1月23日 - 【大相撲】大相撲一月場所十四日目。横綱朝青龍明徳が大関日馬富士公平を下手投げで下し25回目の幕内最高優勝。優勝回数で55代横綱北の湖敏満を抜き歴代3位になった。しかし千秋楽では横綱白鵬翔に敗れ最終成績は13勝2敗。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    8月19日 - 大相撲間垣部屋の現役幕内力士が大麻を所持していたとして逮捕され、部屋から吸引用パイプなどが発見される。北の湖敏満日本相撲協会理事長が記者会見で謝罪文を読み上げる。21日に日本相撲協会の理事会でこの力士を解雇処分、師匠の間垣親方は理事を辞任。2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の相撲

    2015年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    11月20日 - 【大相撲】日本相撲協会理事長の北の湖親方(元横綱)が死去、62歳没2015年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大鵬が入幕する前は、角界の最大派閥は出羽海一門で、非主流派とみなされる二所ノ関所属の大鵬は、親方としての出世は遅いと見られていたが、1976年(昭和51年)に35歳の若さで役員待遇・審判部副部長に就任した。ところが、1977年(昭和52年)に脳梗塞によって倒れ、左半身麻痺などその後遺症が残ったことで理事長などの重要職に就任する見込みが無くなった。引退後に年寄名を大鵬 翔己(たいほう しょうき)としていたが、この病気を患って以降は現役時代の「大鵬 幸喜」に戻している。病気自体は不屈の精神で妻・芳子の献身もあってリハビリを重ねながら回復して歩ける程度には回復し、1980年(昭和55年)には理事に就任した。地方場所(名古屋場所担当)部長、さらには相撲教習所所長などを歴任し、8期務めた後の1996年(平成8年)に役員待遇へ退いた。「巨人、大鵬、卵焼き」と称された時代の一方の雄である長嶋茂雄が脳梗塞に倒れた時には、やはり特別な感情が湧いたと語っている。その回復が実を結び、2000年(平成12年)には自身同様「昭和の大横綱」と評される北の湖敏満(太刀持ち)と九重貢(元・千代の富士、露払い)の2人を従えて、還暦土俵入りを披露した。ただし、前述の脳梗塞の後遺症から四股が踏めないため、土俵入りそのものは行えず、赤い綱を締めて土俵上で雲龍型のせり上がりの構えを取ることと、土俵中央に立って柏手を打つ(これも1回ではうまくいかなかった)という、一部の所作を披露したのみであった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1975年11月場所に新十両、1977年1月場所新入幕。同年11月場所で2回目の挑戦で北の湖から金星を挙げるなど10勝5敗を挙げ初の三賞となる殊勲賞を獲得。この場所の北の湖戦は、左四つになって右前まわしをつかみ体をあおるように寄り立てると、北の湖は土俵下へもんどりうった、という流れであった。これ以前は腰の重さに任せた相撲であったが、この1番をきっかけとして相撲が速くなった。翌1978年1月場所新関脇。一躍大関候補となり幕内上位の常連となり活躍したが、1978年11月場所の麒麟児戦で左膝内側側副靱帯断裂の大ケガで途中休場。翌1月場所の金城(後の栃光)戦でそれを再発させて再び途中休場。古傷の再発ということで公傷が適用されず、以後2場所連続全休で幕下30枚目まで陥落。それでも腐らずケガを治すと幕下2場所、十両1場所で通過し、1980年1月場所で幕内復帰。その場所で12勝3敗の成績を挙げ敢闘賞を受賞。翌3月場所も10勝5敗の成績を挙げ2場所連続の敢闘賞受賞。5月場所では関脇に復帰し10勝5敗の成績を挙げ殊勲賞を受賞するなど再び大関候補にのし上がるも7月場所ではまたも栃光戦で左膝内側側副靱帯断裂・左膝半月板損傷・左腰部挫傷の大ケガで途中休場。当時理事長の春日野親方(元横綱栃錦)が「今度こそ駄目だろう」と言ったほどの重症であった。この怪我で初めて患部にメスを入れたということからも怪我の重大さが分かる。琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年1月場所

    大相撲平成28年1月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    この場所は、2015年11月20日に当時現職理事長だった北の湖親方(元横綱・北の湖)が死去し、同年12月18日に八角親方(元横綱・北勝海)が後任の理事長に就任して新体制となった日本相撲協会の下で興行される初めての本場所となった。大相撲平成28年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 龍虎勢朋

    龍虎勢朋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    しかし、本人の不屈の闘志と努力が実を結び、幕下優勝(1972年9月場所、7戦全勝)、十両優勝(1973年3月場所、11勝4敗)と実績を重ね、1973年7月場所に再入幕する。その後も1974年9月場所で新横綱の北の湖から通算2個目の金星を獲得。1975年1月場所で小結となり三役にカムバックした(破門など協会からの離職によるブランクなしで幕下へ降下した元三役の三役復帰は史上初)。龍虎勢朋 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵玉錦敏正

    蔵玉錦敏正から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1981年9月場所では、北の湖より初金星を挙げる活躍をするも負け越し、三役昇進にはあと一歩及ばなかった。なお、大関戦では3勝(貴ノ花に2勝、増位山に1勝)している。貴ノ花の現役最後の一番となった一戦(1981年1月場所6日目)では、一気の押しで勝利しており、対戦成績は2勝2敗の五分であった。しかしそれ以降は、幕内下位から十両で取ることが増えていった。蔵玉錦敏正 フレッシュアイペディアより)

245件中 11 - 20件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード