245件中 21 - 30件表示
  • 巌雄謙治

    巌雄謙治から見た北の湖敏満北の湖敏満

    中学校時代はバスケットボールや砲丸投などに借り出されていたが、中学校3年から本格的に相撲を始めた。引退間もない北の湖親方に入門を勧められ、1986年3月に初土俵を踏む。ちなみに彼が北の湖部屋最初の入門力士(北の湖の一番弟子)である。巌雄謙治 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の相撲

    1978年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(15戦全勝,10回目)1978年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1975年5月場所に関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では当時27歳11か月の年齢で13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。この場所は「優勝するなんて気はさらさらなかった。そんな気持ちだったら体も動かないしね。自分の持っているものを全部だそうと」という気持ちで挑んでおり、後年の新聞の記事で「13日目に2敗同士の横綱(55代)の北の湖と対戦したが、とにかく優勝ではなく北の湖に勝ちたい一心だった。左を差し合い、一度吊られたが、しのぎにしのいで左からの下手投げ。優勝に加えて大関も見えたからね。もう、神がかってたよ」と述懐している。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵前国技館

    蔵前国技館から見た北の湖敏満北の湖敏満

    以上のように相撲史に残る数多くの出来事があり、「栃若時代」「柏鵬時代」「輪時代」の各黄金時代の舞台となるなど、蔵前国技館が使用されていた時代は、戦後の大相撲で最も活気ある時代でもあったといえる。蔵前国技館 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    20日 - 【大相撲】 大相撲第55代横綱で現在は日本相撲協会理事長を務めていた北の湖敏満がこの日の夕方、直腸がんによる多臓器不全のため九州場所開催中で滞在先の福岡市内の病院で急逝。その後、北の湖部屋は12月1日付で部屋付親方の山響が継承し、名称も山響部屋へ変更された。2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2010年3月場所を目前にした3月9日に現役引退を表明。師匠である北の湖が所有する年寄名跡を借りて年寄・小野川を襲名した。断髪式は同年10月1日に都内のホテルで行われた。その後は北の湖部屋付き年寄として後進の指導に当たっていたが、2012年に父親の兄弟子だった大潮こと8代式守秀五郎が創設した式秀部屋を一門外の部屋ながらも継承することが決定。8代式守秀五郎が停年(定年)退職した翌日の2013年1月4日に9代目式守秀五郎を襲名し、式秀部屋の師匠となった。その後、公益財団法人認定を申請中の相撲協会は年寄名跡の一括管理を決め、12月20日までに証書を提出するように親方衆へ通達していたが前日の19日になっても先代式秀との協議が難航した影響で証書が式秀本人の手に渡らないという困難が起こったものの、期限当日の理事会前に滑り込みで提出したことで騒動には至らなかった。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 巨砲丈士

    巨砲丈士から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1979年(昭和54年)3月場所で新入幕を果たし、大鵬部屋第1号の幕内力士となった。その後も相撲巧者ぶりを見せて、1980年(昭和55年)3月場所で新小結、1981年(昭和56年)5月場所で関脇に昇進した。大物食いとしても知られ、金星は第54代横綱輪島から第59代横綱隆の里までの計6横綱(輪島、北の湖、若乃花、三重ノ海、千代の富士、隆の里)から10個を獲得した(なお1984年(昭和59年)9月場所、6日目千代の富士、7日目隆の里と二日続けての金星をあげている)。巨砲丈士 フレッシュアイペディアより)

  • 北尾光司

    北尾光司から見た北の湖敏満北の湖敏満

    部屋を抜け出す騒動を度々起こしても持ち前の素質や出稽古などは欠かさなかった成果か、北尾は1984年1月場所で新十両、同年9月場所で新入幕を果たした。北尾の十両昇進によって1982年11月場所から続いていた立浪部屋の関取不在は解消された。翌11月場所には憧れの北の湖敏満と最初で最後の取組を演じ、これに勝利した。「対戦できたこと自体がもう嬉しくて…自分が目標としてきた力士と対戦できる喜び。とにかく負けてもいい」と語っていた中での初金星であった。この場所はその取組が評価されて初の三賞となる殊勲賞を獲得、1985年1月場所は新小結に昇進し、2場所連続で10勝、同年5月場所は新関脇となったが、中日の保志戦で左足を怪我したため途中休場(その後13日目から再出場)で6勝(6敗3休)に終わり、平幕に陥落した。北尾光司 フレッシュアイペディアより)

  • 荒勢永英

    荒勢永英から見た北の湖敏満北の湖敏満

    重心の低い右差しからの激しいがぶり寄りが特徴で、もみ上げも個性的でいごっそうを連想させる人気力士の1人であった。しかし横綱・北の湖に弱く、27連敗(※初対戦からの連敗記録ではない。対北の湖、および同一の力士に対する初顔からの最多連敗記録は、金城の29連敗。金城は、結局幕内では、北の湖には1度も勝てなかった)を記録した。荒勢永英 フレッシュアイペディアより)

  • 大露羅敏

    大露羅敏から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2017年9月場所現在で現役最重量。2017年8月22日の健康診断では体重が288kgと測定され、大相撲史上最重量の記録を更新した。また、日本相撲協会理事長を務めた北の湖の生前に誰よりも可愛がられ、北の湖が死去するまで14年間という長きに亘って付け人を務めたことでも知られる。大露羅敏 フレッシュアイペディアより)

245件中 21 - 30件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード