199件中 21 - 30件表示
  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大関になってからも膵臓炎の影響で満足な成績を出せる場所は多くはなかったが昭和52年(1977年)9月は誰もが驚く絶好調、連戦連勝で横綱・北の湖と優勝争いの先頭を併走、直接対決には敗れ優勝はできなかった(北の湖は全勝優勝)が、堂々の14勝1敗。しかし綱獲りとなる11月は8勝7敗に終わり横綱昇進は果たせなかった。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 武田頼政

    武田頼政から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2007年(平成19年)1月から、「週刊現代」誌上で「横綱・朝青龍の八百長を告発する」とする記事を執筆。朝青龍の15回の優勝のうち11回について白星を80万円で買ったものだとする内容。朝青龍は疑惑を完全否定し、相撲協会も、八百長にかかわったとされた力士に事情聴取し、全員が否定した。2月23日、相撲協会が「週刊現代」発行元の講談社と武田に損害賠償請求訴訟を起こした。協会および朝青龍をはじめとする力士17名が起こした訴訟(第一次提訴)と、2007年(平成19年)4月13日、豊ノ島ら別の力士15名が起こした訴訟(第三次提訴)は2007年(平成19年)5月31日の第2回口頭弁論の際に併合審理されることが決まった。また、武田は同誌に北の湖親方が昭和50年(1975年)3月場所に大関貴ノ花との優勝決定戦で八百長をしたと記述した。これについて、2007年(平成19年)4月3日に北の湖が提訴(第二次提訴)した。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の相撲

    1974年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    7月、北の湖が史上最年少で横綱に昇進。1974年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 青葉城幸雄

    青葉城幸雄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    入門前に相撲経験がなかったため幕下でやや苦労したが、1971年5月場所で新十両に昇進した。そしてこれを機に、「大庄司」から故郷・仙台にちなんだ「青葉城」へ改名。十両でも3年近く苦戦したが、1974年11月場所では上位で10勝5敗と大勝ちし、これを手土産に翌1975年1月場所にて新入幕を果たした。幕内4場所目の同年7月場所では終盤まで優勝争いに加わり、横綱・北の湖を破るなど活躍し、優勝した同部屋の後輩・金剛に次ぐ12勝3敗の好成績を挙げて生涯唯一の三賞(敢闘賞)を受賞した。翌9月場所では、新三役となる小結に昇進するも、6勝9敗と負け越して1場所で平幕に逆戻り。同場所後には、押尾川親方(元大関・大麒麟)の独立騒動に巻き込まれてしまい、押尾川部屋に移籍した。青葉城幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    地方巡業は、各地の興行を希望する〈勧進元〉と呼ばれる人たちが協会に巡業開催の契約金を支払い、興行権を譲り受ける形(売り興行)で長年行われてきた。しかし1995年の巡業改革により、当時の境川理事長の下で勧進元主催から協会の自主興行に変更された。ところが地方巡業は1992年の年間94日間をピークに減少を続け、ついに2005年には1958年以降最小の15日間までに落ち込んだ。そのため、北の湖理事長の下で再び勧進元形態に戻すことになった。2006年に再開された海外巡業についても、地方巡業の増加対策と並ぶ巡業改革の一環となっている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵前国技館

    蔵前国技館から見た北の湖敏満北の湖敏満

    以上のように相撲史に残る数多くの出来事があり、「栃若時代」「柏鵬時代」「輪時代」の各黄金時代の舞台となるなど、蔵前国技館が使用されていた時代は、戦後の大相撲で最も活気ある時代でもあったといえる。蔵前国技館 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大鵬の訃報を受けて、日本相撲協会は北の湖敏満理事長と九重貢事業部長などが哀悼の意を表す談話を発表した他、同世代の日本スポーツ界のヒーローであった長嶋茂雄、ファイティング原田、そして大鵬とは大の親友関係だった王貞治が「同じ時代に世の中に出て、光栄だった」と故人との思い出を語る談話をそれぞれ発表している。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 朝潮太郎 (4代)

    朝潮太郎 (4代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    その後、徐々に幕内上位に返り咲き、1980年(昭和55年)3月場所11日目、横綱北の湖との2度目の対戦で、朝汐は北の湖が出たところを豪快な引き落としで破り初金星を挙げ、これを皮切りに朝汐は上位陣から恐れられることになる。以後朝汐は輪島、三重ノ海、若乃花、千代の富士といった横綱陣との対戦では度々土をつけ、特に当時の実力第一人者である北の湖との対戦では、仕切りから横綱の計算を狂わせ、ファンはおろか当の上位力士でさえも驚くばかりの強さを発揮し、当時の幕内力士では唯一北の湖に通算13勝7敗(不戦勝1含む)と歴然とした差で勝ち越したことで話題を呼んだ。素晴らしい成績を挙げながらも優勝・大関には手が届かず、3度あった優勝決定戦ではあと一歩のところで及ばず、勝敗の差が激しく連勝か連敗が目立ついわゆる「連(ツラ)相撲」も特徴であった。この頃は大関挑戦の場所を迎えては負け越し(あるいは最小の勝ち越し)て失敗、数場所後に大勝ちして再(々)度大関挑戦の繰り返しであった。朝潮太郎 (4代) フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1981年1月場所は前場所をはるかに上回る快進撃で、若乃花幹士を真っ向勝負で寄り倒すなど初日から14連勝を記録する。そして迎えた千秋楽(1月25日)、1敗で追いかけた北の湖敏満との直接対決を迎えた。本割では吊り出しで敗れて全勝優勝こそ逃すものの、吊り出された時に北の湖の足を見て作戦を立てており、それが見事決まって優勝決定戦では北の湖を右からの上手出し投げで下し、14勝1敗で幕内初優勝を果たした。場所後に千代の富士の大関昇進が決定したが、千秋楽の大相撲中継視聴率は52.2%、千代の富士の優勝が決まった瞬間の最高視聴率は65.3%に達し、現在でも大相撲中継の最高記録である(ビデオリサーチ調べ)。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 旭富士正也

    旭富士正也から見た北の湖敏満北の湖敏満

    新十両まで7場所、1983年(昭和58年)3月場所新入幕。ちなみに大乃国もこの場所新入幕で、後の横綱2人が同時に新入幕する場所となった。同年11月場所小結昇進。翌1984年(昭和59年)7月場所で横綱北の湖を破り初金星。同年11月場所では幕内では初の2ケタ勝ち星の11勝4敗を挙げ初の三賞となる敢闘賞を受賞。非力ながら前さばきが良く、懐の深さを生かした柔軟な体つきが持ち味で、新入幕当時から将来の大関候補と期待されていたが、当初は三役に定着できず伸び悩んだ。しかし、バーベルトレーニングなど、体力面の強化が実り、地力がアップ。1986年(昭和61年)1月場所には新関脇で横綱千代の富士を破るなど11勝4敗を挙げ初の殊勲賞を受賞。この年以降2度平幕に落ちた以外は三役に定着。2度目の関脇復帰となった1987年(昭和62年)3月場所で10勝5敗を挙げると以後、10勝5敗、11勝4敗、12勝3敗と安定した成績を収め同年9月場所後に待望の大関昇進を決める(直近3場所合計33勝)。新入幕幕内時代から三役時代には技を活かして勝つ相撲が多く、技能賞を5回も受賞している。旭富士正也 フレッシュアイペディアより)

199件中 21 - 30件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード