199件中 31 - 40件表示
  • 横綱

    横綱から見た北の湖敏満北の湖敏満

    特に若乃花勝の場合、相撲協会内には「もう1場所様子をみるべき」という意見が有った程である。それでも「若乃花は2場所連続優勝しており、内規をクリアーしている。」という理由により、貴乃花光司の2場所連続全勝優勝という完璧な成績での横綱審議で10分掛かったにも拘わらず、横審では僅か7分で若乃花の横綱昇進を全会一致で決めた。しかし横綱昇進後の若乃花は優勝を1度も果たせず、さらに横綱皆勤負け越しなどの不名誉な記録を残したまま、横綱在位は11場所(内皆勤は5場所)で早々引退してしまった。その後、現在理事長職を務めている北の湖(一代年寄)が「優勝の成績は13勝以上」とよく注文を付けている事も、結果的に若乃花の甘かった横綱昇進の例と関係が有るのではないか?との声がある。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2009年1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録も発生した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1975年11月場所に新十両、1977年1月場所新入幕。同年11月場所で2回目の挑戦で北の湖から金星を挙げるなど10勝5敗を挙げ初の三賞となる殊勲賞を獲得し、翌1978年1月場所新関脇。一躍大関候補となり幕内上位の常連となり活躍したが、1978年11月場所の麒麟児戦で足を負傷し途中休場。翌1月場所の金城(後の栃光)戦で左膝内側側副靱帯断裂の大ケガで再び途中休場。以後2場所連続全休で幕下30枚目まで陥落。それでも腐らずケガを直すと幕下2場所、十両1場所で通過し、1980年1月場所で幕内復帰。その場所で12勝3敗の成績を挙げ敢闘賞を受賞。翌3月場所も10勝5敗の成績を挙げ2場所連続の敢闘賞受賞。5月場所では関脇に復帰し10勝5敗の成績を挙げ殊勲賞を受賞するなど再び大関候補にのし上がるも7月場所ではまたも栃光戦で左膝内側側副靱帯断裂・左膝半月板損傷・左腰部挫傷の大ケガで途中休場。当時理事長の春日野親方(元横綱栃錦)が「今度こそはと思ったのに」と言った程である。琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    8月19日 - 大相撲間垣部屋の現役幕内力士が大麻を所持していたとして逮捕され、部屋から吸引用パイプなどが発見される。北の湖敏満日本相撲協会理事長が記者会見で謝罪文を読み上げる。21日 に日本相撲協会の理事会でこの力士を解雇処分、師匠の間垣親方は理事を辞任。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    23日 - 【相撲】大相撲一月場所十四日目。横綱朝青龍明徳が大関日馬富士公平を下手投げで下し25回目の幕内最高優勝。優勝回数で55代横綱北の湖敏満(前相撲協会理事長)を抜き歴代3位になった。しかし千秋楽では横綱白鵬翔に敗れ最終成績は13勝2敗。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2004年5月場所で新入幕となる。19歳1か月での新入幕は貴花田(後の横綱・貴乃花)、北の湖、花田(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった(外国人力士としては史上1位の若さ。)。その場所、千秋楽まで単独で優勝争いの先頭に立っていた北勝力を立合いの変化で破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱朝青龍の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田の18歳7か月に次ぐ19歳2か月の若さで初三賞(敢闘賞)を受賞した。新入幕での12勝は、15日制になってから歴代3位タイ。入幕を果たした際には「親方、一番強い人を倒したときの懸賞を持ってきます。待っていてください」と熊ケ谷親方(現:宮城野親方)と約束した。2004年11月場所11日目、白鵬は朝青龍を送り出しで破って初金星を獲得。その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。受け取ってください」と差し出した。この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の相撲

    1981年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満が11月に休場、幕内連続勝ち越し、連続2桁勝利の記録が途絶えた。1981年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖

    北の湖から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖 フレッシュアイペディアより)

  • 小畑敏満

    小畑敏満から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小畑敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 太晨光真

    太晨光真から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大産大附属高を中退し、横綱・北の湖の内弟子として三保ヶ関部屋に入門、1984年(昭和59年)3月場所に本名の村井の四股名で初土俵を踏んだ。1985年(昭和60年)1月、北の湖が現役引退して三保ヶ関部屋から分家独立して北の湖部屋を創設するにあたって、北の湖部屋に移籍した。太晨光真 フレッシュアイペディアより)

199件中 31 - 40件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード