245件中 31 - 40件表示
  • 輪島 大士

    輪島大士から見た北の湖敏満北の湖敏満

    横綱土俵入りについては、脇が空いて前屈みの姿勢でせり上がるなどの批判もあったが、徐々に落ち着いた土俵入りとなり、テンポの早い北の湖とは好対照であった。後年になって輪島以降、下段の構えで掌が真下を向く傾向が顕著になったとやくみつるが考察している。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ノ富士茂

    玉ノ富士茂から見た北の湖敏満北の湖敏満

    貴ノ花に対しては強く12勝11敗と勝ち越している。昭和53年1月場所から7月場所にかけては4連勝もした。同じ大関の旭國には6勝11敗で、昭和52年11月場所まで1勝8敗(1勝は不戦勝で、実質の勝利は無し)と全く勝てなかったが、上位に定着し出した昭和53年1月場所から昭和54年9月場所まで5勝3敗と勝ち越している。大関には互角以上に渡り合ったが横綱には分が悪く特に北の湖には初顔から19連敗、4年近く勝てなかったが昭和54年9月場所でようやく初勝利を挙げた。最終的な対戦成績は2勝23敗。停年直前の時期の記事では対北の湖戦での初勝利を思い出の一番として挙げている。また2代若乃花にも分が悪く、最終的な対戦成績は3勝23敗で、横綱昇進後の若乃花には1度も勝つことが出来なかった。玉ノ富士茂 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛正裕

    金剛正裕から見た北の湖敏満北の湖敏満

    十両では1970年に連続優勝を達成して同年9月場所で新入幕を果たすと、憧れだった大鵬幸喜の横綱土俵入りでは露払いを務めた。大鵬幸喜が引退した後の1972年1月場所では幕内で唯一の7連勝を記録するなど定着し、同年7月場所では小結に昇進した。1974年9月場所では、この場所が新横綱だった北の湖敏満に初の黒星を付けるなど上位力士を相手に活躍していたが、勝ち越しと負け越しの繰り返して三役の定着は果たせなかった。金剛正裕 フレッシュアイペディアより)

  • 若嶋津六夫

    若嶋津六夫から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1981年(昭和56年)11月場所で西前頭4枚目で横綱北の湖から初金星を獲得、翌年1月場所でも西前頭2枚目で北の湖から2場所連続で金星を獲得するなど12勝3敗の成績を挙げ技能賞を受賞。3月場所では小結を飛び越えて西関脇昇進。同7月に一度小結に落ちたが10勝を挙げ関脇に復帰、同9月場所と11月場所で2場所連続で12勝3敗の好成績をあげ、大関昇進の目安となる直近3場所合計34勝として1983年(昭和58年)1月場所で大関に昇進。若嶋津六夫 フレッシュアイペディアより)

  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大関になってからも膵臓炎の影響で満足な成績を出せる場所は多くはなかったが昭和52年(1977年)9月は誰もが驚く絶好調、連戦連勝で横綱・北の湖と優勝争いの先頭を併走、直接対決には敗れ優勝はできなかった(北の湖は全勝優勝)が、堂々の14勝1敗。しかし綱獲りとなる11月は8勝7敗に終わり横綱昇進は果たせなかった。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着して何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながらなかなか壁を越えられなかったが、その中で三段目時代から6年間付き合っていた一般女性と1974年(昭和49年)9月場所前に結婚したことでそれまで問題だった精神面が次第に充実していった。同年11月場所には西張出小結で12勝3敗、輪島の援護射撃もあって相星で並んだ、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝北の湖とのその1番は詳しく説明すると、硬くなった北の湖が立合いから突っ張ったものの少しも足が前に出ず、次いで差した左を魁傑に右からおっつけられるとまともに引いてしまい、魁傑はこの機に乗じて激しく突っ張り、一気に突き出した、という流れであった。優勝パレードのオープンカーでは、「横綱が旗手になる前例はない。」という親方主の反対を押し切って輪島が務め、我が事のように嬉しそうに優勝旗を支えた。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2009年頃からは満足な稽古もままならない状態からぶっつけ本番での本場所の連続となり、千代大海と共に角番を繰り返す状況を見かねた横審が「累積5回の角番で降格や引退勧告」なる具体案まで出すほどの風当たりの厳しさとなってきた。 1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録(ハチナナグランドスラム)を成し遂げ、「ハチナナ大関」を流行語とした。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 吊り出し

    吊り出しから見た北の湖敏満北の湖敏満

    昭和40年代には吊りの技術が高められ、明武谷(414勝中129番)、大麒麟(473勝中128番)、玉の海(469勝中102番)、貴ノ花(578勝中93番)、陸奥嵐(375勝中89番)、若浪(351勝中81番)等、多くの名手が輩出した。吊り上げ方は様々に分かれ、高い身長と腕力を活かして高々と持ち上げる(明武谷、對馬洋、貴ノ浪、旭天鵬)、筋肉質の軽量力士が背筋力や腕力を活かして豪快に持ち上げる(若浪、陸奥嵐、千代の富士、霧島)、アンコ型を活かして腹に乗せる(玉錦、大麒麟、北の湖、水戸泉)等がある。また、玉の海は寄りながら腰のばねを活かしてサッと吊り上げるので、外掛けで防ぐ暇がほとんどなく、非常に高度な技術を要するものであった。吊り出し フレッシュアイペディアより)

  • 旭富士正也

    旭富士正也から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1984年7月場所で第55代横綱・北の湖を破り初金星。同年11月場所では幕内では初の2ケタ勝ち星の11勝4敗を挙げ初の三賞となる敢闘賞を受賞。1986年(昭和61年)1月場所には新関脇で、それ迄一度も勝てなかった千代の富士にやっと初勝利するなど、11勝4敗の好成績を挙げ初の殊勲賞を受賞。この年以降2度平幕に落ちた以外は三役に定着。2度目の関脇復帰となった1987年(昭和62年)3月場所で10勝5敗を挙げると以後、10勝5敗、11勝4敗、12勝3敗と安定した成績を収め、同年9月場所後に待望の大関昇進を決めた(直近3場所合計33勝12敗)。幕内から三役時代には技を活かして勝つ相撲が多く、技能賞を5回も受賞している。旭富士正也 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    地方巡業は、各地の興行の希望者(「勧進元」)が協会に巡業開催の契約金を支払い、興行権を譲り受ける形で長年行われてきた(売り興行)。しかし1995年の巡業改革により、当時の境川理事長の下で勧進元主催から協会の自主興行に変更された。ところが地方巡業は1992年の年間94日間をピークに減少を続け、ついに2005年には1958年以降最小の15日間までに落ち込んだ。そのため、北の湖理事長の下で再び勧進元形態に戻すことになった。2006年に再開された海外巡業についても、地方巡業の増加対策と並ぶ巡業改革の一環となっている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

245件中 31 - 40件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード