245件中 41 - 50件表示
  • 横綱

    横綱から見た北の湖敏満北の湖敏満

    特に若乃花勝の場合、相撲協会内には「もう1場所様子をみるべき」という意見が有った程である。それでも「若乃花は2場所連続優勝しており、内規をクリアーしている。」という理由により、貴乃花光司の2場所連続全勝優勝という完璧な成績での横綱審議で10分掛かったにも拘わらず、横審では僅か7分で若乃花の横綱昇進を全会一致で決めた。しかし横綱昇進後の若乃花は優勝を1度も果たせず、さらに横綱皆勤負け越しなどの不名誉な記録を残したまま、横綱在位は11場所(内皆勤は5場所)で早々引退してしまった。その後、理事長職を務めた北の湖(第55代・一代年寄)が在任中に「優勝の成績は13勝以上」とよく注文を付けていた事も、結果的に若乃花の甘かった横綱昇進の例と関係が有るのではないか?との声がある。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀竜昇司

    多賀竜昇司から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2場所後、両国国技館のこけら落としとなった1985年1月場所では、2日目に横綱・北の湖を押し出しで破って生涯唯一となる金星を挙げた。北の湖は翌3日目の取組前に引退を表明し、彼の現役最後の対戦相手としても名を残した。多賀竜昇司 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖

    北の湖から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖 フレッシュアイペディアより)

  • 北乃湖

    北乃湖から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北乃湖 フレッシュアイペディアより)

  • 張出

    張出から見た北の湖敏満北の湖敏満

    正大関が0人又は1人のみの場合、横綱の地位の力士が「横綱大関」として大関の地位も兼ねることとなる1が、この時「横綱大関」となるのは正横綱である。例えば、大関力士が不在だった1981年(昭和56年)9月場所では、東横綱大関北の湖、西横綱大関千代の富士、東張出横綱若乃花という番付だった。正横綱が大関の地位を兼ねるのに、下位であるはずの張出横綱がそうではないのはおかしいのではないかという声もしばしばあがり、「横綱大関」経験者の中にも腑に落ちなかったという言葉が残る。また、1955年(昭和30年)1月と3月には、4横綱1大関という時期があり、その時の順位は、東正横綱、西正横綱(「横綱大関」ではなかった)、西横綱2番手(張出ではなく正規の欄内に書かれた)、東張出横綱という順位だった。張出 フレッシュアイペディアより)

  • 小畑敏満

    小畑敏満から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小畑敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の相撲

    1985年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    一月場所に北の湖敏満が引退。隆の里はケガ等による休場が相次ぎ、横綱は千代の富士貢の一人横綱状態が続いた。1985年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の相撲

    1977年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(15戦全勝,8回目)1977年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の相撲

    1976年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,5回目)1976年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年5月場所

    大相撲平成24年5月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    琴欧洲が千秋楽に休場したことで優勝争いに大きく水を差される結果となったこの場所だが、琴欧洲の休場表明が14日目打ち出し後ならば「割返し」を行ってこの事態を回避することができたかもしれないと八角広報部長が発言するなど、琴欧洲の対応には各方面から批判の声が上がり、栃煌山が不戦勝の勝ち名乗りを受ける際には琴欧洲に対するブーイングが発生した。また、北の湖理事長はこの件について、協会ご挨拶の場で謝罪する羽目になった。なお、琴欧洲が休場する原因となったのは14日目の旭天鵬戦の際の負傷であったため、皮肉にも3敗旭天鵬が同じく3敗栃煌山の優勝決定戦進出をアシストする結果となった。大相撲平成24年5月場所 フレッシュアイペディアより)

245件中 41 - 50件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード