199件中 51 - 60件表示
  • 大位山勝蔵

    大位山勝蔵から見た北の湖敏満北の湖敏満

    地元・山崎町の中学校を卒業後、三保ヶ関親方(元大関・増位山)の関係者の紹介で三保ヶ関部屋に入門し、1960年5月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、部屋の名と本名の松本に因んだ「三保ノ松」。横綱・北の湖、大関・増位山(2代目)の兄弟子に当たる。大位山勝蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (35代)

    木村庄之助 (35代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    木村順一を名乗っていた70年代前半(北・玉時代)より幕内取組の場内アナウンスを担当していたが、行司のかけ声の時とは違い、幕内土俵入りの力士紹介で「◯◯県出身、△△部屋」など滑舌が良く、明瞭で良く通る声が印象に残る。第52代横綱北の富士が復活の優勝を全勝で遂げた1972年9月場所千秋楽の幕内後半取組から表彰式までの場内アナウンスを担当(場内アナウンスとしては、輪・時代を一番長く担当)した。木村庄之助 (35代) フレッシュアイペディアより)

  • 大竜川一男

    大竜川一男から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小学生のときから相撲に親しんでいた。1961年1月場所に初土俵を踏んだ。突っ張ってからの右四つに加え、土俵際の粘りや、突き落としや足技(時折、立ち会い一瞬の蹴手繰り)も見せるなど多彩な技の持ち主として知られた。1966年9月場所に新十両、1968年9月場所には新入幕を果たした。幕内では敢闘賞を2回受賞しているが、少し半端相撲の取り口で上位ではなかなか勝てなかった。部屋の後輩である増位山、北の湖らとともに三保ヶ関部屋全盛時代を築いた一人として名を残した。引退後は年寄・清見潟として後進の指導にあたった。1991年には長男が入門したが大成しなかった。同部屋の闘竜は中学の後輩にあたる。大竜川一男 フレッシュアイペディアより)

  • 力士会

    力士会から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2008年9月2日の力士会の際、抜き打ちの尿検査が実施され露鵬・白露山のロシア出身の兄弟力士に大麻吸引の陽性反応が出た。このことにより両力士は解雇され、北の湖理事長(当時、のちに再任)が引責辞任した。力士会 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川信行

    柳川信行から見た北の湖敏満北の湖敏満

    全盛時は体重が170キロ台前半で、部屋の大先輩である横綱北の湖とほぼ同じ体型であった。柳川信行 フレッシュアイペディアより)

  • 小沼克行

    小沼克行から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小沼 克行(こぬま かつゆき、1955年8月14日 - )は、埼玉県春日部市出身の元大相撲力士。本名同じ。鏡山部屋所属。身長181cm、体重130kg。得意技は左四つ、寄り。自己最高位は前頭9枚目。通称・北の湖二世。小沼克行 フレッシュアイペディアより)

  • 吉王山修

    吉王山修から見た北の湖敏満北の湖敏満

    同部屋の横綱・北の湖の土俵入りで、露払いを務めた事もある(1974年9月場所)。1973年以降は幕内中位から十両で頑張ったが、糖尿病に罹った事もあり振るわなかった。そして、西十両12枚目の地位で大敗し入幕後2度目の幕下陥落が確定した1976年1月場所を最後に、26歳という若さで引退した。吉王山修 フレッシュアイペディアより)

  • 天ノ山静雄

    天ノ山静雄から見た北の湖敏満北の湖敏満

    引退時、思い出に残る一番として、横綱・北の湖(現・北の湖親方)と初めて対戦し敗れた取組を挙げた。なお、北の湖との幕内での対戦成績は9戦全敗であった。また調子が出ず負けが込んでいた場所、支度部屋で北の湖から「どうしたんだ、元気がないじゃないか」と直接声を掛けられたことがあった。その際、「横綱が一平幕力士に過ぎない自身の相撲にまで目を配り、気遣ってくれていたことを知り大変感激した」と述べている。天ノ山静雄 フレッシュアイペディアより)

  • 稽古

    稽古から見た北の湖敏満北の湖敏満

    通常は最後に行なわれる稽古。受け側が土俵中央付近で構え相手はそこに向かって当たって突進する。受け側は俵に足が掛かるところで押し返し相手が押し切れないと突き落とし等で転がすのが一般的だが稀に受け側が突進することもあるという。土俵際での詰めを磨く稽古。受け側があまり簡単に土俵を割ったり押す側がいつまでも押し切れずに転がされてばかりだと充分な稽古になりにくい。多くの場合上位力士が受け側に立つが、横綱大関の場合、特定の力士がぶつかりの相手をつとめることが多い(北の富士勝昭に対する高見山大五郎、北の湖敏満に対する金城興福など)。また相撲部屋によっては親方がまわしを締めて受け側を務めることもある(若ノ花に対する花籠親方、元大ノ海等)。稽古 フレッシュアイペディアより)

  • 張出

    張出から見た北の湖敏満北の湖敏満

    正大関が0人又は1人のみの場合、横綱の地位の力士が「横綱大関」として大関の地位も兼ねることとなるが、この時「横綱大関」となるのは正横綱である。例えば、大関力士が不在だった1981年(昭和56年)9月場所では、東横綱大関北の湖、西横綱大関千代の富士、東張出横綱若乃花という番付だった。正横綱が大関の地位を兼ねるのに、下位であるはずの張出横綱がそうではないのはおかしいのではないかという声もしばしばあがり、「横綱大関」経験者の中にも腑に落ちなかったという言葉が残る。また、1955年(昭和30年)1月と3月には、4横綱1大関という時期があり、その時の順位は、東正横綱、西正横綱(「横綱大関」ではなかった)、西横綱2番手(張出ではなく正規の欄内に書かれた)、東張出横綱という順位だった。張出 フレッシュアイペディアより)

199件中 51 - 60件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード