245件中 51 - 60件表示
  • 澤村田之助 (6代目)

    澤村田之助 (6代目)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    長じてからも本業の歌舞伎の舞台の合間に国技館へ通うなど好角家としても知られるようになり、2003年に日本相撲協会からの委嘱を受けて横綱審議委員会委員に就任。横審委員として相撲への愛情から角界に対して数々の提言・苦言を呈するなどしている。在任中は度々北の湖理事長に対して本場所を年4回に減らして力士の負担を軽減するように提案していた。朝青龍が不祥事の責任を取って引退した際には引退直後にハワイを訪れ、その後のモンゴルでの会見で相撲協会への不満を表明したことに「実に傍若無人でとても不愉快に感じた。お客さんもそう思ったから、大阪場所も彼がいなくてもにぎわったんじゃないですか」と不満を爆発させ、引退相撲が計画されていることについて「横審が協会に中止を要請することはないですが、私は反対です」と話した。澤村田之助 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 太晨光真

    太晨光真から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大産大附属高を中退し、横綱・北の湖の内弟子として三保ヶ関部屋に入門、1984年(昭和59年)3月場所に本名の村井の四股名で初土俵を踏んだ。1985年(昭和60年)1月、北の湖が現役引退して三保ヶ関部屋から分家独立して北の湖部屋を創設するにあたって、北の湖部屋に移籍した。太晨光真 フレッシュアイペディアより)

  • 蜂矢敏行

    蜂矢敏行から見た北の湖敏満北の湖敏満

    春日野部屋が出羽海一門という事から、同じ一門で力士の人数が少なかった三保ヶ関部屋で横綱・北の湖の付け人を長く務め、“北の湖の参謀”と呼ばれた。その縁から、引退後は北の湖親方から年寄名跡の「小野川」を借り、春日野部屋から北の湖部屋へと移籍して後進の指導に当たった。蜂矢敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 吉王山修

    吉王山修から見た北の湖敏満北の湖敏満

    同部屋の横綱・北の湖の土俵入りで、露払いを務めた事もある(1974年9月場所)。1973年以降は幕内中位から十両で頑張ったが、糖尿病に罹った事もあり振るわなかった。そして、西十両12枚目の地位で3勝12敗と大敗し幕下陥落が確定した1976年1月場所を最後に、26歳という若さで引退した。吉王山修 フレッシュアイペディアより)

  • 錦洋幸治

    錦洋幸治から見た北の湖敏満北の湖敏満

    川崎の名で取っていた時期は十両に低迷していたが、大峩に改名した後は再び幕内上位へと進出。1975年7月場所では、3日目に北の湖から5年ぶりの金星を獲得し、復活を印象付けた。しかし間もなく、膝の故障や肝臓の病気などの影響で下位に逆戻りし、最後は幕下50枚目まで番付を落として1977年5月場所後に廃業した。廃業時の年齢は、27歳であった。錦洋幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 小野川部屋

    小野川部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    こうして、錦華山の小野川親方が部屋を再興し、関脇信夫山治貞、海乃山勇、小結成山明を育てた。技能派力士が多かったのが特徴で、栃若時代の名わき役の部屋であった。1965年からの部屋別総当たり制導入を前に、部屋を閉じ、海乃山をはじめ全員が出羽海部屋に移籍、小野川部屋の看板は閉じられた。海乃山が引退後小野川を襲名したが、まもなく廃業、名跡は、同じく大阪相撲を祖とする三保ヶ関部屋所属の大関増位山太志郎が所有し、その後、横綱北の湖敏満と名跡を交換し、小野川の名跡は北の湖の所有となったが、一代年寄となったために、北の湖部屋の幕内力士だった巌雄謙治がその後しばらく襲名していた。巌雄の山響取得後は、再び北の湖の所有となり(借株として株を持たない親方が襲名しており、2016年2月現在は現役時代阿武松部屋所属だった大道健二が名乗っている)、その点で大阪の系統を伝えるかたちとなった。北の湖逝去後の現在は、遺族が名跡を保管している。小野川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 駄目押し

    駄目押しから見た北の湖敏満北の湖敏満

    当初北の湖理事長は「朝青龍の突きは流れで有り、駄目押しでない。怒った白鵬が悪い」との理由で白鵬の師匠・宮城野親方のみに注意。しかし横綱審議委員会は「その直後に、横綱同士が土俵上で睨み合うのは喧嘩両成敗だ。白鵬だけが悪いとの考えはおかしい」と進言。後日日本相撲協会からはこの行為に対して、朝青龍と白鵬の横綱二人にそれぞれ厳重注意処分となった。駄目押し フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の時期は時津風勝男が日本相撲協会の理事長であり、2002年(平成14年)から2008年(平成20年)の時期は北の湖敏満が理事長で北の湖部屋力士の不祥事の責任で辞任して、2008年(平成20年)から2010年(平成22年)の時期は武蔵川晃行が理事長となった。2003年(平成15年)に、大相撲では貴乃花引退で日本人横綱が不在になる。代わって、朝青龍時代が始まる。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 花のニッパチ組

    花のニッパチ組から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満(第55代横綱、元一代年寄・北の湖)花のニッパチ組 フレッシュアイペディアより)

  • 1953年のスポーツ

    1953年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    5月16日 - 北の湖敏満(北海道、相撲)1953年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

245件中 51 - 60件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード