199件中 61 - 70件表示
  • 錦洋幸治

    錦洋幸治から見た北の湖敏満北の湖敏満

    川崎の名で取っていた時期は十両に低迷していたが、大峩に改名した後は再び幕内上位へと進出。1975年7月場所では、3日目に北の湖から5年ぶりの金星を獲得し、復活を印象付けた。しかし間もなく、膝の故障や肝臓の病気などの影響で下位に逆戻りし、最後は幕下50枚目まで番付を落として1977年5月場所後に廃業した。廃業時の年齢は、27歳であった。錦洋幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の相撲

    1976年の相撲から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,5回目)1976年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 金親和行

    金親和行から見た北の湖敏満北の湖敏満

    中学時代はバスケットボール部に所属していた。身体が大きかったため多くの相撲部屋からの勧誘があったが一度は入門を断り、横浜商大高校に進学した。しかし1ヵ月ほどで高校を中退し、引退したばかりの北の湖親方(元横綱・北の湖)の内弟子として三保ヶ関部屋に入門して、1985年9月場所に初土俵を踏んだ。金親和行 フレッシュアイペディアより)

  • 三杉磯拓也

    三杉磯拓也から見た北の湖敏満北の湖敏満

    当時は蔵間や出羽の花と並ぶ美男幕内力士として人気があり、西前頭3枚目の地位で迎えた1979年(昭和54年)9月場所では、北の湖と三重ノ海から2日連続で金星を獲得している(ただし、金星はその2個のみで終わってしまった)。三杉磯拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (36代)

    木村庄之助 (36代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2012年5月場所7日目結びの一番、横綱白鵬?前頭3枚目豊響戦で白鵬が西土俵際寄って出るところ、豊響が捨て身の小手投げを打ち両者土俵下へ。庄之助は白鵬に軍配を挙げたが、物言いがつき協議の結果差し違いとなり、庄之助として初の“黒星”となった。取組後、北の湖理事長に口頭で進退伺いを提出、慰留された。木村庄之助 (36代) フレッシュアイペディアより)

  • 三保ヶ関部屋

    三保ヶ関部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    その後、8代三保ヶ関の直弟子であった出羽海部屋所属の大関・増位山が1950年(昭和25年)1月場所で現役を引退して年寄・三保ヶ関を襲名すると同時に、三保ヶ関部屋時代からの弟弟子である増巳山を連れて中央区新富に三保ヶ関部屋を再興した。しばらくは増巳山しか関取のいない状態であったが、1960年代に大竜川が十両に昇進してからは部屋が活気付き、横綱・北の湖を始めとして、9代三保ヶ関の長男である大関・増位山や大関・北天佑などといった多くの関取を擁する大部屋へと成長した。三保ヶ関部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年1月場所

    大相撲平成22年1月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    ところが、把瑠都は10日目、11日目と連敗したため大きく後退。先頭には結局両横綱が残る形となったが、白鵬までもが12日目の日馬富士戦、13日目の魁皇戦と大関陣にまさかの連敗を喫し、そのまま1敗を守っていた朝青龍との差が開いてしまう。12日目に単独トップに立った朝青龍は終盤の大関戦も勝ち続け、14日目に日馬富士を下手投げで下した時点で2場所ぶり25回目の幕内最高優勝が決定した。優勝25回は横綱北の湖を超え歴代3位。朝青龍はこの優勝からわずか11日後に引退を表明(後述)したため、これが最後の優勝となった。大相撲平成22年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 合口

    合口から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満(横綱) 29-0 金城興福(関脇) 現在の最多記録。合口 フレッシュアイペディアより)

  • 公傷制度

    公傷制度から見た北の湖敏満北の湖敏満

    この理由もあり、当時理事長職を務めていた北の湖(後に復帰)の「鶴の一声」によって、平成15年11月場所を最後に、公傷制度を廃止することが決定した。幕内で公傷が初適用された力士は昭和48年5月場所の丸山、最後に適用された力士は琴ノ若(現佐渡ヶ嶽)。公傷廃止後、制度不適用の第1号となった力士は平成16年1月場所で当時十両の若天狼である。公傷制度 フレッシュアイペディアより)

  • 昇進伝達式

    昇進伝達式から見た北の湖敏満北の湖敏満

    ただし、平成18年(2006年)3月場所後の大関昇進伝達式と、及び平成19年(2007年)5月場所後の横綱昇進伝達式での白鵬翔の場合、当時の師匠だった宮城野親方(元十両金親和行)夫妻が同席していた。だが白鵬が大相撲入門時から育ての親であった、当時部屋付きの熊ヶ谷親方(元前頭竹葉山真邦)の伝達式出席は共に認められず、別席から眺める形式となった。しかし当時の北の湖敏満理事長は、白鵬の横綱昇進時に横綱審議委員の内館牧子から「白鵬の師匠は誰ですか?」の質問に「熊ヶ谷です。今迄そうしてきたし、今後も熊ヶ谷が指導すべき」と返答していた(なお平成22年(2010年)11月場所後、諸事情により熊ヶ谷と宮城野との名跡を交換したため、現在は宮城野親方(元竹葉山)が横綱白鵬の正式な師匠となっている)。昇進伝達式 フレッシュアイペディアより)

199件中 61 - 70件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード