245件中 61 - 70件表示
  • 武田頼政

    武田頼政から見た北の湖北の湖敏満

    2009年(平成21年)3月5日、「北の湖理事長がナメられる『八百長相撲』の過去」に対して北の湖前理事長と協会が原告となった裁判の判決で、東京地裁は「ほとんど裏付け取材をしていない。記事が真実だと信じる相当の理由はない」として、講談社側に1540万円の賠償と記事取消の広告掲載を命じた。被告側は控訴した。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • 潮丸元康

    潮丸元康から見た北の湖敏満北の湖敏満

    師匠である東関親方の定年退職を目前に控えた2009年5月場所を6勝9敗の成績で終えた後、同場所の千秋楽である同年5月24日に引退を表明し、北の湖が所有する名跡を借りて年寄・小野川を襲名した。同年6月16日に東関親方が定年退職したことに伴い、年寄・東関に名跡変更し、師匠である12代東関と同じ「東関大五郎」の年寄名を名乗り、13代東関を襲名して東関部屋を継承した。潮丸元康 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲力士大麻問題

    大相撲力士大麻問題から見た北の湖敏満北の湖敏満

    当時の日本相撲協会理事長だった北の湖敏満は、逮捕当日に緊急で記者会見を開き謝罪文を読み上げた。若ノ鵬は犯行当時未成年であったが、一部のメディアでは実名で報道していた。そして、8月21日の緊急理事会で、若ノ鵬を解雇した。現役力士に対して解雇の処分が下されるのは初めてであった。若ノ鵬の師匠の間垣親方は理事職を辞任した。大相撲力士大麻問題 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (28代)

    木村庄之助 (28代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1947年式守松男時代より場内アナウンスを担当。1949年5月に師匠の22代庄之助の前名である林之助(式守林之助)を名乗る。1951年9月2代木村林之助襲名。1954年3月十両格に昇格。1961年11月に幕内格に昇格。1962年1月に養父が名乗っていた式守錦太夫(8代)を襲名。1972年に開始された行司抜擢制度の恩恵を受け、1974年1月に先輩行司を飛び越して三役格に昇格。場内アナウンスは三役格まで担当し、三役格に昇格した1974年1月場所関脇北の湖初優勝の表彰式を担当した。1984年5月には、序列上位の2代式守伊三郎を追い抜き立行司に昇格し25代式守伊之助を襲名。昭和生まれとしては初の立行司である。伊之助を40場所務めた後1991年1月に28代木村庄之助襲名。庄之助としては18場所務め、1993年11月場所後停年。最後の取組は同場所優勝決定戦での横綱曙?関脇武蔵丸(現武蔵川)。停年後は当時の出羽海理事長からの依頼で嘱託としてしばらくは日本相撲協会に残り、事務処理や後進の指導をしていた。伊之助在位40場所は、停年制実施後伊之助在位数としては24代伊之助の39場所を1場所上回る第1位であり、立行司在位数58場所は、27代庄之助(97場所)、26代庄之助(62場所)に次いで第3位である。木村庄之助 (28代) フレッシュアイペディアより)

  • よう司大

    よう司大から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小野川 大司(おのがわ -)2009年7月23日-2010年3月9日(北の湖から借用)よう司大 フレッシュアイペディアより)

  • 成恩寺

    成恩寺から見た北の湖敏満北の湖敏満

    毎年3月に開催される大相撲三月場所の際には、大坂相撲の系統を引く三保ヶ関部屋出身であった第55代横綱北の湖敏満が墓を守るという意思を表すべく、自らが師匠を務めた北の湖部屋の宿舎を本寺に構え、北の湖自身も大阪場所以外で来阪した際には度々墓参りに訪れていたという。その北の湖は2015年11月20日に他界したが、北の湖部屋を引き継いだ20代山響(元前頭巌雄)が師匠を務める山響部屋が引き続いて本寺を大阪場所での宿舎として使用している。成恩寺 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2015年11月

    訃報 2015年11月から見た北の湖敏満北の湖敏満

    11月20日 - 北の湖敏満、日本の大相撲力士、第55代横綱、日本相撲協会理事長(* 1953年)訃報 2015年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道233号伊達洞爺線

    北海道道233号伊達洞爺線から見た北の湖敏満北の湖敏満

    横綱北の湖記念館=壮瞥町字滝之町北海道道233号伊達洞爺線 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓投げ

    櫓投げから見た北の湖敏満北の湖敏満

    また、2008年5月場所に、安馬(のちの日馬富士)と若ノ鵬の取組で安馬が若ノ鵬をうっちゃりで投げ飛ばし勝った際に、北の湖理事長(当時)や初代若乃花、北の富士らが「櫓投げ」と述べたことがあった。櫓投げ フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢武

    藤沢武から見た北の湖敏満北の湖敏満

    現役時代は九州・四国・中国・近畿・中部・関東・東北と北海道以外全ての地域で勤務。長らくスポーツ実況を担当し、特に『大相撲中継』では輪島・貴ノ花(初代)、北の湖、千代の富士、若貴フィーバーの時代、千代大海登場の1999年初場所まで23年間務めた。藤沢武 フレッシュアイペディアより)

245件中 61 - 70件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード