245件中 71 - 80件表示
  • 白露山佑太

    白露山佑太から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2002年5月場所に初土俵を踏む。2004年9月場所に新十両、2005年7月場所に新入幕を果たすなど、順調に番付を上げる。同年11月場所では兄の露鵬とともに10勝5敗で二桁勝利を挙げた。2006年3月場所から同年5月場所にかけては、自身初となる2場所連続勝ち越しを達成した。2006年6月23日、師匠の二十山親方(大関・北天佑)が死去したため、親方の兄弟子である北の湖理事長(当時)の北の湖部屋に移籍した。白露山佑太 フレッシュアイペディアより)

  • 北瀬海弘光

    北瀬海弘光から見た北の湖北の湖敏満

    キテレツ大百科 - 海に連れてってくれるというキテレツにコロ助が信用せず、「どうせ海は海でも北の湖か北瀬海ナリ」と発言するシーンがある。北瀬海弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山邦博

    杉山邦博から見た北の湖敏満北の湖敏満

    当初、北の湖理事長は、テレビのワイドショーなどで朝青龍問題について、日本相撲協会に批判的なコメンテーターの意見に対し「杉山さんが同調するようにうなずいた」ことを協会批判と捉え、取材証没収の理由の一つに挙げていたが、9月12日に杉山も含めた関係者による直接の話し合いの中で、協会側はこの件の論争を避けるような態度を取ったとされ、後の記者会見でも北の湖理事長は言及を避けた。東京相撲記者クラブには「協会への批判等は真摯に受け止める」と回答を寄せている。そして、取材証を没収のもう一つの理由に挙げていた、杉山のテレビ出演時の肩書である「相撲評論家」や「ジャーナリスト」を問題としたが、杉山が、肩書きについてテレビ局任せで配慮が無かったことを詫びたことで、取材証が杉山に返却された。杉山邦博 フレッシュアイペディアより)

  • 琴稲妻佳弘

    琴稲妻佳弘から見た北の湖敏満北の湖敏満

    歴代の幕内昇進力士の中で、取的時代に2度7戦全敗を経験したことがある数少ない力士である。横綱・北の湖も序二段時代に全勝を記録し三段目に上がった翌場所は全敗を記録しているが、琴稲妻も下記の成績のように三段目で全勝を記録して幕下に上がった場所は全敗を記録している。琴稲妻佳弘 フレッシュアイペディアより)

  • 小沼克行

    小沼克行から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小沼 克行(こぬま かつゆき、四股名は本名と同じ、1955年(昭和30年)8月14日- )は、埼玉県春日部市大字粕壁出身で、鏡山部屋に所属した大相撲力士である。身長180cm、体重134kg。得意手は左四つ、寄り。自己最高位は東前頭9枚目(1976年(昭和51年)5月場所)。通称・北の湖二世。小沼克行 フレッシュアイペディアより)

  • 三保ヶ関部屋

    三保ヶ関部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    その後、8代三保ヶ関の直弟子であった出羽海部屋所属の大関・増位山が1950年(昭和25年)1月場所で現役を引退して年寄・9代三保ヶ関を襲名すると同時に、三保ヶ関部屋時代からの弟弟子である増巳山を連れて東京都中央区新富に三保ヶ関部屋を再興した。しばらくは増巳山しか関取のいない状態であったが、1960年代に大竜川が十両に昇進してからは部屋が活気付き、横綱・北の湖を始めとして、9代三保ヶ関の長男である大関・増位山や大関・北天佑などといった多くの関取を擁する大部屋へと成長した。三保ヶ関部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (27代)

    木村庄之助 (27代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    48歳での23代伊之助昇進、及び51歳での27代庄之助昇進は現在でも史上最年少の記録である。彼の庄之助昇格の際、史上最年少で横綱に昇進していた北の湖敏満にたとえられ、「行司界の北の湖」と当時のマスコミは表現した。また北の湖の最初の奉納土俵入り(1975年1月場所前)を務めた行司も当時、23代伊之助に昇進したばかりの庄之助であった。木村庄之助 (27代) フレッシュアイペディアより)

  • 出羽ノ花國市

    出羽ノ花國市から見た北の湖敏満北の湖敏満

    この時期の日本相撲協会は土俵の内外で大きな動きが相次ぎ、本場所では大鵬幸喜の現役引退、玉の海正洋の横綱昇進と急逝を経て、元弟子・北の富士勝昭、琴櫻傑將の横綱昇進、そして輪島大士・北の湖敏満の台頭を導いたほか、1972年には外国(ハワイ州出身)力士である高見山大五郎が幕内最高優勝を果たした。海外公演も、1973年には前年の国交回復を受けて中華人民共和国公演(北京市と上海市)を実現させ、大相撲の国際化を推進した。このような矢継ぎ早の行動による大相撲の活性化が、後の両国国技館建設につながる大相撲人気の隆盛の礎となる。出羽ノ花國市 フレッシュアイペディアより)

  • 大錦一徹

    大錦一徹から見た北の湖敏満北の湖敏満

    翌11月場所では自己最高位となる東小結に昇進したが、壁にぶつかり、星が伸びなかった(結局三役経験は、これが最初で最後)。この当時、北の湖・若三杉・麒麟児・金城と、同じ昭和28(1953)年生まれ(麒麟児、金城は早生まれのため学年は違う)の幕内力士が揃ったので、彼ら4人とともに「花のニッパチ組」と呼ばれた。大錦一徹 フレッシュアイペディアより)

  • 壮瞥町

    壮瞥町から見た北の湖敏満北の湖敏満

    北の湖敏満(大相撲元横綱、日本相撲協会理事長)壮瞥町 フレッシュアイペディアより)

245件中 71 - 80件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード