199件中 71 - 80件表示
  • 大相撲平成24年5月場所

    大相撲平成24年5月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    琴欧洲が千秋楽に休場したことで優勝争いに大きく水を差される結果となったこの場所だが、琴欧洲の休場表明が14日目打ち出し後ならば「割返し」を行ってこの事態を回避することができたかもしれないと八角広報部長が発言するなど、琴欧洲の対応には各方面から批判の声が上がり、栃煌山が不戦勝の勝ち名乗りを受ける際には琴欧洲に対するブーイングが発生した。また、北の湖理事長はこの件について、協会ご挨拶の場で謝罪する羽目になった。なお、琴欧洲が休場する原因となったのは14日目の旭天鵬戦の際の負傷であったため、皮肉にも3敗旭天鵬が同じく3敗栃煌山の優勝決定戦進出をアシストする結果となった。大相撲平成24年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 騏ノ嵐和敏

    騏ノ嵐和敏から見た北の湖敏満北の湖敏満

    1977年3月場所初土俵。同部屋の同期生に恵那桜、佐賀昇がいて、3人とも幕内まで出世した。出世は3人の中で一番早く、右を差して一気の出足で寄り切る正攻法の相撲で1981年1月場所で新十両、押尾川親方(元大麒麟)が育てた弟子での関取第一号となった。1982年3月場所で20歳の若さで新入幕を果たし、1982年9月場所では横綱北の湖を堂々と破る金星を挙げる。騏ノ嵐和敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    日本相撲協会は、理事会で北の湖理事長を互選。同理事長は平成14年の就任以来3期目となる。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝 : 北の湖敏満(13勝2敗,18回目)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白露山佑太

    白露山佑太から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2002年5月場所に初土俵を踏む。2004年9月場所に新十両、2005年7月場所に新入幕を果たすなど、順調に番付を上げる。同年11月場所では兄の露鵬とともに10勝5敗で二桁勝利を挙げた。2006年3月場所から同年5月場所にかけては、自身初となる2場所連続勝ち越しを達成した。2006年6月23日、師匠の二十山親方(大関・北天佑)が死去したため、親方の兄弟子である北の湖理事長(当時)の北の湖部屋に移籍した。白露山佑太 フレッシュアイペディアより)

  • 高田川部屋

    高田川部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    それまで高田川部屋は高砂一門に属していたが、1998年(平成10年)1月に行われた日本相撲協会理事選挙において、8代高田川は高砂一門内の候補者一本化に反対して立候補したために高砂一門を破門された。8代高田川はそれでも理事に2期連続して当選し、高田川部屋はどこの一門にも属さない無所属の部屋となった。当時の時津風理事長(元大関・豊山)が勇退すると8代高田川は理事の立候補を取り止め、北の湖親方の理事長当選に向けて影響力を持った。2004年5月には貴乃花部屋を事実上破門された17代藤島(元関脇・安芸乃島)を部屋付き年寄として受け入れ、同時に17代藤島は16代千田川を襲名した。高田川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝:北の湖敏満(15戦全勝,24回目)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 太田剛希

    太田剛希から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幼少期から相撲に親しみ、石井町立高川原小学校在学中には、100kgを超える体重を生かした付き押し相撲で他を圧倒し、4年次から3年連続でわんぱく横綱の座に輝いている。石井町立石井中学校進学後は2年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で個人優勝と団体3位、3年次は個人準優勝の座に輝くなど数々のタイトルに輝き、複数の大相撲関係者からスカウトされるようになる。中学卒業後は北の湖部屋(第55代横綱・北の湖)に入門した。太田剛希 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城野部屋

    宮城野部屋から見た北の湖敏満北の湖敏満

    2004年(平成16年)8月26日より、出羽海一門の北の湖部屋(横綱・北の湖)所属の十両・金親が、9代宮城野未亡人と養子縁組をした後に9代宮城野次女と結婚、同時に11代宮城野を襲名して宮城野部屋を継承した。一門を跨いだ相撲部屋の継承は五大一門制になった昭和中期以降初めてのことであり、継承に際しては様々な議論を巻き起こした。なお、10代宮城野は年寄・熊ヶ谷に名跡変更して、再び宮城野部屋の部屋付き親方となった。宮城野部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2の三四郎

    1・2の三四郎から見た北の湖敏満北の湖敏満

    天竜学園の教師で、三四郎の恩師。ラグビー部顧問だったが、『指導が危険』とPTAから指摘を受けて顧問を辞めさせられていた。その後は茶道部の顧問をしていたが、三四郎たちに頼まれもしないのに格闘部顧問となる。三四郎たちの卒業後はラグビー部顧問に復帰した。顔中傷だらけのため、あだ名は「ヌイメ」。傷跡は昔のヤクザ者との抗争の痕といわれ、高校教師としては凄絶な過去を持っている。常時サングラスを着用しているために普段は傷跡を意識させないが、サングラスを外して素顔を晒しただけで、決闘をしようとしていた三四郎、馬之助、虎吉、飛鳥を鎮めたエピソードがあるほどの迫力がある。三四郎の姉の幸子に惚れ込み、「○時間も待って、グーゼンしたんだからな!」という台詞どおりに偶然の出会いを重ね、大恋愛を繰り広げている。ふくらはぎが好きで、格闘部道場の自分専用スペース(工藤だけでなく、マネージャーの志乃も自分専用の部屋を道場に持っていた)にはピンク・レディー、石野真子、北の湖敏満といったさまざまな人物のふくらはぎの写真を貼り付けていた。意外と泣き虫で、「ヒ〜ン、ヒ〜ン」と泣く。1・2の三四郎 フレッシュアイペディアより)

199件中 71 - 80件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード