245件中 81 - 90件表示
  • 木村庄之助 (35代)

    木村庄之助 (35代)から見た北の湖敏満北の湖敏満

    順一を名乗っていた70年代前半(北・玉時代)より幕内取組の場内アナウンスを担当していたが、行司のかけ声の時とは違い、幕内土俵入りの力士紹介で「◯◯県出身、△△部屋」など滑舌が良く、明瞭でよく通る声が印象に残る。第52代横綱北の富士が復活の優勝を全勝で遂げた1972年9月場所千秋楽の幕内後半取組から表彰式までの場内アナウンスを担当(場内アナウンスとしては、輪・時代を一番長く担当)した。木村庄之助 (35代) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年3月場所

    大相撲平成28年3月場所から見た北の湖敏満北の湖敏満

    この場所2日目に横綱白鵬が横綱通算671勝目を挙げ、北の湖(670勝)の記録を抜いて史上単独1位となった。大相撲平成28年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 露鵬幸生

    露鵬幸生から見た北の湖北の湖敏満

    2006年7月15日、7月場所7日目の大関千代大海戦では、勝負が決着したにも拘わらず、土俵下で千代大海を睨み付けて口論になる。その後風呂場ドアのガラスを拳で割ったりするなどの行動に出たため、北の湖理事長(元横綱)と九重審判部副部長(元横綱千代の富士)から厳重注意を受けた。露鵬幸生 フレッシュアイペディアより)

  • 在日ロシア人

    在日ロシア人から見た北の湖敏満北の湖敏満

    大相撲でも、南樺太出身でウクライナ人の父(ボリシコ)を持つ元横綱、大鵬の下に弟子入りした露鵬(ロシア人幕内力士第一号)とその弟の白露山など北オセチア共和国の首都ウラジカフカス出身のロシア人力士の台頭が目立ったが、同兄弟と若ノ鵬の3人の関取は大相撲ロシア人力士大麻問題により解雇され、この際に白露山の師匠であった北の湖が日本相撲協会理事長を辞任する大事件となった。しかし、2010年9月場所では若ノ鵬の従弟である阿覧が関脇に昇進し、唯一のロシア国籍幕内力士として土俵に登っている。旧ソ連地域出身者としてはグルジアから2006年に小結に昇進した黒海や、その後輩の栃ノ心と臥牙丸が活躍している。また、エストニアから来日した把瑠都は2010年5月場所で大関に昇進した。在日ロシア人 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    11月26日 - 大相撲十一月場所、横綱・朝青龍が優勝を決め、史上初となる7連覇と年間6場所完全制覇を達成、さらに北の湖の持つ年間最多勝利記録を更新した。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    7月24日 - 北の湖敏満、21歳2ヶ月で最年少横綱に1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内最高優勝:北の湖敏満(15戦全勝,24回目)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高見山大五郎

    高見山大五郎から見た北の湖敏満北の湖敏満

    金星:12個(歴代2位。佐田の山1個、柏戸1個、北の富士1個、琴櫻1個、輪島7個、北の湖1個、安芸乃島に抜かれた)高見山大五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た北の湖敏満北の湖敏満

    小柄ながら正攻法の相撲で、突っ張りや押し、いなしと言った多彩な技で長く土俵を沸かせた。北の湖には1975年11月場所8日目に金星を獲得、また新小結だった1976年3月場所4日目にも勝利している。この大横綱をして、「あの人は僕とは相撲の見方が違う」と言わしめた力士だった。ただし輪島に対しては極端に成績が悪く、初顔から18度戦って終に、一度も勝てずに終わった。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

  • 大竜川一男

    大竜川一男から見た北の湖敏満北の湖敏満

    幕内では、敢闘賞を2回受賞しているが、少し半端相撲の取り口で上位ではなかなか勝てなかった。弟弟子である増位山(2代目)や北の湖らとともに、三保ヶ関部屋全盛時代を築いた力士として名を残している。大竜川一男 フレッシュアイペディアより)

245件中 81 - 90件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード