前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た大鵬幸喜

    北の湖が観衆から“憎らしい”“ふてぶてしい”などと言われるようになった主な理由は、倒した相手が起き上がる際、北の湖が相手に一切手を貸さず、相手に背を向けてさっさと勝ち名乗りを受けてしまう点が「傲慢」と見なされていたためであるという。しかし、この行動の理由について本人は「自分が負けた時に相手に手を貸されたら屈辱だと思うから、自分も相手に手を貸すことはしない」と明確に語っていた。このように、角界の関係者の間では誠実な力士として高く評価されていたものの、一般の観衆からは悪役のような扱いを受けることが多く、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、子供が嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。また、北の湖と同時代には絶大な人気を誇った美男力士(貴ノ花・千代の富士・蔵間など)が多く、そういった人気者を容赦なく倒す北の湖は必然的に敵役となる運命にあった。それでも逆に、真摯に土俵を務める北の湖の姿や圧倒的勝負強さに魅了される好角家も少なくなかった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た貴乃花光司

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖(わうみ・りんこ)時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回(柏鵬の37回を上回る)。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である(2位は朝青龍 - 白鵬の7回)。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立ち会いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た魁傑將晃

    2008年9月8日、弟子の白露山の関与も明らかとなった大相撲力士大麻問題が世間の耳目を集める中で開催された日本相撲協会の臨時理事会において、理事長を辞任して理事(大阪場所担当部長)に降格することを発表、後任理事長には武蔵川が選出された。2010年8月に後任の武蔵川が辞任した際の理事長選挙に再び立候補したものの、4票しか獲得できず、8票獲得した放駒に敗れた。2011年4月6日、大相撲八百長問題で弟子が関与したことを受けて、理事から役員待遇委員(大阪場所担当部長代理)に降格。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た三重ノ海剛司

    2006年2月より理事長3期目を迎え、協会の事業部長に二所ノ関一門の先輩理事を2期据えてきたが、3期目は同じ出羽海一門の武蔵川を事業部長にすることで「攻め」の姿勢も見せている。また、勧進元制に復しながらも実績不振に陥っている巡業を強化するため、2期目まで監事2名だった巡業部副部長を契約推進担当(高田川)を含めた3名にして巡業部スタッフを強化した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た渡海紀三朗

    2007年、時津風部屋で序ノ口力士が時津風や兄弟子から集団リンチを受けて死亡した時津風部屋力士暴行死事件が起きたことを受けて、文部科学省は日本相撲協会と北の湖に対し、事件の経緯や隠蔽工作の有無などについての説明を求めた。北の湖は9月29日に文部科学省を訪れて経緯を説明するとともに、協会の管理に不備があったことを認め、協会を代表して渡海紀三朗文部科学大臣に謝罪した。10月5日には時津風を解雇した。協会各部に対しては事件の真相究明と再発防止、そして過去に類似した事件がなかったかどうかについての調査を指示、さらに「再発防止検討委員会」を設置した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た江川卓 (野球)

    北の湖が観衆から“憎らしい”“ふてぶてしい”などと言われるようになった主な理由は、倒した相手が起き上がる際、北の湖が相手に一切手を貸さず、相手に背を向けてさっさと勝ち名乗りを受けてしまう点が「傲慢」と見なされていたためであるという。しかし、この行動の理由について本人は「自分が負けた時に相手に手を貸されたら屈辱だと思うから、自分も相手に手を貸すことはしない」と明確に語っていた。このように、角界の関係者の間では誠実な力士として高く評価されていたものの、一般の観衆からは悪役のような扱いを受けることが多く、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、子供が嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。また、北の湖と同時代には絶大な人気を誇った美男力士(貴ノ花・千代の富士・蔵間など)が多く、そういった人気者を容赦なく倒す北の湖は必然的に敵役となる運命にあった。それでも逆に、真摯に土俵を務める北の湖の姿や圧倒的勝負強さに魅了される好角家も少なくなかった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た清瀬海孝行

    2008年9月8日、弟子の白露山の関与も明らかとなった大相撲力士大麻問題が世間の耳目を集める中で開催された日本相撲協会の臨時理事会において、理事長を辞任して理事(大阪場所担当部長)に降格することを発表、後任理事長には武蔵川が選出された。2010年8月に後任の武蔵川が辞任した際の理事長選挙に再び立候補したものの、4票しか獲得できず、8票獲得した放駒に敗れた。2011年4月6日、大相撲八百長問題で弟子が関与したことを受けて、理事から役員待遇委員(大阪場所担当部長代理)に降格。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た水上勉

    1967年1月場所に三保ヶ関の長男であり、後に大関となる増位山とともに初土俵を踏む。四股名の「北の湖」は、故郷にある洞爺湖に因んで三保ヶ関が命名した。湖を「うみ」と読ませたきっかけは水上勉の小説「湖の琴」(うみのこと)からの着想という。改名の多い角界においては、初土俵から引退まで一度も四股名を変えたことのない珍しい力士だった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た双津竜順一

    2007年、時津風部屋で序ノ口力士が時津風や兄弟子から集団リンチを受けて死亡した時津風部屋力士暴行死事件が起きたことを受けて、文部科学省は日本相撲協会と北の湖に対し、事件の経緯や隠蔽工作の有無などについての説明を求めた。北の湖は9月29日に文部科学省を訪れて経緯を説明するとともに、協会の管理に不備があったことを認め、協会を代表して渡海紀三朗文部科学大臣に謝罪した。10月5日には時津風を解雇した。協会各部に対しては事件の真相究明と再発防止、そして過去に類似した事件がなかったかどうかについての調査を指示、さらに「再発防止検討委員会」を設置した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た白鵬翔

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖(わうみ・りんこ)時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回(柏鵬の37回を上回る)。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である(2位は朝青龍 - 白鵬の7回)。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立ち会いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード