137件中 101 - 110件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た四股名

    1967年1月場所に9代三保ヶ関の長男であり、後に大関となる増位山 (後に10代三保ヶ関) とともに初土俵を踏む。四股名の「北の湖」は、故郷にある洞爺湖に因んで9代三保ヶ関が命名した。湖を「うみ」と読ませたきっかけは水上勉の小説「湖の琴」 (うみのこと) からで、同作が東映で映画化された時の宣伝ポスターを師匠が目にし、「湖 (みずうみ) を『うみ』と読ませるのか」と驚き、そこから着想を得たという。ちなみに北の湖は改名の多い角界においては、初土俵から引退まで一度も四股名を変えたことのない珍しい力士だった。下位時代には四股名の読みが定着しておらず、人によっては「きたのこ」と呼ぶことがあった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た横綱土俵入り

    入幕してからしばらく期待が今一つ高くなかった北の湖が強くなったのは大関昇進後である。1974年1月場所では14勝1敗で初優勝を果たして大関に昇進すると5月場所で13勝2敗で2回目の優勝、さらに7月場所でも13勝2敗の成績で優勝決定戦まで進んで敗れたものの、場所後に21歳2ヶ月の若さで横綱へ昇進した。昇進伝達式での口上は、「本日はありがとうございます。横綱の地位を汚さぬよう努力いたします。今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします」。7月場所千秋楽本割の輪島戦では、左四つ、北の湖が両廻しを引いて寄り立てたが、左下手を引いた輪島は相手の出足を利用するような左下手投げで北の湖を転がした。決定戦では左四つ、輪島は十分の左下手を取り、北の湖に右上手を許したものの、みぎおっつけからのもろ差しで寄り、北の湖が左を巻き替えて逆襲の寄りに出ると、再び土俵際で豪快な左下手投げを決めた。報知新聞では全勝がただ1人になった7月場所6日目には「北の湖当確だ6連勝」と1面で報じ、14日目になると横綱昇進が既成事実であるかのように報じ、1面原稿は「裸の怪童」というテーマで貯金・恋人・持ち物・趣味・酒という項目別に人物像を紹介するなど、まるで昇進伝達式後の記事のような構成になっていた。因みに千秋楽明けの1974年7月22日には報知新聞の休刊日であり、当時は現在のような休刊日特別版もないため、後に「同じ技で同じように負ける。悔しいなんてもんじゃなかった」と千秋楽本割と優勝決定戦の連敗を語った様子は、少なくとも報知新聞の上では休刊日の都合上でなかったことにされていた。新三役から横綱昇進までわずか所要6場所であり、この時期について本人は「あの1年って、なんだったんだろうな」と後年まで目まぐるしく思っている。横綱昇進が決まると、三保ヶ関はかつて自分のために後援会が用意しながら使うことがなかった三ツ揃いの化粧まわしを提供し、北の湖はこれを使い続けた。横綱土俵入りは雲龍型を選び、その稽古は春日野の指導で行われた。自身の弟子ではないにも関わらず理事長自ら指導した理由は、春日野部屋と三保ヶ関部屋は同じ出羽海一門で、春日野は以前から北の湖をかわいがっており、実子がいないために養子に迎えたいと思っていた程であることも影響している。土俵入りは指導を務めた春日野の影響を受けて大抵50秒台で終わるようなテンポの速いものに仕上がった。横綱昇進直後の仙台巡業での土俵入りを見た大鵬は「いいセンいっているね。スケールを大きくするともっといい」と評し、ライバルの輪島も「腹が出ているから、オレより似合うよ」と褒めた。入門当初は三役に上がれば上出来と思っており、横綱になるなどとは思っていなかった、と本人は横綱昇進直後のインタビューで明かしている。昇進年齢から、前途を限りなく嘱望するものと、早期に引退することを予想するものの2つに分かれた。早期引退を予想する側の見解は、稽古が好きでなく、太り過ぎて動きが鈍く、ここ一番に弱い、というものであった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た中華人民共和国

    大韓民国・中華人民共和国巡業などの海外公演を実行北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た三段目

    中学生の頃から得意だった柔道を始め、野球・水泳・スキーで鍛えたスポーツ万能の体を生かしてスピード出世し、最年少昇進記録 (当時) を次々に樹立。三段目で一度だけ7戦全敗したことがあり、幕下時代に虫垂炎と右足首の亀裂骨折を経験した。特に後者の亀裂骨折は、その後2年間に渡って関取衆と稽古しなくなるほど重症であった。だが、中学卒業間際の1969年3月には15歳9ヶ月で幕下に昇進するなど「北の怪童」の異名を取り、十両以下の優勝 (下位優勝) がないまま、1971年5月場所に17歳11ヶ月で十両に昇進。なお、中学卒業前は義務教育中ということもあって本格的な稽古は夏休みや日曜日しかできなかったといい、その状況の中で卒業間際に幕下まで昇進したことについて当時は北の湖本人も「まだ15歳なのに、なんでだろう?」と驚いていた。中学時代の思い出として2年次の夏休みを本人は挙げており、当時約12人から13人くらい所属していた部屋の力士が巡業で出掛けていた際に留守番しながら毎朝4時に春日野部屋に出稽古へ通っていたという。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た松前郡

    1953年 (昭和28年) 5月16日、有珠郡の農業協同組合職員の家で8人きょうだいの7番目、四男として誕生した。奇しくもこの日はNHKによって初めてテレビの大相撲中継が行われた日であった。当時は同じ北海道松前郡出身で第41代横綱だった千代の山の全盛期であった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た八角 (相撲)

    2015年7月場所中の7月17日に再び体調不良を訴え、名古屋から帰京し再入院。「両側水腎症」と診断され手術、同年8月8日に一旦退院したものの、腰痛の悪化などの理由により、翌9月場所の初日前日の土俵祭、及び初日・千秋楽恒例の理事長挨拶を欠席。代役として八角事業部長(元第61代横綱・北勝海)が務めていた。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た公傷制度

    土俵の充実を目指し、幕内・十両の定員をそれぞれ東西1枚(2人)増員させた代わりに公傷制度を廃止北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た勝ち越し

    通算連続勝ち越し記録:50場所(武蔵丸の55場所・白鵬の51場所に次いで歴代3位、1973年7月場所 - 1981年9月場所)北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た成恩寺

    自らが育った三保ヶ関部屋が大坂相撲の系統を引く部屋であったこともあり、北の湖部屋の師匠になった後には初代から3代目までの年寄・三保ヶ関の墓所がある成恩寺(大阪市生野区)を毎年三月の大阪場所の際には長年宿舎として使用していたほか、成恩寺の相撲力士墓への供養及び墓参を続けていた。没後、成恩寺には『北の湖敏満慰霊碑』が建立され、2016年3月に除幕式が執り行われた。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た関脇

    1972年1月場所には新入幕 (18歳7ヶ月) を果たし、この時北の湖ははっきりと「史上最年少横綱を目指す」と宣言。この場所は5勝10敗と負け越して十両に陥落したがすぐに再入幕。1973年には19歳7ヶ月で小結に昇進。本人としては幕内上位から三役に上がった頃が一番楽しく相撲を取ることができたという。9月場所は小結で8勝7敗と勝ち越し、11月場所では関脇に昇進するが、9勝2敗で迎えた12日目に足首を骨折する重傷を負った。このまま休場を予想されたが千秋楽まで出場して10勝を挙げたことが自信となり、後年まで心の支えとなった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

137件中 101 - 110件表示