99件中 11 - 20件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た琴風豪規

    ちなみに北の湖以降も、後の琴風が中学在学中から土俵に上がっている。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た隆の里俊英

    しかし、進退を賭して臨むこととなった1983年9月場所は初日から4連勝したが、その相撲で大乃国を破った際に脚を故障、再び途中休場した。事情はどうであれ「休場=即引退」という状況の11月場所は11勝4敗、終盤まで優勝争いに加わって引退危機を脱したが、1984年1月場所では8勝7敗に終わり、場所後の横綱審議委員会でも「気の毒で見ていられない」「引退したほうが良い」などの声が相次いだ。3月場所は10勝5敗と、かつてなら批判に晒されたこの成績も「良くやった」と見る向きが多かったことからも、北の湖に対する評価の程が理解できる。ついに第一人者の座を千代の富士・隆の里に明け渡し、完全に世代交代かと思われていた5月場所、久々の優勝を15戦全勝で達成した。この場所13日目に弟弟子の北天佑が隆の里を下した瞬間に北の湖の優勝が決定したが、控えに座る北の湖に対して北天佑が土俵上で微笑むと、北の湖が笑みを返したシーンは特に有名。結果的にこれが自身最後の優勝となった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た増位山太志郎

    1967年1月場所に三保ヶ関の長男であり、後に大関となる増位山とともに初土俵を踏む。四股名の「北の湖」は、故郷にある洞爺湖に因んで三保ヶ関が命名した。湖を「うみ」と読ませたきっかけは水上勉の小説「湖の琴」(うみのこと)からの着想という。改名の多い角界においては、初土俵から引退まで一度も四股名を変えたことのない珍しい力士だった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た武蔵丸光洋

    幕内連続勝ち越し:50場所(歴代1位・通算では武蔵丸の55場所に次いで歴代2位、1973年7月場所 - 1981年9月場所)北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た若嶋津六夫

    北の湖は負けると騒がれた。殊勲者として昇進後前半では金剛・黒姫山・麒麟児が挙げられる。後半になると栃赤城・若嶋津・太寿山などがいる。若嶋津とは左がっぷり四つから投げの打ち合い、あるいは巻き替え合い。太寿山には引き技をよく食らい、一度は吊り出しに敗れた。また、現役後半の好敵手千代の富士とは、横綱に昇進してからは分が悪かった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た藤ノ川武雄

    2008年2月、定例の役員選挙で出羽海一門代表として理事に再選、役員の互選により理事長に4選された。広報部長に九重、審判部副部長に貴乃花を抜擢した。しかし、2月7日に前・時津風が愛知県警察に傷害致死容疑で逮捕されたことを受け、就任したばかりの九重と伊勢ノ海を報告のために文部科学省に行かせたことは、「なぜ理事長自らが文部科学省に行って報告しないのか」と批判を呼んだ。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た輪島大士輪島 大士

    1977年3月場所は全勝の北の湖を1敗の輪島が追いかける展開だったが、14日目の結び前に輪島が敗れ、結びで北の湖が若三杉に勝利して優勝を決めた瞬間、館内には不満や抗議の意味で座布団が舞う異常な事態となった。強い横綱が敗れて金星を提供した際に、勝った下位力士を讃える意味で座布団が舞うことは多いが、横綱が勝って座布団が舞うというケースは極めて異例だったが、北の湖は動じずに千秋楽も勝利して自身初の全勝優勝を果たしている。これ以降は5場所連続優勝(1978年)を果たすなど「憎らしいほど強い横綱」と言われるようになり、敗れると観衆が湧いた。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た臥牙丸勝

    師匠として、6人の関取を輩出している(内弟子・他部屋からの移籍を含むと部屋自体からの関取は14人)。2012年3月場所で臥牙丸勝が小結となり、部屋念願の三役力士が誕生した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た白露山佑太

    2008年9月8日、弟子の白露山の関与も明らかとなった大相撲力士大麻問題が世間の耳目を集める中で開催された日本相撲協会の臨時理事会において、理事長を辞任して理事(大阪場所担当部長)に降格することを発表、後任理事長には武蔵川が選出された。2010年8月に後任の武蔵川が辞任した際の理事長選挙に再び立候補したものの、4票しか獲得できず、8票獲得した放駒に敗れた。2011年4月6日、大相撲八百長問題で弟子が関与したことを受けて、理事から役員待遇委員(大阪場所担当部長代理)に降格。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た朝青龍明徳

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖(わうみ・りんこ)時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回(柏鵬の37回を上回る)。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である(2位は朝青龍 - 白鵬の7回)。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立ち会いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード

  • 青柏祭(せいはくさい)の曳山の無形文化遺産に登録され、地元で喜びの声が広がった。2009年の

  • 中型イカ釣り漁船二隻

  • 宇出津港のと寒ぶり