99件中 61 - 70件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た柔道

    幼い頃から食欲旺盛だったことから堅太りで、中学1年生で既に173cm・100kgに達していた。この恵まれた体格であってもただの巨漢ではなくスポーツ万能、特に柔道には滅法強く、中学1年生で初段となり、町の柔道大会「胆振西部大会」では体格も倍以上あった高校生を破って優勝した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た勝負審判

    日本相撲協会では引退の2年後に審判委員に抜擢されたことを皮切りに審判部副部長など監事(現・副理事)、理事として要職を歴任し、2002年 - 2008年9月8日まで第9代理事長を務めた(2005年5月30日に二子山が死去した後は、翌年初場所まで事業部長兼務)。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た横綱土俵入り

    1974年1月場所では14勝1敗で初優勝を果たして大関に昇進すると5月場所で13勝2敗で2回目の優勝、さらに7月場所でも13勝2敗の成績で優勝決定戦まで進んで敗れたものの、場所後に21歳2ヶ月の若さで横綱へ昇進した。横綱昇進が決まると、三保ヶ関はかつて自分のために後援会が用意しながら使うことがなかった三ツ揃いの化粧まわしを提供し、北の湖はこれを使い続けた。横綱土俵入りは雲龍型を選び、その稽古は春日野の指導で行われた。自身の弟子ではないにも関わらず理事長自ら指導した理由は、春日野部屋と三保ヶ関部屋は同じ出羽海一門で、春日野は以前から北の湖をかわいがっており、実子がいないために養子に迎えたいと思っていた程であることも影響している。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た両国国技館

    1985年1月場所、こけら落としとなった両国国技館の土俵に現役で臨んだが、ケガが完治せずに土俵に上がれる身体ではなかった。それでも、国技館建設に携わって開館を心待ちにしていた春日野から「晴れの舞台に横綱が休場することはできない。潔く散る覚悟で出よ」との言葉を受けて強行出場。国技館での北の湖は、初日の旭富士、2日目の多賀竜と相次いで全く良い所なく敗れて2連敗。結局勝ち星を一つも挙げることなく、所有していた年寄名跡・清見潟を他の力士に貸していたため、横綱特権での5年時限の年寄襲名前提で引退届を提出した(当時は優勝32回の大鵬しか一代年寄の例がなかった)。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た中華人民共和国

    大韓民国・中華人民共和国巡業などの海外公演を実行北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た三段目

    中学生の頃から得意だった柔道を始め、野球・水泳・スキーで鍛えたスポーツ万能の体を生かしてスピード出世し、最年少昇進記録(当時)を次々に樹立。三段目で一度だけ7戦全敗したことがあるが、15歳9ヶ月で幕下に昇進するなど「北の怪童」の異名を取り、十両以下の優勝(下位優勝)がないまま、1971年5月場所に17歳11ヶ月で十両に昇進。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た農業協同組合

    1953年5月16日、この日からNHKによって初めて大相撲中継が行われた。当時は同じ北海道松前郡出身の横綱・千代の山が全盛期の中、東に離れた有珠郡の農業協同組合の家で一人の男の子が、一家の四男として誕生した。この子供の名前は小畑敏満、後の横綱・北の湖である。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た公傷制度

    土俵の充実を目指し、幕内・十両の定員をそれぞれ東西1枚(2人)増員させた代わりに公傷制度を廃止北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た猫騙し

    引退直前に数回対戦したものを除くと、現役時代に北の湖に勝ち越した力士は少ない。ほとんどの力士には大きく勝ち越し、完封もいる。典型的なものは金城で、29戦全勝を達成している。栃光は取り口にムラがあったと評されるが、関脇まで登って横綱と29回も当たる番付を保持しており、決して弱い力士ではない。もう一人、蔵間に対しても17戦全勝と圧倒している。三重ノ海が全盛期の北の湖に何とか勝とうと猫騙しをしたことも話題になったが、奇策は通じず三重ノ海は敗れている。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た大相撲中継

    1953年5月16日、この日からNHKによって初めて大相撲中継が行われた。当時は同じ北海道松前郡出身の横綱・千代の山が全盛期の中、東に離れた有珠郡の農業協同組合の家で一人の男の子が、一家の四男として誕生した。この子供の名前は小畑敏満、後の横綱・北の湖である。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「北の湖敏満」のニューストピックワード