前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3495件中 1 - 10件表示
  • 2008年夏季オリンピックの開催地選考

    2008年夏季オリンピックの開催地選考から見た北京北京市

    2008年夏季オリンピックの開催地選考には10都市が立候補した。その後、IOC(国際オリンピック委員会)の理事会による1次選考で5都市に絞られた候補都市のうち、2001年7月13日の第112次IOC総会において中国の北京が開催地に決定した。そのほかに開催地を争っていた候補都市は、カナダのトロント、フランスのパリ、トルコのイスタンブール、日本の大阪市である。北京は2回目の投票で圧倒的な過半数を得て中国で初の五輪開催を勝ち取った。IOCの委員やメディアは北京が勝利した要因として「中国は世界一の人口を有し、経済的にも発展を遂げていることや、反ドーピング政策にも力をいれてきている」という点や「8年前のシドニーとの大接戦」を挙げた。 北京は8年前に行われた2000年夏季オリンピックの開催地を決める投票において、IOC委員の過半数近い票を得るもオーストラリアのシドニーに僅か2票差で敗れて開催を逃していた。2008年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍空軍

    中国人民解放軍空軍から見た北京市北京市

    第48航空連隊 北京市通州区通県基地 Y-5,Y-7,Z-9WZ中国人民解放軍空軍 フレッシュアイペディアより)

  • 遷都

    遷都から見た北京市北京市

    都をさだめる(奠める、定める)こと、都を建設することは、初であるか以前がどうであったかとは別義に、奠都(てんと)と言う。都を定めることは定都(ていと)とも言う(用例:北京定都)が、鴨長明が『方丈記』のなかで「嵯峨の御時 都定まりける(解釈:〈平安京に遷都した桓武天皇より2代後の〉嵯峨天皇治世下のこの時〈すなわち、平城還都派最後の抵抗を制圧した薬子の変の事後〉になって都は定まった。cf. )」と述べているように、法的に都が決められたり遷されたりした後も都づくりは続けられ、都として政治的に安定を見たときにようやく「都が定まる」という概念でもってこの語が用いられることもある。都を建設する、そのこと自体は建都(けんと)と言うが、「時と人が都を育んでゆく」などといった抽象的な意味を含めて「都を形づくってゆくこと」を指す場合もある(用例:平安建都1200年)。遷都 フレッシュアイペディアより)

  • 太原市

    太原市から見た北京市北京市

    太原は山西高原を南北に貫き黄河に流れる汾河の中流にある。汾河流域にも黄河文明の遺跡が多く古くから文明が栄えた。また洛陽周辺と北京周辺を結ぶ重要な街道が汾河沿いの盆地を通るため、太原は交通の要衝でもあった。北方の遊牧民族にとって太原は中原を攻めるための拠点で、漢民族にとって太原は北方の守りの要衝であった。太原市 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た北京北京市

    かくして、1871年7月に伊達宗城と李鴻章の間で日清修好条規が調印された。これは日清相互に治外法権と領事裁判権を承認し合うことによる平等条約であり、ここに中華思想に基づく冊封・朝貢関係が崩壊し、近代的な国交関係が日清の間で確立した。日本側は特命全権公使に森有礼を任命して北京に派遣した。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 呉青

    呉青から見た北京市北京市

    呉青(ごせい)は中華人民共和国の英語学者、社会運動家、北京市人民代表。特に農村の女性の地位向上や女子教育に焦点をすえた活動を展開。作家の次女。呉青 フレッシュアイペディアより)

  • 京哈高速道路

    京哈高速道路から見た北京市北京市

    京哈高速道路 (けいごう-こうそくどうろ、、、ピン音: Jīnghā Gāosù Gōnglù)は北京市からハルビン市(哈爾浜市)に至る中華人民共和国の高速道路。現在、北京区間の長さはおよそ10kmである。京哈高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫食

    昆虫食から見た北京市北京市

    南部アフリカではヤママユガ科モパネガ(Gonimbrasia belina)の幼虫をモパネワームと呼んで食用にする。幼虫を捕まえて腸管の中身を抜いてから干したり、燻製にする他、缶詰にも加工される。加工したモパネワームはそのまま食べる他、かりっと油で揚げたり、水で戻してからタマネギやトマトと一緒に調理することもある。 中国では、サクサンをカイコガのように絹糸を取るために飼育しており、蛹は「柞蚕蛹」(ジャーツァンヨン)と呼ばれ、北京を含む華北地方で食用にされる。ネイティブ・アメリカンの間でもよく食べられている。昆虫食 フレッシュアイペディアより)

  • 世界都市

    世界都市から見た北京市北京市

    2013年現在、主要な学術調査において最も評価されている世界都市はニューヨークとロンドンであり、他のあらゆる都市を引き離し「二大世界都市」としての地位を確立している。かつて「三大」の一角と評価されることが多かった東京は、東京金融市場が担うグローバルな機能がニューヨークやロンドンほど発展しなかったことや、日本の長期的な経済の低迷などもあり、一歩後退したとされている。ただ、依然として東京の総合的な都市力は非常に高く、パリを含めた上位4都市を「四大世界都市」として位置付けることも多い。伝統的な四大世界都市が上位を維持している一方、アジアの代表的な金融センターである香港とシンガポールは、特にビジネス関連をより一層重視した世界都市格付けにおいて、パリや東京と並ぶ、あるいはそれらを上回る評価を得ている。また、ロサンゼルス、シカゴ、ワシントンD.C.、ソウルも多くの指標でトップ10にランクインしており、屈指の世界都市と言える。2012年4月、アメリカのA.T.カーニーらが最新版の世界都市指数(GCI)を公表した。総合評価ではニューヨークが前回に続き世界第1位となり、以下、ロンドン、パリ、東京、香港が続いた。10年から20年後には、北京と上海が世界トップクラスの世界都市へ成長する潜在性があるとの調査報告も出している。世界都市 フレッシュアイペディアより)

  • 盧溝橋事件

    盧溝橋事件から見た北平北京市

    盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。この事件は支那事変(日中戦争)の直接の導火線となった。以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたが、俗称である。この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた(後述)。事件の発端となった盧溝橋に日本軍がいた経緯は北京議定書に基づく。盧溝橋事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3495件中 1 - 10件表示

「北京」のニューストピックワード