3495件中 61 - 70件表示
  • 百度

    百度から見た北京市北京市

    百度(バイドゥ、)は中華人民共和国のBaidu, Inc.が運営する検索エンジンである。創業は2000年1月。本社は北京市にある。百度 フレッシュアイペディアより)

  • 許修直

    許修直から見た北京市北京市

    1924年(民国13年)11月、黄郛に起用されて国務院印鋳局局長となる。以後、黄の腹心として活動することになった。1927年(民国16年)、国民政府に転じ上海市法制室主任となる。同年10月、交通部秘書長となった。翌年12月、交通部参事となる。1933年(民国22年)、行政院駐北平政務整理委員会委員(委員長:黄郛)にも任ぜられ、日本との折衝にもあたった。1935年(民国24年)7月、内政部長の黄の下で内政部常務次長に昇格した。翌年2月、病気により辞任した黄に従う形で許修直も辞任している。許修直 フレッシュアイペディアより)

  • 陳良宇

    陳良宇から見た北京市北京市

    2005年の反日デモでは市の機関紙である解放日報は、上海の日本総領事館がデモ隊に襲撃された後、すぐさま「最近発生した非合法なデモは愛国的行動でもなんでもなく違法行為」「背後に黒幕が控えている陰謀」と厳しく断罪、デモ参加者を逮捕した。また総領事館に通じる道路にコンテナを置いて通行できなくするなど、北京に比べると果断な処置を取った。陳良宇 フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・スノー

    エドガー・スノーから見た北京市北京市

    1933年には北京に行き、パール・バックやジョン・フェアバンクと交流。1935年の日本による中華民国北部侵攻に反感を抱き、「抗日戦線の鍵は中国共産党にあり」、と考えて党本部への取材を求める。1936年にスノーは宋慶齢から紹介状をもらい、長征後の共産党が本拠としていた保安に向かった。長征により兵力の大半を失い、抗日戦線のための中国人の団結を訴えたかった毛沢東との利害とが一致し、スノーはついに毛沢東ら幹部と出会う。エドガー・スノー フレッシュアイペディアより)

  • 豆汁

    豆汁から見た北京市北京市

    豆汁(とうじゅう、()、 ())は、緑豆を煮てから、すりおろして作った豆乳を乳酸発酵させた、少し酸味のある飲料。北京の伝統的な栄養食品のひとつ。春雨の製造過程ででる上澄み液も利用する事が出来る。豆汁 フレッシュアイペディアより)

  • 周口店

    周口店から見た北京市北京市

    周口店(しゅうこうてん、中文表記:、英文表記:Zhoukoudian)は、中華人民共和国北京市房山区にある地名。北京原人の骨や上洞人の骨が発見された竜骨山があることで有名である。周口店 フレッシュアイペディアより)

  • 劉瑶章

    劉瑶章から見た北京市北京市

    劉 瑶章(りゅう ようしょう、、1897年7月(清光緒23年6月) ? 1993年5月28日)は、中華民国・中華人民共和国の政治家。国民政府統治下での最後の北平特別市市長(北京市長)である。直隷省保定府安新県の人。劉瑶章 フレッシュアイペディアより)

  • 八・一宣言

    八・一宣言から見た北京市北京市

    その後、八・一宣言の内容は上海や北京といった中国の大都市に広まり、国内の世論は内戦の停止と共同して日本へ対抗する方向に傾いていった。八・一宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 水滸伝の成立史

    水滸伝の成立史から見た北京市北京市

    なお中華人民共和国時代に入った1954年に、北京の人民文学出版社から鄭振鐸が序文をつけた天都外臣本が排印本(活字本)で『水滸全伝』として突如出版された。これは万暦17年(1589年)に郭武定本を忠実に復刻したという『忠義水滸伝』100巻百回本の一部(残巻)を含むとされているが、なぜか百二十回本で刊行されている。この『水滸全伝』の元となった古本が本当に天都外臣本であるのかには疑問が残る。校訂に関わった呉暁鈴が1983年に『光明日報』に発表した「天都外臣序本忠義水滸伝を語る」では、切り取られてほぼ判別不能な最終行を含む天都外臣序文の写真を発表し、この判別不能な最終行に書かれた文を「萬暦己丑孟冬天都外臣撰」とかなり強引に推測したことを明らかにした。高島俊男はこれらの経緯から『水滸全伝』の元になった古本は天都外臣本ではなく容与堂本系統の本であり、「石渠閣補刊本」とでも呼ぶべきであると結論づけている。水滸伝の成立史 フレッシュアイペディアより)

  • 天安門、恋人たち

    天安門、恋人たちから見た北京市北京市

    1987年の中国、東北部に住む少女、余紅(ユー・ホン)のもとに北京の「北清大学」から合格通知が届いた。余紅は故郷の恋人暁軍(シャオ・ジュン)と離れ離れになり、1人での大学生活を始める。自分のやり方を貫き、束縛を受けることを好まない性格から、いつしか学生たちの間でも注目される存在になっていた。天安門、恋人たち フレッシュアイペディアより)

3495件中 61 - 70件表示

「北京」のニューストピックワード