212件中 81 - 90件表示
  • 北京市

    北京市から見た南苑区

    一区が東単区に、二区が西単区に、三区が東四区に、四区が西四区に、六区が前門区に、七区が崇文区に、八区が宣武区に、十区が東郊区に、十一区が南苑区に、十二区が豊台区に、十三区が海淀区に、十五区が石景山区に、十六区が門頭溝区にそれぞれ改称。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た黄村駅

    北京は中国国鉄の中心地であり、国内全省都への直通列車や、近隣諸国への国際列車が発着する。モスクワ、ウランバートル、平壌行きの国際列車をはじめ、国内全ての省、市、自治区の首府を結ぶ直行列車が発着する。経済の中心地である上海とを結ぶ京滬高速鉄道は、2011年6月に開業した。巨大ターミナル駅として、中央駅の北京駅や北京西駅、北京南駅が挙げられる。またその他に大きな駅として、北京東駅、北京北駅、黄村駅、豊台駅、通州西駅がある。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た会計

    イギリスの「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」(GaWC)が2012年に公表した金融、会計、法律、広告、経営コンサルタントなどビジネス分野を対象とした世界都市格付けにおいて、最高峰のロンドンとニューヨークの2都市に次ぎ、パリ、東京と同じく"アルファ+"級世界都市として選定された。2013年からはフォーチュン・グローバル500においては、東京を超えて世界で最も大企業の本社が集積している都市との評価を受けている。2015年にはニューヨーク、ロシアのモスクワを超えて世界で最も億万長者が多い都市となった。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た豊台駅

    北京は中国国鉄の中心地であり、国内全省都への直通列車や、近隣諸国への国際列車が発着する。モスクワ、ウランバートル、平壌行きの国際列車をはじめ、国内全ての省、市、自治区の首府を結ぶ直行列車が発着する。経済の中心地である上海とを結ぶ京滬高速鉄道は、2011年6月に開業した。巨大ターミナル駅として、中央駅の北京駅や北京西駅、北京南駅が挙げられる。またその他に大きな駅として、北京東駅、北京北駅、黄村駅、豊台駅、通州西駅がある。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た北京軍区

    北京軍区司令部所在地であり、首都警備の任にあたる衛戍部隊3個師団が市内に駐屯する。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た

    唐末五代の騒乱期、内モンゴルから南下してきた遼朝は、後晋に対し軍事支援を行った代償として北京地方を含む燕雲十六州を割譲された。遼はこの都市を副都の一つ南京と定めた。その後金朝が遼を滅ぼし支配権を獲得すると、金は北京に都城を定め中都とした。更にモンゴル帝国(元朝)が金を滅ぼすと大都として元朝の都城となり、カラコルムに代わってモンゴル帝国の中心となった。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た京杭大運河

    大運河(文化遺産、2014年)北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た中心業務地区

    北京市は、ハイテク民営企業、研究開発拠点、中国ビジネスの統括拠点としての発展を目指すものと見られる。産業構造では第三次産業への依存が高い。2003年GDPの61.4%が第三次産業である一方、第二次産業の比率は36.0%で、第一次産業に至ってはわずか2.6%に過ぎない。ちなみに中国全体では第三次産業の比率は32.3%で、上海でも48.4%である。近年では外資企業の第三次産業での進出も加速している。市中心部では、CBD構想(北京CBD計画)が着々と進むなど、北京市は上海と並ぶ中国ビジネスの統括拠点としての役割も強めている。この他、北京市は環渤海経済圏、京津冀都市経済圏における中心都市として、周辺地域との経済的な協調を図りながら効率性の高い発展を志向するものとみられる。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た

    春秋戦国時代には燕の首都で薊(けい)と称された。周の国都洛陽からは遠く離れ、常に北方の匈奴などの遊牧民族の侵入による被害を受ける辺境であった。秦漢代には北平(ほくへい)と称されるが、満州開発が進み、高句麗など周辺国の勢力が強大となると、戦略上、また交易上の重要な拠点として重視されるようになった。北京市に隣接する河北省涿郡(たくぐん)は三国志の英雄劉備の故郷で知られるとともにの煬帝が築いた大運河の北の起点とされている。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京市

    北京市から見た第三次産業

    北京市は、ハイテク民営企業、研究開発拠点、中国ビジネスの統括拠点としての発展を目指すものと見られる。産業構造では第三次産業への依存が高い。2003年GDPの61.4%が第三次産業である一方、第二次産業の比率は36.0%で、第一次産業に至ってはわずか2.6%に過ぎない。ちなみに中国全体では第三次産業の比率は32.3%で、上海でも48.4%である。近年では外資企業の第三次産業での進出も加速している。市中心部では、CBD構想(北京CBD計画)が着々と進むなど、北京市は上海と並ぶ中国ビジネスの統括拠点としての役割も強めている。この他、北京市は環渤海経済圏、京津冀都市経済圏における中心都市として、周辺地域との経済的な協調を図りながら効率性の高い発展を志向するものとみられる。北京市 フレッシュアイペディアより)

212件中 81 - 90件表示

「北京」のニューストピックワード