106件中 51 - 60件表示
  • 加治田衆

    加治田衆から見た北信地方北信地方

    森家では、加治田の武将軍団を加治田衆と呼んだという。加治田城は廃城となったが、加治田衆は、森氏、丹羽、織田、豊臣、徳川、池田氏、松平氏に仕官しそれぞれ分かれて活躍した。天正12年(1584年)4月、森長可が小牧・長久手の戦いで戦死し、弟の森忠政が跡を継いだ。慶長5年(1600年)3月、森忠政は信濃の川中島へ転封となった。加治田衆 フレッシュアイペディアより)

  • 飯縄山

    飯縄山から見た北信地方北信地方

    飯縄山(いいづなやま、飯綱山)は、長野県北部(北信地方)、長野市・上水内郡信濃町・飯綱町にまたがる山。標高1,917メートル。飯縄山と、その支峰・霊仙寺山(れいせんじやま)、瑪瑙山(めのうやま)などからなる連山全体を飯縄山と呼ぶこともある。戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山とともに、北信五岳のひとつに数えられる。飯縄山 フレッシュアイペディアより)

  • 北信五岳

    北信五岳から見た北信地方北信地方

    北信五岳(ほくしんごがく)は、長野県北信地方の主に長野盆地から望める、妙高山、斑尾山、黒姫山 、戸隠山、飯縄山の5つの山の総称である。北信五岳 フレッシュアイペディアより)

  • 高梨氏

    高梨氏から見た北信地方北信地方

    天正10年(1582年)3月に、織田信長の甲州征伐により武田氏は滅亡し、織田氏の家臣森長可が信濃川中島四郡を領する。同年6月の本能寺の変により長可は信濃から撤退、越後の国の上杉景勝が進出する(天正壬午の乱)。これに伴い高梨氏は旧領に復帰することができた。高梨氏 フレッシュアイペディアより)

  • 信州百名山

    信州百名山から見た北信地方北信地方

    長野県山岳協会により、平成の大合併前にあった120の市町村のそれぞれを代表する1座が選定され、『信州ふるさと120山』と命名された。北信、東信、中信、南信の地域ごとに、各120山を以下に示す。信州百名山 フレッシュアイペディアより)

  • ツルヤ (チェーンストア)

    ツルヤ (チェーンストア)から見た北信地方北信地方

    1995年 - 北信地方に進出(長野市・徳間店)。ツルヤ (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • 東京式アクセント

    東京式アクセントから見た北信地方北信地方

    栃木県足利市周辺、群馬県(館林市周辺を除く)、埼玉県(東端部を除く)、千葉県(中部を除く)、東京都(本土及び伊豆諸島御蔵島以北)、神奈川県、山梨県(一部除く)、静岡県の駿河(一部除く)・伊豆・遠江東部、長野県(北信地方及び最南端部を除く)、新潟県糸魚川市(旧青海町除く)、岐阜県東濃南東部、愛知県三河西部東京式アクセント フレッシュアイペディアより)

  • 北信地域

    北信地域から見た北信地方北信地方

    北信地域(ほくしんちいき)は、長野県北信地方の中野市、飯山市を中心とした地域のことを指す名称で、県を10地域に分けるときに用いられる。中野・飯山地域(なかの・いいやまちいき)とも言う。北信地域は北信地方の北半分を指す語であるため、北信地方とは違う。長野県にはもともと4地方に分ける区分法しかなくより細かな行政サービスを行うため10地域区分法を作る際に、北信地域周辺を指す適当な語がなかったため、県の最北にある地域ということでやむなく北信地域と名づけられ北信地方と混同しやすくなってしまった。発足当時の下高井郡、下水内郡の範囲と一致する。北信地域 フレッシュアイペディアより)

  • 市河氏

    市河氏から見た北信地方北信地方

    1582年(天正10年)3月に武田氏が滅亡すると、武田遺領は分割され、川中島四郡は織田家臣の森長可が領し、市河信房は森氏に従って飯山城に入ったとされる。同年6月本能寺の変で信長が横死すると森長可は信濃を去り、武田遺領をめぐる天正壬午の乱において市河氏は他の旧信濃国衆と共に上杉景勝に服した。市河氏 フレッシュアイペディアより)

  • 風さやか

    風さやかから見た北信地方北信地方

    風さやか(かぜさやか)は、日本のイネの品種名および銘柄名である。長野県の中晩生品種(信交526号)で、栽培適地は標高600m以下(北信は400m以下)。名称は「信州のすがすがしい清らかな空気の元で育てられたこと」をイメージして命名。風さやか フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「北信のできごと」のニューストピックワード