1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 松代藩

    松代藩から見た北信地方北信地方

    川中島四郡は信濃国北部の高井郡(現上高井郡、下高井郡及び中野市、須坂市)、水内郡(現上水内郡、下水内郡及び飯山市、長野市)、更級郡・埴科郡(千曲市を含む)の四郡を指す。戦国時代の川中島の戦いで武田氏と上杉氏の係争地となったところであり、現在の北信地方に該当する。しかし北信地域支配の中心は、武田信玄が上杉謙信との戦に備え、山本勘助に命じて築城させた海津城(松代城)に置かれた。松代藩 フレッシュアイペディアより)

  • 長野市

    長野市から見た北信地方北信地方

    長野市(ながのし)は、長野県北部(北信地方)の都市で、同県の県庁所在地、中核市である。旧:上水内郡・更級郡・埴科郡・上高井郡。長野市 フレッシュアイペディアより)

  • 北信地域

    北信地域から見た北信地方北信地方

    北信地域(ほくしんちいき)は、長野県北信地方の中野市、飯山市を中心とした地域のことを指す名称で、県を10地域に分けるときに用いられる。中野・飯山地域(なかの・いいやまちいき)とも言う。北信地域は北信地方の北半分を指す語であるため、北信地方とは違う。長野県にはもともと4地方に分ける区分法しかなくより細かな行政サービスを行うため10地域区分法を作る際に、北信地域周辺を指す適当な語がなかったため、県の最北にある地域ということでやむなく北信地域と名づけられ北信地方と混同しやすくなってしまった。発足当時の下高井郡、下水内郡の範囲と一致。北信地域 フレッシュアイペディアより)

  • 北信広域連合

    北信広域連合から見た北信地方北信地方

    北信広域連合(ほくしんこういきれんごう)は長野県北信地方の北信地域にある広域連合。構成市町村は中野市と飯山市、下高井郡、下水内郡である。北信広域連合 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示

「北信のできごと」のニューストピックワード