106件中 81 - 90件表示
  • 林為忠

    林為忠から見た北信地方北信地方

    甲州征伐後は森長可に従い信濃国川中島へと出向。芋川親正の一揆鎮圧後は稲葉貞通に替わって飯山城代となっている。本能寺の変後に長可が信濃国を撤退すると、通安ら林一門が先陣を駆けてその護衛にあたっている。林為忠 フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た北信地方北信地方

    長野県の北信地方に伝わる「烏踊り」といわれる民謡と踊りがあり、足さばきにおいて九種類の型を繰り返すことから、修験者である山伏が唱えた呪法である九字切り(九字護身法)を手ではなく足で行ったとされる。このことと、山岳信仰を起源に持つ修験道では、「カラスは神の使い」とされてきたことと合わせて、この烏踊りは山岳信仰に基づく烏に対する信仰と修験者の踊りが、民謡になっていったと考えられている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • 森成利

    森成利から見た北信地方北信地方

    天正10年(1582年)、甲斐武田氏滅亡後は甲州征伐に貢献したとして信濃川中島に領地替えとなった兄・長可に替わって美濃金山城の城主、あるいは美濃岩村城(岐阜県恵那市岩村町)の城主となり、5万石を与えられたという。ただし成利は在城せず、長可の家老・各務元正 が成利に付けられ、城代を務めた。森成利 フレッシュアイペディアより)

  • 大道寺直秀

    大道寺直秀から見た北信地方北信地方

    元和5年(1619年)、上野国の津軽藩分領にて信枚の長男・信義誕生(母は石田三成の娘で側室・辰姫)。この年津軽家に信濃川中島四郡10万石への転封の内示が出る。これは数字上では栄転だが、実収入的には減益となる移動であり、本拠地を遠く離れることにもなる。しかし満天姫や家臣、信枚自身らの江戸での政治的運動により転封は阻止される。代わって川中島に移された(二ヶ国49万石→4.5万石の大幅減封改易)のが満天姫のかつての義父であり、直秀の義理の祖父に当たる福島正則。大道寺直秀 フレッシュアイペディアより)

  • マツモトキヨシ甲信越販売

    マツモトキヨシ甲信越販売から見た北信地方北信地方

    1988年 - 中島ファミリー薬局が法人へ改組、株式会社として設立。須坂市を中心に北信地方へ16店舗を展開する。マツモトキヨシ甲信越販売 フレッシュアイペディアより)

  • 南信地方

    南信地方から見た北信地方北信地方

    長野県に属するが、日本海側である北信地方との繋がりは中信地方以上に浅い。戦国時代には武田信玄や徳川家康(江戸入封前)の領土だった地域で、中央本線沿線の松本地域と山梨県、天竜川流域で遠州灘沿岸(静岡県遠江地域と愛知県東三河地域)との繋がりが深い。遠江や東三河との間では行政面の交流が活発であり、「三遠南信」という自治体間の交流圏を形成している。南信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た北信地方北信地方

    佐久地方は、国道18号を北上した日本海側(北信地方、上越地方)と、碓氷峠を越えた群馬県との繋がりが深い。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本

    東日本から見た北信地方北信地方

    東日本高速道路株式会社 - NEXCO東日本。営業エリアは新潟県、群馬県、埼玉県及び千葉県以東の全域と、東京都・神奈川県のうち東名高速・中央道沿線を除いた地域、長野県の北信地域及び東信地域並びに富山県下新川郡朝日町の一部。東日本 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権長野大会

    全国高等学校野球選手権長野大会から見た北信地方北信地方

    1946年(第28回) - 終戦以降参加表明する学校が相次いだため長野県予選大会のシステムを再編。東信・北信・中信・南信の4予選大会のベスト16以上が本大会に進むというシステムとなる。このスタイルで復活。全国高等学校野球選手権長野大会 フレッシュアイペディアより)

  • 福島正則

    福島正則から見た北信地方北信地方

    家康死後まもなくの元和5年(1619年)、台風による水害で破壊された広島城の本丸・二の丸・三の丸及び石垣等を無断修繕したことが武家諸法度違反に問われる。正則はその2ヶ月前から届けを出していたが、先年にも一国一城令発布後にもかかわらず新規に築城を行ったとして、毛利家から報告を受けた幕府より該当城の破却を命じられた後のことでもあり、幕府からは正式な許可が出ていなかった。福島側の言い分では、雨漏りする部分を止むを得ず修繕しただけという。江戸参勤中の正則が謝罪し、修繕した部分を破却するという条件で一旦は沙汰止みになったものの、求められた「本丸以外の修築分を破却」という条件に対し、正則は本丸の修築分のみ破却をおこない、二の丸・三の丸の修築分は据え置いた。これにより「破却が不十分である」と咎められる。また、人質として江戸に送るはずだった忠勝の出発を遅らせたこと、それに対して「万事親次第」と弁明を拒否するなどしたため、怒った将軍・徳川秀忠の上使として牧野忠成と花房正成が江戸芝愛宕下の正則の屋敷に派遣され、安芸・備後50万石は没収、信濃国川中島四郡中の高井郡と越後国魚沼郡の4万5,000石(高井野藩)に減転封の命令を受けることとなった。移封後、正則は嫡男・忠勝に家督を譲り、隠居した。出家して高斎と号した。福島正則 フレッシュアイペディアより)

106件中 81 - 90件表示

「北信のできごと」のニューストピックワード