前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た北勝力北勝力英樹

    翌11月場所は新入幕だったが、13日目北勝力を破り見事に勝ち越した。2005年1月場所では、13日目に同じモンゴル出身の朝赤龍を破って勝ち越しを決めていたものの、翌14日目に前半戦の取組で痛めた尾てい骨部分の「臀部膿瘍」(でんぶのうよう)との診断を受け、入門以来初めて休場届を出した。翌3月場所、成績は9勝6敗と2桁勝利には及ばなかったものの、相撲内容を高く評価されて技能賞を初めて受賞した。7月場所では6勝9敗と幕内で初の負け越しとなる。9月場所は3日目の朝青龍横綱土俵入りで、初めて露払いを務めている(この日、露払いの北勝力と太刀持ちの高見盛の対戦が組まれたため)。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力

    北勝力から見た北勝力英樹北勝力英樹

    北勝力 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝森文仁

    北勝森文仁から見た北勝力英樹北勝力英樹

    デビュー当時序二段だった北勝力に対ししごきを行っていたが、番付を逆転されると逆に自らが仕返しを受けたことも引退の一因とされている。北勝森文仁 フレッシュアイペディアより)

  • 押し倒し

    押し倒しから見た北勝力英樹北勝力英樹

    押し倒し(おしたおし)とは、相撲の決まり手のひとつである。相手の胸や喉、腋を押し、土俵上や土俵の外に倒す技。突っ張って土俵の外に出したら突き倒しとなるが区別が難しいため押し倒しとなることが多々ある。2004年5月場所6日目、35連勝中の横綱朝青龍を北勝力がこの技で倒し、連勝を止めた一番が有名。押し倒し フレッシュアイペディアより)

  • 須磨ノ富士茂雄

    須磨ノ富士茂雄から見た北勝力英樹北勝力英樹

    中学時代は柔道部に所属。しかし、体が大きかったこともあり相撲も取らされ、兵庫県大会に出場すると上位入賞するなど活躍した。卒業と同時に中村部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。同期生には北勝力や若兎馬、皇牙、旭南海などがいる。須磨ノ富士茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た北勝力英樹北勝力英樹

    千秋楽、豊ノ島は稀勢の里を下して1敗を堅持。白鵬も琴欧洲を下し、両者14勝1敗で優勝決定戦となる。平成21年9月場所以来70度目の決定戦で、横綱対平幕の決定戦は平成16年5月場所の朝青龍?北勝力以来4例目。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年9月場所

    大相撲平成20年9月場所から見た北勝力英樹北勝力英樹

    7日目の時点では白鵬、琴光喜、関脇の安馬、平幕の豪栄道ら4人が1敗でその下の朝青龍、平幕の鶴竜、北勝力、普天王、黒海、垣添ら6人が追いかける展開となった。中日に1敗の琴光喜が敗れまた、2敗の朝青龍、鶴竜、北勝力、垣添らも敗れたため1敗は白鵬ら3人2敗は琴光喜ら3人となった。大相撲平成20年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 後ろもたれ

    後ろもたれから見た北勝力英樹北勝力英樹

    2008年5月場所14日目(5月24日) - 北勝力が豊真将に勝利。後ろもたれ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た北勝力英樹北勝力英樹

    敢闘賞 北勝力英樹(八角部屋 栃木県大田原市出身)(3回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た北勝力英樹北勝力英樹

    10月31日 - 北勝力英樹(栃木県、相撲)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「北勝力英樹」のニューストピックワード