27件中 11 - 20件表示
  • つきひざ

    つきひざから見た北勝力英樹北勝力英樹

    十両では2003年7月場所4日目の増健(後の柳川)-北桜戦(増健●)、幕内では2004年9月場所3日目の旭天鵬-栃東戦(栃東●;栃東は右膝を痛め、翌日から休場)で初めて適用された。この他、2008年1月場所2日目の豊真将-北勝力戦(北勝力●)、2009年1月場所14日目の白鵬-千代大海戦(千代大海●)、2009年3月場所5日目の翔天狼-黒海戦(翔天狼●)、2010年7月場所12日目の徳瀬川-豪風(豪風●)、2011年1月場所12日目の白鵬-日馬富士戦(日馬富士●)、2012年1月場所3日目の天鎧鵬-芳東(芳東●)、2012年7月場所中日の旭天鵬-碧山(旭天鵬●)、2013年1月場所中日の若の里-千代大龍(千代大龍●)、14日目の豊ノ島-妙義龍(妙義龍●)などでも記録されている。つきひざ フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た北勝力英樹北勝力英樹

    5月場所は、6日目(同年5月14日)に平幕の北勝力戦で一方的に敗れてしまい、連勝記録が「35」(史上6位)でついにストップ。最終的にこの場所は13勝2敗となったが、千秋楽(5月23日)にモンゴルの後輩、白鵬が立合いの変化で北勝力を破って「援護射撃」を果たすと、自身も結びの一番に勝って迎えた優勝決定戦で北勝力を破り3場所連続優勝を達成。部屋、一門の枠を超えて白鵬と喜びを分かち合った。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 追風海英飛人

    追風海英飛人から見た北勝力英樹北勝力英樹

    三役在位は関脇1場所のみで小結経験はないが、これは戦後では「八百長暴露」で一躍時の人となった高鐵山と並ぶ珍記録である(のちに北勝力も記録)。追風海英飛人 フレッシュアイペディアより)

  • 八角部屋

    八角部屋から見た北勝力英樹北勝力英樹

    1992年(平成4年)5月場所限りで引退し、九重部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていた八角親方(元横綱・北勝海)が、1993年10月に北勝力ら内弟子4人を連れて九重部屋から分家独立する形で八角部屋を創設した。同時に、陣幕(元横綱・北の富士)・君ヶ濱(元関脇・北瀬海)・谷川(元幕内・白田山)・錦戸(元幕内・富士乃真)という当時の九重部屋に部屋付き親方として在籍していた親方全員も八角部屋へ移籍している。部屋の建物も、八角親方の師匠である北の富士がかつて利用していた井筒部屋?九重部屋のものを譲り受けた形となっている。八角部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 高鐵山孝之進

    高鐵山孝之進から見た北勝力英樹北勝力英樹

    1966年11月場所では前頭4枚目の地位で12勝3敗と好成績を収めて技能賞を受賞し、翌1967年1月場所では新関脇に昇進した。だが、3勝12敗と大きく負け越して1場所で平幕に逆戻り。結局三役はこの1場所しか務まらず、小結経験は皆無に終わった。これは戦後では、追風海や北勝力と並ぶ珍記録である(2012年3月場所後現在、現役力士には、該当者無し。なお、横綱・鏡里と佐田の山は、小結経験がないまま横綱に昇進した)。高鐵山孝之進 フレッシュアイペディアより)

  • 10月31日

    10月31日から見た北勝力英樹北勝力英樹

    1977年 - 北勝力英樹、大相撲力士10月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 北の富士勝昭

    北の富士勝昭から見た北勝力英樹北勝力英樹

    自身が「黄金の引き足」と言われたほど、引き技の切れが鋭かったことから、千代大海龍二・千代天山大八郎・北勝力英樹の引き技による自滅など、ふがいない相撲に対しては容赦ない叱責が飛ぶこともあった。千代天山が引き技で敗北した際、「げんこつをあげたくなるくらい悪い相撲」と酷評した。この時は、取組前まで千代天山の素質などを大いに褒めていたが、弟子筋の九重部屋及び八角部屋の力士に対するコメントは引き技に関するもの以外でも辛いことが多い。2010年より東京中日スポーツにて自伝「はやわざ御免」を連載している。北の富士勝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た北勝力英樹北勝力英樹

    幕内力士の北勝力を「英樹」と呼び、弟分のように可愛がっている。同年代であるノア所属の杉浦貴と大変仲が良く、杉浦を「スギ」「スギ様」「おすぎ」などと呼んでいる。それぞれライバルに「試合以外での杉浦貴」「夜の高山善廣」を挙げている。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝海信芳

    北勝海信芳から見た北勝力英樹北勝力英樹

    年寄北勝海のち八角を襲名。八角部屋を立ち上げ北勝力、海鵬ら関取9人を出している。また弟子の数が多く、ことに関取予備軍である幕下力士が多く所属しており、スカウト活動と育成の手腕に優れている。2000年(平成12年)から2期(4年)監事を務めた。北勝海信芳 フレッシュアイペディアより)

  • 負け越し

    負け越しから見た北勝力英樹北勝力英樹

    北勝力は1995年3月場所に東序二段19枚目の地位で全敗を記録している。負け越し フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「北勝力英樹」のニューストピックワード