1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 番付

    番付から見た北勝力英樹北勝力英樹

    また元関脇北勝力(現谷川)、元小結普天王をはじめ、ほか八百長関与21人(引退届提出者のみ、解雇された蒼国来と星風を除く)を含む58人の引退が発表されたが、過去では1932年1月の「春秋園事件」勃発後72人(のち復帰力士を含む)が協会を脱退、終戦直後の1945年11月(秋)場所前には応召による88人(のち復帰力士を含む)が離脱した前例がある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た北勝力英樹北勝力英樹

    翌11月場所は新入幕だったが、13日目北勝力を破り見事に勝ち越した。2005年1月場所では、13日目に同じモンゴル出身の朝赤龍を破って勝ち越しを決めていたものの、翌14日目に前半戦の取組で痛めた尾てい骨部分の「臀部膿瘍」(でんぶのうよう)との診断を受け、入門以来初めて休場届を出した。翌3月場所、成績は9勝6敗と2桁勝利には及ばなかったものの、相撲内容を高く評価されて技能賞を初めて受賞した。7月場所では6勝9敗と幕内で初の負け越しとなる。9月場所は3日目の朝青龍横綱土俵入りで、初めて露払いを務めている(この日、露払いの北勝力と太刀持ちの高見盛の対戦が組まれたため)。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 式守勘太夫 (11代)

    式守勘太夫 (11代)から見た北勝力英樹北勝力英樹

    2009年1月場所の9日目、前頭7枚目北勝力(現谷川)?同9枚目土佐ノ海(現立川)の取組中に北勝力の足に躓き、土俵下に転落した。すぐに土俵に戻り、軍配を挙げることはできたが、会場は爆笑に包まれた。これは、翌日のスポーツ紙に掲載されるほどの珍事であった。式守勘太夫 (11代) フレッシュアイペディアより)

  • 1977年

    1977年から見た北勝力英樹北勝力英樹

    10月31日 - 北勝力英樹、大相撲力士1977年 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見た北勝力英樹北勝力英樹

    殊勲賞 - 北勝力英樹(八角部屋・13勝2敗)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見た北勝力英樹北勝力英樹

    敢闘賞 - 朝青龍明徳(高砂部屋・11勝4敗)、北勝力英樹(八角部屋・11勝4敗)2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た北勝力英樹北勝力英樹

    2004年5月場所で新入幕となる。19歳1か月での新入幕は貴花田(後の横綱・貴乃花)、北の湖、花田(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった(外国人力士としては史上1位の若さ。)。その場所、千秋楽まで単独で優勝争いの先頭に立っていた北勝力を立合いの変化で破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱朝青龍の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田の18歳7か月に次ぐ19歳2か月の若さで初三賞(敢闘賞)を受賞した。新入幕での12勝は、15日制になってから歴代3位タイ。入幕を果たした際には「親方、一番強い人を倒したときの懸賞を持ってきます。待っていてください」と熊ケ谷親方(現:宮城野親方)と約束した。2004年11月場所11日目、白鵬は朝青龍を送り出しで破って初金星を獲得。その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。受け取ってください」と差し出した。この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「北勝力英樹」のニューストピックワード