71件中 11 - 20件表示
  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た皇牙篤

    小学校低学年からソフトボールを始め、高学年は野球部に所属していた。中学では野球部に所属する傍ら、父親の勧めで中学2年から柔道もしていた。それまで相撲の経験はなかったが、銭湯で九重部屋の関係者にスカウトされたことがきっかけで入門した。1993年3月場所、初土俵。同期には皇牙、旭南海、琴春日、琉鵬、若天狼、若兎馬らがいる。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た若兎馬裕三

    小学校低学年からソフトボールを始め、高学年は野球部に所属していた。中学では野球部に所属する傍ら、父親の勧めで中学2年から柔道もしていた。それまで相撲の経験はなかったが、銭湯で九重部屋の関係者にスカウトされたことがきっかけで入門した。1993年3月場所、初土俵。同期には皇牙、旭南海、琴春日、琉鵬、若天狼、若兎馬らがいる。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た北の富士勝昭

    師匠(元・北勝海)の師匠にあたるNHK大相撲中継の解説者・北の富士勝昭からは、何故か取り組みのたびに酷評を受けていた(ただ、北の富士は千代大海(現佐ノ山)など他の弟子筋の力士にも総じて辛口の論評を下している)。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た藤井康生

    相撲中継の実況担当・藤井康生アナウンサーにも「ほくとりき・・・あっ!ほくとうりき」と呼び間違えられた事がある。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た北の富士

    日本の一部のインターネット掲示板上では、「フニス」と呼ばれている。「不人気ワロス」の略で、北の富士からは、相手に合わせない立ち会いをする姿等を見て、「北勝力ってこんなに実力あるのにねぇ。人気がいまいちだよなぁ。もっと人気があってもおかしくないのに。」と言われ、ネット上で「不人気」と言われてしまった。なおファンサービスは良い。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た旭南海廣光

    小学校低学年からソフトボールを始め、高学年は野球部に所属していた。中学では野球部に所属する傍ら、父親の勧めで中学2年から柔道もしていた。それまで相撲の経験はなかったが、銭湯で九重部屋の関係者にスカウトされたことがきっかけで入門した。1993年3月場所、初土俵。同期には皇牙、旭南海、琴春日、琉鵬、若天狼、若兎馬らがいる。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た琉鵬政吉

    小学校低学年からソフトボールを始め、高学年は野球部に所属していた。中学では野球部に所属する傍ら、父親の勧めで中学2年から柔道もしていた。それまで相撲の経験はなかったが、銭湯で九重部屋の関係者にスカウトされたことがきっかけで入門した。1993年3月場所、初土俵。同期には皇牙、旭南海、琴春日、琉鵬、若天狼、若兎馬らがいる。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た刈屋富士雄

    同年7月場所9日目、NHK大相撲中継に向正面解説として初登場した。朝青龍の土俵入りでは、後ろで横綱の筋肉のつき方や動きを凝視していたことや、高見盛とは親しい友人だったが、高見盛の優しい性格を知りすぎてしまうと取り組みで自分の力を出し切れなくなると思い、あえて距離を置いたなど、現役時代の無口なイメージを払拭するようかのようにエピソードを披露。話の組み立ても上手であり分かりやすい解説を行った。実況担当の刈屋富士雄アナウンサーもその研究熱心さに驚いていた。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た福祉大相撲

    2003年の福祉大相撲のお楽しみ歌くらべでは、藤本美貴と共演している。師匠の八角から「美貴ちゃんと共演できるなんて羨ましい」というメッセージも届いていた。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た年寄名跡

    2002年1月場所、潮丸(現東関)と共に十両昇進。十両昇進後の1月・3月場所共に二桁勝利を収め、僅か2場所で5月場所に新入幕。2004年7月場所に新関脇に昇進。三役はこの1場所のみで小結は経験しなかった。好不調の波が激しい力士で、大勝と大敗を繰り返し大きく番付を動くことが多い。2006年は特にその傾向が顕著であった。2007年1月場所には十両落ちも経験した(同年5月場所に幕内に復帰)。2009年3月13日付で年寄名跡・谷川を取得した。2009年7月場所に2度目の十両陥落となる。2010年9月場所の12日目の前頭5枚目高見盛戦の立合いの際に、対戦相手の肩に顔面を強打し、土俵の真ん中で脳震盪を起こして倒れてしまう。すぐに意識は戻ったが、その場所の残り3日間と、翌場所と、翌々場所を休場する羽目になってしまった。この連続休場により2011年5月技量審査場所では幕下に陥落した。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「北勝力英樹」のニューストピックワード