71件中 41 - 50件表示
  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た栃木県

    北勝力英樹(ほくとうりき ひでき 1977年10月31日 - )は、栃木県那須郡黒羽町(現在の大田原市)出身(出生地は東京都大田区)で八角部屋(入門時は九重部屋)所属の元大相撲力士。本名は木村英樹(きむら ひでき)、愛称はリキ。 身長182cm、体重136kg、趣味は音楽鑑賞。得意技は突き、押し。最高位は西関脇(2004年7月場所)。引退後は年寄谷川。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た金星 (相撲)

    自己最高位タイの西前頭筆頭で迎えたこの場所は4日目まで大関戦3連破など連勝を重ねた。しかしその3番すべてで立合い突っ掛けてしまい審判部に呼び出され注意を受けた。好調は続き迎えた35連勝中の横綱朝青龍戦、2度の突っ掛けに横綱が精彩を欠いたか、引いたところを一気に出て押し倒す大金星を挙げ、両国国技館に座布団が舞った。その後四つに組まれた相撲で1敗を喫しさらには2度目の注意(厳重注意)を受けた。当時連勝街道をばく進していた朝青龍を止めた功績は大きかった。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た大相撲中継

    師匠(元・北勝海)の師匠にあたるNHK大相撲中継の解説者・北の富士勝昭からは、何故か取り組みのたびに酷評を受けていた(ただ、北の富士は千代大海(現佐ノ山)など他の弟子筋の力士にも総じて辛口の論評を下している)。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た身長

    北勝力英樹(ほくとうりき ひでき 1977年10月31日 - )は、栃木県那須郡黒羽町(現在の大田原市)出身(出生地は東京都大田区)で八角部屋(入門時は九重部屋)所属の元大相撲力士。本名は木村英樹(きむら ひでき)、愛称はリキ。 身長182cm、体重136kg、趣味は音楽鑑賞。得意技は突き、押し。最高位は西関脇(2004年7月場所)。引退後は年寄谷川。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た呼出

    千秋楽勝てば優勝の1番、この場所新入幕の前頭16枚目白鵬戦、相手がなかなか手をつこうとせず焦らされて低く立ったところを注文相撲で敗れ朝青龍との優勝決定戦にもつれ込んだ。諸手突きを止められもろ差しを許して万事休す。なお決定戦では呼出に誤って「千代…北勝力?」と呼び上げられてしまった。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た幕下

    2002年1月場所、潮丸(現東関)と共に十両昇進。十両昇進後の1月・3月場所共に二桁勝利を収め、僅か2場所で5月場所に新入幕。2004年7月場所に新関脇に昇進。三役はこの1場所のみで小結は経験しなかった。好不調の波が激しい力士で、大勝と大敗を繰り返し大きく番付を動くことが多い。2006年は特にその傾向が顕著であった。2007年1月場所には十両落ちも経験した(同年5月場所に幕内に復帰)。2009年3月13日付で年寄名跡・谷川を取得した。2009年7月場所に2度目の十両陥落となる。2010年9月場所の12日目の前頭5枚目高見盛戦の立合いの際に、対戦相手の肩に顔面を強打し、土俵の真ん中で脳震盪を起こして倒れてしまう。すぐに意識は戻ったが、その場所の残り3日間と、翌場所と、翌々場所を休場する羽目になってしまった。この連続休場により2011年5月技量審査場所では幕下に陥落した。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見たスポーツ解説者

    師匠(元・北勝海)の師匠にあたるNHK大相撲中継の解説者・北の富士勝昭からは、何故か取り組みのたびに酷評を受けていた(ただ、北の富士は千代大海(現佐ノ山)など他の弟子筋の力士にも総じて辛口の論評を下している)。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た横綱

    立合いから諸手で突いて、のど輪(特に右が強い)からそのまま一気に押して出る怪力型の取り口。ツボにはまれば電車道で勝負を決める豪快な相撲を見せ、観客を沸かせた。その一方で、四つ相撲は不得手であり、一度組まれると為す術がなく負けてしまう場合が殆どであった。また、腰が硬く胴が短い体型の為腰高な仕切りになり、また自分の呼吸で立とうとするため突っ掛けることが非常に多く、立合いは酷評されていた。立合いの不成立を繰り返し、審判からの注意や観客からのブーイングを受けることも少なくなかった。土俵上では感情を顔に出さないポーカーフェイス。「目標は横綱」「いつも15戦全勝するつもりで取っている」「この世界に入った時から(幕内最高)優勝を目標にやってきた」と強気に公言していた。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た前頭

    2002年1月場所、潮丸(現東関)と共に十両昇進。十両昇進後の1月・3月場所共に二桁勝利を収め、僅か2場所で5月場所に新入幕。2004年7月場所に新関脇に昇進。三役はこの1場所のみで小結は経験しなかった。好不調の波が激しい力士で、大勝と大敗を繰り返し大きく番付を動くことが多い。2006年は特にその傾向が顕著であった。2007年1月場所には十両落ちも経験した(同年5月場所に幕内に復帰)。2009年3月13日付で年寄名跡・谷川を取得した。2009年7月場所に2度目の十両陥落となる。2010年9月場所の12日目の前頭5枚目高見盛戦の立合いの際に、対戦相手の肩に顔面を強打し、土俵の真ん中で脳震盪を起こして倒れてしまう。すぐに意識は戻ったが、その場所の残り3日間と、翌場所と、翌々場所を休場する羽目になってしまった。この連続休場により2011年5月技量審査場所では幕下に陥落した。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た東関

    2002年1月場所、潮丸(現東関)と共に十両昇進。十両昇進後の1月・3月場所共に二桁勝利を収め、僅か2場所で5月場所に新入幕。2004年7月場所に新関脇に昇進。三役はこの1場所のみで小結は経験しなかった。好不調の波が激しい力士で、大勝と大敗を繰り返し大きく番付を動くことが多い。2006年は特にその傾向が顕著であった。2007年1月場所には十両落ちも経験した(同年5月場所に幕内に復帰)。2009年3月13日付で年寄名跡・谷川を取得した。2009年7月場所に2度目の十両陥落となる。2010年9月場所の12日目の前頭5枚目高見盛戦の立合いの際に、対戦相手の肩に顔面を強打し、土俵の真ん中で脳震盪を起こして倒れてしまう。すぐに意識は戻ったが、その場所の残り3日間と、翌場所と、翌々場所を休場する羽目になってしまった。この連続休場により2011年5月技量審査場所では幕下に陥落した。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「北勝力英樹」のニューストピックワード