北勢のできごと ニュース&Wiki etc.

北勢(ほくせい)とは、令制国の伊勢国の北部にあたる地域の名称で、現在の三重県を5つに区分した「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢(伊勢志摩)」「東紀州」のひとつ。人口は約万人。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北勢」のつながり調べ

  • 四日市市

    四日市市から見た北勢

    四日市市(よっかいちし)は、三重県北部に位置する県北部の中心都市で、国から施行時特例市と保健所政令市の指定を受けている。(四日市市 フレッシュアイペディアより)

  • 三重弁

    三重弁から見た北勢

    県内主流のアクセントは他の近畿方言と同様に京阪式アクセントである。これは、桑名市内を南北に流れる揖斐川の西側に分布する。対して揖斐川の東側は岐阜・愛知方言系の内輪東京式アクセントである。この明確な違いは、1930年に言語学者の服部四郎により発見された。(しかし、桑名市等の北勢地域では名古屋市等のベッドタウン化が進んでおり、東京式アクセント話者の流入も盛んである。そのため、以前よりはその違いが明瞭でなくなってきている。)(三重弁 フレッシュアイペディアより)

「北勢」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「北勢のできごと」のニューストピックワード