北勢のできごと ニュース&Wiki etc.

北勢(ほくせい)とは、令制国の伊勢国の北部にあたる地域の名称で、現在の三重県を5つに区分した「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢(伊勢志摩)」「東紀州」の1つ。人口は約83万人。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北勢」のつながり調べ

  • 伊勢茶

    伊勢茶から見た北勢

    三重県の茶産地は旧伊勢の国全域に広がっているが大きく分けると、鈴鹿山麓に広がる北勢地域と台高山脈に広がる南勢地域が代表的。全般的に煎茶を生産しているが、北勢地域はかぶせ茶、南勢地域は深蒸煎茶に特徴がある。(伊勢茶 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た北勢

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国、志摩国、伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部より構成される。旧律令国を4国も包括している県は珍しく、5国を包括している兵庫県についで2位である。このことは兵庫県同様三重県も、地域間の文化の違いや、習慣が多様であることを物語っている。(三重県 フレッシュアイペディアより)

「北勢」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「北勢のできごと」のニューストピックワード