54件中 11 - 20件表示
  • 伊勢七福神

    伊勢七福神から見た北勢北勢

    伊勢七福神(いせしちふくじん)は、三重県の桑名市・四日市市・鈴鹿市・亀山市の北勢地域に広がる7つの寺院により構成されている七福神の巡礼・札所。伊勢七福神 フレッシュアイペディアより)

  • 都饅頭 (三重県)

    都饅頭 (三重県)から見た北勢北勢

    三重県桑名市が発祥とされ、名産となっている。。近年では、製造・販売店が北勢地域に拡大し、広く親しまれている。製造・販売を行う和菓子店は多数あるが、代表的な店としては、花乃舎(桑名市南魚町)などがあげられる。都饅頭 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 四日市都市圏

    四日市都市圏から見た北勢北勢

    四日市都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢暴動

    伊勢暴動から見た北勢北勢

    1876年(明治9年)4月18日、度会県が三重県に編入され、現在とほぼ同じ領域を持つ三重県が誕生した。しかし、三重県誕生によってすぐ県下の政策方針が統一されたわけではなく、北勢(三重県北部)では1876年(明治9年)の米価を基準に地租を定めたのに対し、南勢(三重県南部)では1875年(明治8年)の米価を基準に定められた。1875年(明治8年)の方が1876年(明治9年)よりも米価が高かったため、南勢の農民の不満の種となった。また、地租は高いのに米を安く売らざるを得ず、更に米商人の買い叩きに遭い、その上櫛田川下流の三角州地帯は1876年(明治9年)9月に大雨で堤防が決壊、砂が田畑に流入するという多重苦に悩まされていた。伊勢暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 北勢地方

    北勢地方から見た北勢北勢

    北勢地方 フレッシュアイペディアより)

  • 南紀

    南紀から見た北勢北勢

    また、近世においても『紀伊続風土記』は「本国は上国にして南海道の首に居りて近国なり」(提綱第一・総論)と述べられており、畿内の南に位置する地方として、また、都から遠く隔たった辺境の地として認識されていたことが分かる。これに対し、隣接する三重県の地域区分には伊賀・北勢・南勢・志摩・南紀とあるが、ここでいう「南紀」とは、志摩の南島地方につづく南海道紀州地域ということが意識して使われるようになったものと考えられている。南紀 フレッシュアイペディアより)

  • 朝明川

    朝明川から見た北勢北勢

    朝明川(あさけがわ)は、三重県北部(北勢)を流れる河川。二級水系の本流である。朝明川 フレッシュアイペディアより)

  • 水郷県立自然公園

    水郷県立自然公園から見た北勢北勢

    水郷県立自然公園(すいごうけんりつしぜんこうえん)は三重県北部の水郷地帯に広がる県立自然公園である。1953年(昭和28年)10月1日に三重県が指定した。水郷県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 南勢

    南勢から見た北勢北勢

    南勢(なんせい)は三重県を北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つに区分したときのひとつである。旧伊勢国南部と旧志摩国からなる。なお、同地域を指して南勢志摩(なんせいしま)と称することもある。南勢 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道401号桑名四日市線

    三重県道401号桑名四日市線から見た北勢北勢

    三重県北勢地方の主要都市間を結び、交通量も多いが、1車線区間が多く残されている。三重県道401号桑名四日市線 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード