79件中 11 - 20件表示
  • 茂福城

    茂福城から見た北勢地方北勢

    茂福城(もちぶくじょう)は、かつて伊勢国北勢地方の朝明郡に存在した日本の城。北勢四十八家の朝倉氏の居城。三重県四日市市富田地区の小城。所在地は三重県四日市市富田地区茂福町。北緯は34°59,44であり、東経は136°38,45に位置する。茂福城 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市都市圏

    四日市都市圏から見た北勢北勢

    四日市都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北勢地方

    北勢地方から見た北勢北勢

    北勢地方 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道565号亀山城跡線

    三重県道565号亀山城跡線から見た北勢北勢

    国土交通省中部地方整備局 北勢国道事務所亀山庁舎三重県道565号亀山城跡線 フレッシュアイペディアより)

  • 三重運輸支局

    三重運輸支局から見た北勢北勢

    四日市庁舎 - 三重県北勢・伊賀地域及び津市・松阪市三重運輸支局 フレッシュアイペディアより)

  • 奄芸郡

    奄芸郡から見た北勢北勢

    北勢 - 現在の鈴鹿市域。奄芸郡 フレッシュアイペディアより)

  • 水郷県立自然公園

    水郷県立自然公園から見た北勢北勢

    水郷県立自然公園(すいごうけんりつしぜんこうえん)は三重県北部の水郷地帯に広がる県立自然公園である。1953年(昭和28年)10月1日に三重県が指定した。水郷県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 北勢町

    北勢町から見た北勢北勢

    北勢町(ほくせいちょう)は、かつて三重県員弁郡に存在した町。町名の由来は北勢地方から命名された。北勢町 フレッシュアイペディアより)

  • 富田城 (伊勢国)

    富田城 (伊勢国)から見た北勢地方北勢

    富田城(とみだじょう)は、かつて伊勢国北勢地方の朝明郡に存在した日本の城。北勢四十八家の南部氏の居城。三重県四日市市富田地区の小城。所在地は三重県四日市市の富田1丁目24番地?26番地。富田城 (伊勢国) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤伝七 (11代目)

    伊藤伝七 (11代目)から見た北勢地方北勢

    四日市市内の産業の近代化と軽工業から重工業で転換する工業化を推進した。近代都市四日市市の先駆けとなった紡績など繊維工業を発展させた先代伊藤伝七の哲学や理念を継承して、紡績工業・鉱工業を育成した。私財を投資して三岐鉄道の近鉄富田駅?西藤原駅間の日本横断鉄道の開設計画を実現させるなど、北勢地方の交通運輸の発展に貢献した。長期間に渡り四日市商工会議所会頭としての重責を果たした。四日市市内の中小企業の育成に力を入れ、四日市市立商工学校(三重県立四日市工業高等学校の前身)の建設など四日市市の教育産業の育成や文化産業に発展に力を注いだ。1959年(昭和34年)9月21日に四日市市によって四日市市名誉市民に推挙される。伊藤伝七 (11代目) フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード