79件中 21 - 30件表示
  • 南紀

    南紀から見た北勢北勢

    また、近世においても『紀伊続風土記』は「本国は上国にして南海道の首に居りて近国なり」(提綱第一・総論)と述べられており、畿内の南に位置する地方として、また、都から遠く隔たった辺境の地として認識されていたことが分かる。これに対し、隣接する三重県の地域区分には伊賀・北勢・南勢・志摩・南紀とあるが、ここでいう「南紀」とは、志摩の南島地方につづく南海道紀州地域ということが意識して使われるようになったものと考えられている。南紀 フレッシュアイペディアより)

  • タイムリー (コンビニエンスストア)

    タイムリー (コンビニエンスストア)から見た北勢地方北勢

    岐阜県高山市に本社を構え、岐阜県飛騨地方を中心に店舗出店を展開。他地域では岐阜県美濃地方や愛知県、三重県北勢地方、長野県木曽地方、富山県、和歌山県、福井県、石川県、徳島県などにも店舗が存在した。タイムリー (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • 三重名鉄タクシー

    三重名鉄タクシーから見た北勢北勢

    名鉄四日市タクシー - 三重県北部で事業を展開。三重名鉄タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 平田佐矩

    平田佐矩から見た北勢北勢

    1961年(昭和36年)に北勢3市(四日市市・桑名市・鈴鹿市)の連合都市構想を推進して、四日市コンビナート・日本横断運河・本田技研工業鈴鹿工場・四日市港がある四日市市・鈴鹿市・桑名市が協力して政令指定都市を目指す。中部経済連合会の(四日市市・桑名市・川越町)の二市一町の合併構想への対案であった。1961年(昭和36年)に、名古屋市と四日市間に新しい道路と鉄道を建設して、四日市港沖に埋め立てによって人工島を造成して「四日市国際空港」を建設する。三重県一の人口と経済都市である四日市市に三重県の県庁所在地を移転したい。平田佐矩 フレッシュアイペディアより)

  • 霧山城

    霧山城から見た北勢北勢

    永禄(1558年 - 1570年)末期になると、織田信長が北勢(伊勢国北部)に侵攻してきたため、霧山城に次ぐ要衝であった大河内城へ本拠を移した。『甲陽軍鑑』にも霧山城 フレッシュアイペディアより)

  • 香良洲町

    香良洲町から見た北勢北勢

    香良洲町では水産加工業が工業の中心にあったため、水産加工業の縮小により、戦後は一貫して工業生産は減少していた。しかし1965年(昭和40年)3月に、中勢から南勢にかけての沿岸部を北勢に次ぐ県下第二の工業地帯とする『地域別総合開発構想』を三重県が発表し、1968年(昭和43年)には日本石油(日石)が香良洲町への進出を表明した。日石は石油精製工場や研究所の建設のために埋め立てを行う予定であったが、住民の反対により計画は取りやめとなった。その後三重県は1973年(昭和48年)に香良洲町を農村工業導入促進地域に指定、1986年(昭和61年)にマリンフーズが、翌1987年(昭和62年)にはフタバ食品の誘致に成功し、三重県初の食品工業団地が形成された。香良洲町 フレッシュアイペディアより)

  • 願証寺

    願証寺から見た北勢北勢

    願証寺のある長島は、木曽三川が伊勢湾に流れ込むデルタ地帯にできた砂州の島で、伊勢に属してはいるものの、北勢・尾張海西郡・南濃域が一体化した「河内」と呼ばれる生活圏を形成していた。また、伊勢湾が現代より内陸に広がっていた当時においては、伊勢桑名・尾張熱田間の海上交通を扼する要衝でもあった。長島は本願寺一族寺院である願証寺の領域として、大名や領主の権力の及ばない事実上の治外法権を有するに至り、織田信長に敗れた斎藤龍興がここに逃げ込むなど、信長にとっては敵方の巣窟となっていた。願証寺 フレッシュアイペディアより)

  • 中勢

    中勢から見た北勢北勢

    中勢(ちゅうせい)とは、令制国の伊勢国の中部にあたる地域の名称で、現在の三重県を5つに区分した「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢(伊勢志摩)」「東紀州」のひとつ。人口は約52万人。中勢 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山市立医療センター

    亀山市立医療センターから見た北勢北勢

    亀山市立医療センター(かめやましりついりょうせんたー)は、三重県亀山市にある北勢保健医療圏内医療機関の一つ。1990年(平成2年)6月1日に設置された市立の病院である。亀山市立医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 松岡直右衛門

    松岡直右衛門から見た北勢地方北勢

    北勢地方の農家に竹成米を奨励した。種子の頒布が行われた。遺伝子分与を受けた菰野の村人は、直右衛門の名前から「直」ように、倒伏するくらいに良くできる良質であると、一反に十俵の収穫があるほど優秀であるということから「倒十」と命名した。松岡直右衛門 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード