54件中 21 - 30件表示
  • 三重県立尾鷲高等学校

    三重県立尾鷲高等学校から見た北勢北勢

    その後、尾鷲町民の中等教育機関設置の熱意に応じて時の北牟婁郡長・後藤一郎らは三重県知事・山脇春樹に働きかけ、三重県立尾鷲高等女学校の設立認可に漕ぎ着けた。1922年(大正11年)1月31日のことである。建設には土井八郎兵衛が多額の寄付を行ったため、尾鷲高女は「土井学校」と呼ばれた。入学試験は1922年(大正11年)3月30日に行われ、地元北牟婁郡は元より北勢の桑名郡や員弁郡、更に奈良県や和歌山県からも受験生を集めた。三重県立尾鷲高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀

    伊賀から見た北勢北勢

    三重県庁は、三重県を「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢(伊勢志摩)」「東紀州」の5つの地域に区分しており、旧伊賀国の地域は「伊賀地方」と呼ばれる。伊賀 フレッシュアイペディアより)

  • 願証寺

    願証寺から見た北勢北勢

    願証寺のある長島は、木曽三川が伊勢湾に流れ込むデルタ地帯にできた砂州の島で、伊勢に属してはいるものの、北勢・尾張海西郡・南濃域が一体化した「河内」と呼ばれる生活圏を形成していた。また、伊勢湾が現代より内陸に広がっていた当時においては、伊勢桑名・尾張熱田間の海上交通を扼する要衝でもあった。長島は本願寺一族寺院である願証寺の領域として、大名や領主の権力の及ばない事実上の治外法権を有するに至り、織田信長に敗れた斎藤龍興がここに逃げ込むなど、信長にとっては敵方の巣窟となっていた。願証寺 フレッシュアイペディアより)

  • 千種家

    千種家から見た北勢北勢

    村上源氏久我流六条家庶流。六条有忠の子忠顕を家祖とする。北勢四十八家の首班千種氏はこの末裔と伝えられるが、系譜は定かでない。千種家 フレッシュアイペディアより)

  • 霧山城

    霧山城から見た北勢北勢

    永禄(1558年 - 1570年)末期になると、織田信長が北勢(伊勢国北部)に侵攻してきたため、霧山城に次ぐ要衝であった大河内城へ本拠を移した。『甲陽軍鑑』にも霧山城 フレッシュアイペディアより)

  • 東紀州

    東紀州から見た北勢北勢

    東紀州(ひがしきしゅう)とは、三重県を北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つに区分した地域の一つ。牟婁(むろ)地区ともいう。東紀州 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道565号亀山城跡線

    三重県道565号亀山城跡線から見た北勢北勢

    国土交通省中部地方整備局 北勢国道事務所亀山庁舎三重県道565号亀山城跡線 フレッシュアイペディアより)

  • 関西線 (名古屋地区)

    関西線 (名古屋地区)から見た北勢北勢

    愛知県から三重県の北勢・中勢地方を結ぶ。名古屋駅 - 四日市駅間では近畿日本鉄道(近鉄)の名古屋線と並走している。名古屋駅 - 河原田駅間は紀勢本線に付随する路線と化し、伊勢・南紀方面に向かう快速や特急が通過する一方で、河原田駅 - 亀山駅間は通勤・通学輸送に徹している。関西線 (名古屋地区) フレッシュアイペディアより)

  • 平田佐次郎 (初代)

    平田佐次郎 (初代)から見た北勢北勢

    水越家から平田家へ養子に行き、平田家から宗村家へ養子へ出たのが平田紡績家だが、廻船問屋だった富田一色平田家は、北勢地方の四日市市周辺の平田姓は飛騨国から移住した一族で平氏の平が変換して平田姓となったと云う見方がある。平田佐次郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 伊東里き

    伊東里きから見た北勢北勢

    これをきっかけに片田村では、里きを頼ってアメリカへ移住する者が急増し、片田村は「アメリカ村」(三重のアメリカ村、志摩のアメリカ村とも)と呼ばれるようになった。この動きは国策によって移住した北勢(三重県北部)の移民とは異なる潮流であり、移民斡旋業者にも頼らない、他の都道府県には見られない特異な現象であった。その中の一人に1900年(明治33年)にアメリカに渡った竹内乙蔵がおり、1909年(明治42年)4月10日に発足した南加三重県人会(なんかみえけんじんかい、)の発起人となった。伊東里き フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード