79件中 31 - 40件表示
  • 伊勢暴動

    伊勢暴動から見た北勢北勢

    1876年(明治9年)4月18日、度会県が三重県に編入され、現在とほぼ同じ領域を持つ三重県が誕生した。しかし、三重県誕生によってすぐ県下の政策方針が統一されたわけではなく、北勢(三重県北部)では1876年(明治9年)の米価を基準に地租を定めたのに対し、南勢(三重県南部)では1875年(明治8年)の米価を基準に定められた。1875年(明治8年)の方が1876年(明治9年)よりも米価が高かったため、南勢の農民の不満の種となった。また、地租は高いのに米を安く売らざるを得ず、更に米商人の買い叩きに遭い、その上櫛田川下流の三角州地帯は1876年(明治9年)9月に大雨で堤防が決壊、砂が田畑に流入するという多重苦に悩まされていた。伊勢暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 養老-桑名-四日市断層帯

    養老-桑名-四日市断層帯から見た北勢北勢

    養老-桑名-四日市断層帯(ようろう-くわな-よっかいちだんそうたい)は、岐阜県西濃地域と三重県北勢地域に跨って存在する断層帯である。養老-桑名-四日市断層帯 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪スポーツ

    大阪スポーツから見た北勢北勢

    滋賀県湖東(彦根市・米原市など)・湖北地方(長浜市など)と三重県の北勢地方(四日市市・桑名市など)・中南勢地方(津市・伊勢志摩など)は中京スポーツ、広島県安芸地方(広島市・廿日市市など)と島根県石見地方(浜田市・益田市など)は九州スポーツの管轄エリアとなる。大阪スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 平田佐次郎 (初代)

    平田佐次郎 (初代)から見た北勢北勢

    水越家から平田家へ養子に行き、平田家から宗村家へ養子へ出たのが平田紡績家だが、廻船問屋だった富田一色平田家は、北勢地方の四日市市周辺の平田姓は飛騨国から移住した一族で平氏の平が変換して平田姓となったと云う見方がある。平田佐次郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 北畠顕泰

    北畠顕泰から見た北勢北勢

    元中6年/康応元年(1389年)3月、北伊勢に進出し、武家方の一色詮範・仁木満長らと交戦。この年には大和宇陀郡を攻略したというが、先の元中4年/嘉慶元年(1387年)に同郡室生庄下司の間で起きた違乱に関して、顕泰がその調停に介入していることから、当郡は元来北畠氏の勢力圏にあったと考えられよう。北畠顕泰 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東里き

    伊東里きから見た北勢北勢

    これをきっかけに片田村では、里きを頼ってアメリカへ移住する者が急増し、片田村は「アメリカ村」(三重のアメリカ村、志摩のアメリカ村とも)と呼ばれるようになった。この動きは国策によって移住した北勢(三重県北部)の移民とは異なる潮流であり、移民斡旋業者にも頼らない、他の都道府県には見られない特異な現象であった。その中の一人に1900年(明治33年)にアメリカに渡った竹内乙蔵がおり、1909年(明治42年)4月10日に発足した南加三重県人会(なんかみえけんじんかい、)の発起人となった。伊東里き フレッシュアイペディアより)

  • 白子町 (三重県)

    白子町 (三重県)から見た北勢北勢

    白子町(しろこちょう)は三重県北勢地域にあった町。河芸郡に属していた。1942年(昭和17年)12月1日に神戸町など1町12村と町村合併して鈴鹿市になったことにより廃止した。白子町 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 茂福合戦

    茂福合戦から見た北勢北勢

    戦国時代の1560年(永禄3年)の茂福合戦があった時には、救援に富田浜に上陸した神戸氏軍による伊勢湾からの上陸作戦の際に富田の一本松が上陸をする目印となった。永禄2年に関氏が白子・鹿伏兎の軍を率いて北勢地域を制圧する報を聞いた関氏の一族の赤堀国虎は、先手必勝で茂福城を占領する作戦を断行した。茂福城の朝倉氏はいち早く侵攻を予測して、富田城主の南部頼武、萱生城主の春日部俊世、柿城主の沼木氏の援軍を得て防備を厳重に固めていた。茂福城の攻防戦は関氏の援軍が加勢して関氏の軍勢と赤堀氏の軍勢は1500余騎であったが、朝倉為豊は300余騎を引き連れて茂福城を脱出して、南富田地域の北村村と天王林地域を通り大矢知地域の鵤方面から背後を奇襲したので、関勢は志氏野へと後退した。後退した時に神戸友盛は2000余騎を80隻の船団に乗せて伊勢湾より富田六郷の東富田村周辺の富田浦(富田浜海水浴場)に上陸して泥だらけ土地帯を走って茂福城に入城した。伊勢湾から来た神戸の援軍を得た茂福城の朝倉氏と富田城の南部氏の軍勢は志氏野方面と羽津城を攻撃したので、攻撃を受けた関氏の軍勢は赤堀城で敗走した。関氏と赤堀氏の軍勢の茂福城の攻撃や阿倉川城や赤堀城でも激戦があった。茂福合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 北畠顕能

    北畠顕能から見た北勢北勢

    正平16年/康安元年(1361年)敵対していた伊勢守護仁木義長が南朝に降ると、顕能はこれを機に北勢・伊賀方面へ進出したが、義長を美濃から攻める土岐氏とも衝突し、伊勢は北畠・仁木・土岐の三者が鼎立する情勢となった。また同じ頃、伊勢在国のまま内大臣に任じられたらしく、このことは『古和文書』にある正平24年(1369年)10月3日付の御教書に「北畠前内大臣家」と見えていることからも裏付けられよう。北畠顕能 フレッシュアイペディアより)

  • 胡椒汁

    胡椒汁から見た北勢地方北勢

    胡椒汁(こしょうじる)三重県北勢地方から、愛知県西部、岐阜県南部まで分布する料理のひとつで、葬儀の際に出され「涙汁(なみだじる)」とも呼ばれる汁物。胡椒を入れたすまし汁で辛味がある。胡椒汁 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード