79件中 41 - 50件表示
  • 大内山牛乳

    大内山牛乳から見た北勢北勢

    名称は大内山牛乳であるが、大紀町大内山地区だけでなく北勢から東紀州まで生産地域は三重県内広域に渡る。牛乳以外にも多種多様な乳製品を商品展開する。大内山牛乳 フレッシュアイペディアより)

  • 東員町総合文化センター

    東員町総合文化センターから見た北勢北勢

    同じ北勢地方の四日市市で開催される「四日市の第九」がドイツ語で歌唱されるのに対し、東員町では「日本の第九」と銘打っているように、なかにし礼が作詞した日本語の歌詞で歌うのが特徴である。日本語で歌うことになったきっかけは、隣接する桑名市で1987年(昭和62年)8月30日に市制施行50周年記念になかにしの日本語歌詞で初めて歌ったことによる。日本語歌詞で第九を歌う地域は東員町のほかに神奈川県鎌倉市、福井県小浜市、滋賀県今津町(現・高島市)山口県萩市などがあり、1995年(平成7年)には東員町、小浜市、萩市の合唱団が共同でアメリカ・ニューヨークのカーネギー・ホールで日本語歌詞の第九を披露し、喝采(かっさい)を浴びたこともある。東員町総合文化センター フレッシュアイペディアより)

  • 前川辰男

    前川辰男から見た北勢北勢

    日本共産党北勢地区委員会(橋本健治北勢地区委員長)前川辰男 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立尾鷲高等学校

    三重県立尾鷲高等学校から見た北勢北勢

    その後、尾鷲町民の中等教育機関設置の熱意に応じて時の北牟婁郡長・後藤一郎らは三重県知事・山脇春樹に働きかけ、三重県立尾鷲高等女学校の設立認可に漕ぎ着けた。1922年(大正11年)1月31日のことである。建設には土井八郎兵衛が多額の寄付を行ったため、尾鷲高女は「土井学校」と呼ばれた。入学試験は1922年(大正11年)3月30日に行われ、地元北牟婁郡は元より北勢の桑名郡や員弁郡、更に奈良県や和歌山県からも受験生を集めた。三重県立尾鷲高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 朝明市構想

    朝明市構想から見た北勢地方北勢

    富洲原出身の片岡恒一三重県議会議員と早川三郎三重県知事の間で富洲原港を四日市港の副商業港へ大拡張する計画があった。富田町は富洲原町ほど人口急増しなかったが、市街化が進行した。昭和4年度の職業戸数は商業479戸、工業193戸、公務自由業186戸、交通業51戸、その他220戸、水産業275戸、農業212戸であった。富田港は規模が小さくて付近には富田浜海水浴場があった。大正期に三重具富洲原町の富田一色出身の伊藤平治郎が推進した上水道及び下水道計画の相乗りのチャンスのため富洲原町との対等合併話があったが不調に終わった。1934年(昭和9年)5月に木曽三川の国道1号の架橋完成で北勢地方は愛知県と国道で結ばれた。昭和10年代に三重県は北勢地方の工業化を進める経済政策で、富洲原港の大改修計画を中心に新市を誕生させる事として、仮称名朝明市の建設を指導した。1934年(昭和9年)4月に着任した松崎謙二郎内務部長は三重県北部の北勢地方を視察した後、三重郡富田町・三重郡富洲原町・三重郡川越村の旧朝明郡地域の市町村合併構想を推進した。松崎三重県内務部長は三重郡富田町(現在の四日市市富田地区)・三重郡富洲原町(現在の四日市市冨洲原地区)・三重郡川越村(現在の三重郡川越町)の3町村に対して積極的に合併を提案して朝明市建設の父として内務省・三重県各機関に呼びかけて朝明郡地域の統合を懸案とした。3町村の合併は将来的に昭和10年代中に実現されると観測されたが、富田・富洲原・川越の3町村合併後の人口は27000人余りで3万人の市制施行の基準に到達しないので、富田・富洲原・川越の3町村の他、大矢知素麺で有名な三重郡大矢知村の同時にが合併する必要性があり、三重県内務部長は4月10日に大矢知村長の森為吉の参庁を求めて桃井地方課長と共に会見して、大矢知村も朝明市構想の合併区域となり4町村の合併実現により朝明市制の実現が進展した。伊勢新聞で大野富田町長が「朝明市」構想を打ち上げた。この朝明市構想に関係して1934年(昭和9年)8月30日に、三重郡富田町の町議会・三重郡富洲原町の町議会はいずれも満場一致で朝明市建設賛成の決議をした。三重郡川越村・三重郡大矢知村は「一躍朝明市制実施による三段跳びがはたして各村落の永久の福利をもたらすや否かやに関係しては慎重な態度が必要であり、両村共同戦線を布いて(伊勢新聞昭和9年12月28日全国の市町村合併の事例を調査するなど慎重な態度をとった。川越・大矢知両村とも合併の趣旨には賛成であったので、朝明市実現は時間の問題と見られていた。翌年の1935年(昭和10年)1月19日に推進役の松崎三重県内務部長・桃井三重県地方課長が転出したが、後任の熊野英三重県総務部長(内務部長から総務部長に職名変更)は引き続き朝明市建設推進論を唱えた。朝明市構想 フレッシュアイペディアより)

  • 朝明市構想

    朝明市構想から見た北勢北勢

    富洲原出身の片岡恒一三重県議会議員と早川三郎三重県知事の間で富洲原港を四日市港の副商業港へ大拡張する計画があった。富田町は富洲原町ほど人口急増しなかったが、市街化が進行した。昭和4年度の職業戸数は商業479戸、工業193戸、公務自由業186戸、交通業51戸、その他220戸、水産業275戸、農業212戸であった。富田港は規模が小さくて付近には富田浜海水浴場があった。大正期に三重具富洲原町の富田一色出身の伊藤平治郎が推進した上水道及び下水道計画の相乗りのチャンスのため富洲原町との対等合併話があったが不調に終わった。1934年(昭和9年)5月に木曽三川の国道1号の架橋完成で北勢地方は愛知県と国道で結ばれた。昭和10年代に三重県は北勢地方の工業化を進める経済政策で、富洲原港の大改修計画を中心に新市を誕生させる事として、仮称名朝明市の建設を指導した。1934年(昭和9年)4月に着任した松崎謙二郎内務部長は三重県北部の北勢地方を視察した後、三重郡富田町・三重郡富洲原町・三重郡川越村の旧朝明郡地域の市町村合併構想を推進した。松崎三重県内務部長は三重郡富田町(現在の四日市市富田地区)・三重郡富洲原町(現在の四日市市冨洲原地区)・三重郡川越村(現在の三重郡川越町)の3町村に対して積極的に合併を提案して朝明市建設の父として内務省・三重県各機関に呼びかけて朝明郡地域の統合を懸案とした。3町村の合併は将来的に昭和10年代中に実現されると観測されたが、富田・富洲原・川越の3町村合併後の人口は27000人余りで3万人の市制施行の基準に到達しないので、富田・富洲原・川越の3町村の他、大矢知素麺で有名な三重郡大矢知村の同時にが合併する必要性があり、三重県内務部長は4月10日に大矢知村長の森為吉の参庁を求めて桃井地方課長と共に会見して、大矢知村も朝明市構想の合併区域となり4町村の合併実現により朝明市制の実現が進展した。伊勢新聞で大野富田町長が「朝明市」構想を打ち上げた。この朝明市構想に関係して1934年(昭和9年)8月30日に、三重郡富田町の町議会・三重郡富洲原町の町議会はいずれも満場一致で朝明市建設賛成の決議をした。三重郡川越村・三重郡大矢知村は「一躍朝明市制実施による三段跳びがはたして各村落の永久の福利をもたらすや否かやに関係しては慎重な態度が必要であり、両村共同戦線を布いて(伊勢新聞昭和9年12月28日全国の市町村合併の事例を調査するなど慎重な態度をとった。川越・大矢知両村とも合併の趣旨には賛成であったので、朝明市実現は時間の問題と見られていた。翌年の1935年(昭和10年)1月19日に推進役の松崎三重県内務部長・桃井三重県地方課長が転出したが、後任の熊野英三重県総務部長(内務部長から総務部長に職名変更)は引き続き朝明市建設推進論を唱えた。朝明市構想 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立熊野古道センター

    三重県立熊野古道センターから見た北勢北勢

    熊野古道伊勢路は伊勢神宮と熊野三山を結ぶ道として庶民に利用されてきたが、鉄道や自動車通行可能な道路の整備に伴って忘れ去られた道となった。こうした情勢で、1970年代頃より一部の地域住民が山中に埋もれた古道の掘り起こしや古道ウォーキングなどの活動を開始した。その活動者の中に、後にNPO理事長として熊野古道センター長を務めることになる花尻薫がいた。一方、尾鷲市のある東紀州は典型的な過疎地域であり、三重県北部と比較すると経済格差が大きく生活基盤施設の整備が遅れ、「南北問題」と称されている。三重県は1997年(平成9年)に東紀州の活性化に向けた構想を発表し、紀北にPFIを利用した海洋深層水の利用施設を、紀南にゴルフ場を建設する計画が立案された。紀南の構想は進んだものの、紀北の海洋深層水事業は需要見込みが不透明で採算性に難があったために頓挫し、それに代わるものとして提案されたのが「熊野古道センター」であった。この頃より住民活動であった熊野古道の保存に行政が関与するようになり、1999年(平成11年)に開催された東紀州体験フェスタを契機として熊野古道への一般市民の関心が高まっていった。東紀州体験フェスタは約6万人を熊野古道に集客しただけでなく、後に世界遺産となる部分の古道の修復が進むこととなった。三重県立熊野古道センター フレッシュアイペディアより)

  • 北勢電気

    北勢電気から見た北勢北勢

    1897年(明治30年)に三重県四日市市にて開業。明治末期以後四日市市外にも進出、北勢地方全体に供給区域を拡大し、1914年(大正3年)には社名を四日市電灯から北勢電気へ社名を変更した。1922年(大正11年)に関西電気(後の東邦電力)に合併された。北勢電気 フレッシュアイペディアより)

  • 南勢

    南勢から見た北勢北勢

    南勢(なんせい)は三重県を北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つに区分したときのひとつである。旧伊勢国南部と旧志摩国からなる。なお、同地域を指して南勢志摩(なんせいしま)と称することもある。南勢 フレッシュアイペディアより)

  • 都饅頭 (三重県)

    都饅頭 (三重県)から見た北勢北勢

    三重県桑名市が発祥とされ、名産となっている。。近年では、製造・販売店が北勢地域に拡大し、広く親しまれている。製造・販売を行う和菓子店は多数あるが、代表的な店としては、花乃舎(桑名市南魚町)などがあげられる。都饅頭 (三重県) フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード