79件中 51 - 60件表示
  • 天ヶ須賀 (四日市市)

    天ヶ須賀 (四日市市)から見た北勢地方北勢

    江戸時代初期に東海地方の伊勢国の北勢地方に疫病が大流行して、易者に占ってもらうと、朝明郡天ヶ須賀の住民であるこの地方の村民はない日の生活の追われて先祖供養を怠り、この疫病を鎮めるには若い元気な娘を生きたまま火祭りにしなければならなかった。この話を聞いた天ヶ須賀村の長老は早速天ヶ須賀村民を集結させて相談したが話がまとまらず、疫病はますます広がった。この時に、天ヶ須賀村の18歳になるしまとこまの2人の娘が、人柱に立つことを申し出て、火祭りに処されて、それによって天ヶ須賀村にあれほど流行していた疫病が止まったと云う昔話でしなとこまと火祭りに逸話である。天ヶ須賀の村人たちは、富田3丁目の長興寺まで送る道すがら、火祭りにされた2人の娘のしなとこまの心中を思い、鉦や太鼓ではやしたて、できるだけ賑やかに道中を練り歩いた。伝承では盆の練りの行事はこれが変化したものである。戦前の大日本帝国時代は三重郡富洲原町で、鉦を太鼓による練りが天ヶ須賀住吉神社に奉納されると、数10束の藁に火をつけて、12本の竹串の先につけた藁人形を掛け声とともに燃やした。天ヶ須賀 (四日市市) フレッシュアイペディアより)

  • 四日市市立博物館

    四日市市立博物館から見た北勢北勢

    改装前の四日市市立博物館は、1階を情報コーナー、2・3階を常設展示室、4階を特別展示室とし、5階はプラネタリウムであった。常設展は「伊勢湾(うみ)と鈴鹿山脈(やま)のある四日市の文化と生活環境」をテーマとし、四日市市を含む北勢地域の歴史についての展示を行っていた。四日市市平津新町で発掘されたアケボノゾウの骨格復元模型が入り口に置かれていた。展示は6つのテーマに区分され、地質時代から現代まで順に「北勢地域のおいたちと自然環境」、「元始・古代の人々の生活」、「四日市の四日市庭浦の成立」、「東海道と伊勢参宮道の賑わい」、「四日市港と近代産業の発展」、「戦災からの復興と都市の創造」となっていた。地学資料・考古資料や史料だけでなく、ジオラマを多用した展示が特徴であった。四日市市立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 三重弁

    三重弁から見た北勢北勢

    県内主流のアクセントは他の近畿方言と同様に京阪式アクセントである。これは、桑名市内を南北に流れる揖斐川の西側に分布する。対して揖斐川の東側は岐阜・愛知方言系の内輪東京式アクセントである。この明確な違いは、1930年に言語学者の服部四郎により発見された。(しかし、桑名市等の北勢地域では名古屋市等のベッドタウン化が進んでおり、東京式アクセント話者の流入も盛んである。そのため、以前よりはその違いが明瞭でなくなってきている。)三重弁 フレッシュアイペディアより)

  • 三岐鉄道

    三岐鉄道から見た北勢北勢

    三岐鉄道株式会社(さんぎてつどう)は、三重県北部の北勢地域で三岐線と北勢線の鉄道2路線を運営するほか、路線バス・貸切バス事業などを行っている鉄道会社である。三岐鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢平野

    伊勢平野から見た北勢北勢

    一般には温和な気候である。年平均気温は14?16℃、年間降水量1700mm程度で積雪は少ないが、北部(北勢)は比較的降雪がある。伊勢平野 フレッシュアイペディアより)

  • 日本全国の銘菓

    日本全国の銘菓から見た北勢北勢

    都饅頭(北勢地域)発祥は桑名日本全国の銘菓 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢知素麺

    大矢知素麺から見た北勢北勢

    三重県の北勢地域は小麦産地であり、大矢知周辺は朝明川の清流と鈴鹿おろしの吹く環境を背景として、素麺作りに適した条件が整っていた。大矢知素麺 フレッシュアイペディアより)

  • 河芸郡

    河芸郡から見た北勢北勢

    北勢 - 現在の鈴鹿市域。河芸郡 フレッシュアイペディアより)

  • 千種家

    千種家から見た北勢北勢

    村上源氏久我流六条家庶流。六条有忠の子忠顕を家祖とする。北勢四十八家の首班千種氏はこの末裔と伝えられるが、系譜は定かでない。千種家 フレッシュアイペディアより)

  • 双子都市

    双子都市から見た北勢北勢

    四日市市と鈴鹿市(ともに三重県) - 四日市都市圏を形成双子都市 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード