79件中 61 - 70件表示
  • 伊勢弁

    伊勢弁から見た北勢北勢

    一方、近年北勢では全国各地から中京工業地帯で働くために移住して来た者や、名古屋方面の内輪東京式アクセント使用地域に通勤する者が多数居る。2001年の調査結果から、桑名市の若年層では東京式アクセントに変化しつつあると指摘されている。伊勢弁 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道401号桑名四日市線

    三重県道401号桑名四日市線から見た北勢北勢

    三重県北勢地方の主要都市間を結び、交通量も多いが、1車線区間が多く残されている。三重県道401号桑名四日市線 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日町 (三重県)

    朝日町 (三重県)から見た北勢北勢

    朝日町(あさひちょう)は、三重県北勢地域にある町で、三重県で一番面積が小さい自治体である。東側は川越町、北側は桑名市、南側は四日市市と隣接している。朝日町 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィアティン三重

    ヴィアティン三重から見た北勢北勢

    ホームタウンは「桑名市・四日市市を中心とする三重県全域」としているが、2015年2月設立の「ヴィアティン三重後援会」には三重県北勢地域の企業が多く参加し、北勢地域の4市3町(桑名市・四日市市・亀山市・いなべ市・木曽岬町・菰野町・朝日町)の首長が名誉顧問として参加している。ホームスタジアムは、四日市中央緑地陸上競技場(四日市市)、東員町スポーツ公園陸上競技場(東員町)、上野運動公園競技場(伊賀市)で、JFLに昇格した2017年からは三重交通Gスポーツの杜鈴鹿(県営鈴鹿スポーツガーデン)サッカー・ラグビー場(鈴鹿市)も併用する。練習は主にNTN総合運動公園(桑名市総合運動公園)サッカー場で行う。ヴィアティン三重 フレッシュアイペディアより)

  • 東海地方

    東海地方から見た北勢北勢

    三重県から愛知県、静岡県の沿岸が太平洋側気候、三重県の伊賀と岐阜県の大部分が内陸性気候、岐阜県西濃から飛騨地方が日本海側気候である。濃尾平野の夏は高温多湿で、全国でも有数の酷暑地帯である。冬は、濃尾平野で伊吹おろしという乾燥した冷たい風が吹くため、体感温度が北日本並みにまで低下する日がある。強い冬型の気圧配置になると、雪雲が日本海から伊吹山地や鈴鹿山脈を越えて、岐阜県西濃や愛知県西部、三重県北部などに大雪を降らせることがある。近年の稀有な記録的大雪例として、1995年(平成7年)12月25日から12月27日にかけての寒波で、三重県四日市市で最深積雪53cm、1996年(平成8年)1月9日から1月10日にかけての寒波で、岐阜県岐阜市で最深積雪48cmの大雪を記録した。岐阜県と静岡県の一部は豪雪地帯に指定されているところがある。三重県南部は雨の多い地域で、台風が頻繁に通過することから「台風銀座」と呼ばれている。東海地方 フレッシュアイペディアより)

  • 国道163号

    国道163号から見た北勢北勢

    大阪市 - 伊賀市の区間は、名阪国道の伊賀以東と組み合わせると、名古屋・北勢方面から大阪への最短ルートとなるためトラックの通行量が多い。国道163号 フレッシュアイペディアより)

  • 東紀州

    東紀州から見た北勢北勢

    東紀州(ひがしきしゅう)とは、三重県を北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つに区分した地域のひとつで、同県の南西部にあたる。牟婁(むろ)地区ともいう。東紀州 フレッシュアイペディアより)

  • 世界祝祭博覧会

    世界祝祭博覧会から見た北勢北勢

    北勢の技ゾーン」「中南勢の技ゾーン」「伊勢志摩の技ゾーン」「伊賀の技ゾーン」「東紀州の技ゾーン」で、各地域の文化や産業特性等を紹介。世界祝祭博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀

    伊賀から見た北勢北勢

    三重県庁は、三重県を「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢(伊勢志摩)」「東紀州」の5つの地域に区分しており、旧伊賀国の地域は「伊賀地方」と呼ばれる。伊賀 フレッシュアイペディアより)

  • 朝明川

    朝明川から見た北勢北勢

    朝明川(あさけがわ)は、三重県北部(北勢)を流れる河川。二級水系の本流である。朝明川 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード