1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 民主王国

    民主王国から見た北勢北勢

    複数の民主党系議員を選出し続けている北海道・岩手県・福島県・東京都・新潟県・山梨県・長野県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・奈良県・大分県・長崎県などは民主王国と呼ばれることがあり、中でも三重県は名古屋に近い四日市市・桑名市・鈴鹿市・いなべ市などの北勢地域が民主王国である。民主王国 フレッシュアイペディアより)

  • 津松阪港

    津松阪港から見た北勢北勢

    古代には安濃郡の港として安濃津(あののつ、あのつ)、転訛して洞津(あなのつ、どうしん)と呼ばれた港で、平清盛がこの港から熊野三山への参拝のために出港したと『平家物語』に記述されるなど、平氏にとって重要な港であった。津市産品には平清盛の父で、伊勢平氏の勢力を拡大した平忠盛の生誕地との伝説があり、「平氏発祥の地」碑が立つ。また白砂青松の阿漕浦の名は京都でも知られていたようで、平安時代の和歌や室町時代のお伽草子に登場する。中世には三津七湊の1つとして日本を代表する港として見なされ、中国・明代の茅元儀が著した『武備志』の「日本考」にもと記され、筑前・博多津や薩摩・坊津と並ぶ日本三津として紹介された。これは、安濃津が伊勢平野の中央に位置し、伊勢参宮街道の中間点かつ内陸国の伊賀・大和・近江へ至る街道の起点であったことによる。中勢の米を伊勢神宮に献上する船の拠点や北勢の物資を輸送する寄港地として栄えた。しかし、1498年(明応7年)8月25日に発生した明応地震に伴う津波が港を直撃し、急速に衰退した。寂れ具合について、当地を通りかかった連歌師の宗長は4、5千の廃墟や堂塔の跡を残すのみの荒野となり、犬の姿や鳥の鳴き声すら稀であると手記に記録している。その地震以後の歴史は約200年間の空白になっている。こうして港が破壊されてしまったために当時の正確な港の位置は分かっておらず、現在の贄崎(にえざき)灯台沖説と阿漕塚説がある。津松阪港 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道新幹線

    東海道新幹線から見た北勢北勢

    また名古屋市内各地へ向かう名古屋市営地下鉄東山線・桜通線や、もと貨物線であったあおなみ線が乗り入れており、私鉄では中部国際空港や愛知県・岐阜県各地へ向かう名鉄名古屋本線の名鉄名古屋駅、三重県北勢・伊勢志摩地方、大阪方面などへ向かう近鉄名古屋線の近鉄名古屋駅とほぼ同一駅となっている。東海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 関西線 (名古屋地区)

    関西線 (名古屋地区)から見た北勢北勢

    愛知県から三重県の北勢・中勢地方を結ぶ。名古屋駅 - 四日市駅間では近畿日本鉄道(近鉄)の名古屋線と並走している。名古屋駅 - 河原田駅間は紀勢本線に付随する路線と化し、伊勢・南紀方面に向かう快速や特急が通過する一方で、河原田駅 - 亀山駅間は通勤・通学輸送に徹している。関西線 (名古屋地区) フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た北勢北勢

    方言に強く、北勢地方の四日市市・三重郡(川越町・朝日町・菰野町)・桑名市・桑名郡(木曽岬町)・いなべ市・員弁郡(東員町)・鈴鹿市・亀山市と中勢地方の津市で他人と会話する場合は伊勢弁を巧みに使用する。伊賀地方の伊賀市・名張市で他人と会話する場合は伊賀弁を巧みに使用する。東京で他人と会話する場合は標準語を正確に使用している。中井は伊勢弁・伊賀弁・標準語を巧みに使い分ける。忍者の故郷の伊賀国出身である事を強く意識していた。支持者から「中井のボン」と呼ばれている。経済思想は民主社会主義思想を保有している。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 関西本線

    関西本線から見た北勢北勢

    名古屋と大阪を三重県の北勢地方、伊賀地方、京都府南部、奈良県北部を経由して結んでいる。民間の鉄道会社である関西鉄道の路線として開業し、名古屋と奈良・大阪を最短距離で結ぶ鉄道路線として国鉄と乗客を奪い合った歴史を持ち、路線名もこの社名に由来する。国有化後は1970年代まで全線を直通する列車が運転されていたが、並行する東海道本線や東海道新幹線の整備、近鉄特急の台頭、名阪国道の開通によるモータリーゼーションの普及などにより、名阪間の輸送からは撤退した。現在では亀山駅、加茂駅を境界として運転系統が3区間に分割されており、境界となる駅を跨いで運転される旅客営業列車は、急行「かすが」の廃止以降は一切運転されていない。関西本線 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀市

    伊賀市から見た北勢北勢

    2010年国勢調査によると、伊賀市に在住する51877人の15歳以上就業・就学者の8割にあたる40281人が市内で就業・就学しており、県内の名張市への通勤・通学者は3362人、津市への通勤・通学者は971人、北勢地区への通勤・通学者は747人、滋賀県甲賀地区への通勤・通学者は640人である。大都市への通勤・通学者は、大阪市が807人、名古屋市が121人となっている。伊賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た北勢北勢

    特に三重県は東海地方に含むこともあり、場合によっては双方に含まれていることもある。中でも北勢地域は名古屋市との経済的結びつきが強いため、東海地方に含むことが多くなっている。ただ、淀川(木津川)水系に属し、京阪神との結びつきが強い伊賀地域と和歌山県に隣接する東紀州地域は、近畿地方に含まれることの方が多い。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢七福神

    伊勢七福神から見た北勢北勢

    伊勢七福神(いせしちふくじん)は、三重県の桑名市・四日市市・鈴鹿市・亀山市の北勢地域に広がる7つの寺院により構成されている七福神の巡礼・札所。伊勢七福神 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「北勢のできごと」のニューストピックワード