前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
332件中 1 - 10件表示
  • 柳町光男

    柳町光男から見た北大路欣也北大路 欣也

    出演:北大路欣也、太地喜和子、中本良太、宮下順子、安岡力也、伊武雅刀、小鹿番、藤岡重慶、小林稔侍、菅井きん、左右田一平柳町光男 フレッシュアイペディアより)

  • 癩王のテラス

    癩王のテラスから見た北大路欣也北大路 欣也

    『癩王のテラス』(らいおうのてらす)は、三島由紀夫の最後の戯曲。全3幕から成る。三島文学の主題が色濃い最後の演目として重要な作品である。病魔に冒されたカンボジアの王・ジャヤーヴァルマン7世が、アンコール・トムを造営しバイヨン寺院を建設してゆく愛と夢の雄大なロマンを、月の王朝の衰亡を背景に描いた物語。王の肉体が崩れ去っていくにしたがって、威容な観世音菩薩が完成していく様を、王の精神と肉体との対比で壮大華麗に表現している。舞台初演は同年7月4日に北大路欣也主演により帝国劇場で上演された。癩王のテラス フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た北大路欣也北大路 欣也

    第一作の撮影中にシリーズ化が決定され。岡田に呼び出された笠原は「第二部で、何をやりますかね」と聞くと岡田は「広島事件!」と即答。「冗談じゃないですよ、まだ広島じゃ山口組と揉めてるし、原作もまだ完成してないし、第一、複雑怪奇で作りようがないですよ、あれ」「お前ね、そこを考えるのがライターじゃないの」「広島事件はまあ待って下さい、もっと面白くなりそうなのがあるから」と、何とか山口組から逃げた。笠原は「広島事件を描くと当然神戸の山口組が登場することになり、かなり慎重な配慮と手続きをしなければ」と苦悶。その結果、第一次広島抗争を実際の時代設定より後にずらし、原作でチラッと出てくる24歳で自決する殺し屋山上光治(演者・北大路欣也)を軸に脚本を書いたのが第二部『仁義なき戦い 広島死闘篇』となる。結局、二作目も大ヒットして、東映は「私がいやだいやだと逃げ回っている広島事件をとうとうやれと言い出した」という笠原を説得、本人も開き直った。後日、笠原が小林信彦に語ったところでは、代理戦争における合田一家(劇中では豊田会:笠原は合田一家の東進が広島戦争の原因としている)の評価も難しかったという。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • ご存知!旗本退屈男

    ご存知!旗本退屈男から見た北大路欣也北大路 欣也

    『ご存知!旗本退屈男』(ごぞんじはたもとたいくつおとこ)は、1988年(昭和63年)から1994年(平成6年)に掛けてテレビ朝日系列で放映された東映制作の単発テレビ時代劇シリーズ。北大路欣也主演で9本制作された。ご存知!旗本退屈男 フレッシュアイペディアより)

  • 新春ワイド時代劇

    新春ワイド時代劇から見た北大路欣也北大路 欣也

    先述の通り、局オリジナル時代劇第1作となったのは1981年の『それからの武蔵』(萬屋錦之介主演)だが、同作は1996年に北大路欣也主演で『徳川剣豪伝 それからの武蔵』として再び製作された。この例を初めとして、2000年の『次郎長三国志』(オリジナル:1991年)、2001年『宮本武蔵』(オリジナル:1990年)、2004年『竜馬がゆく』(オリジナル:1982年)、2008年『徳川風雲録 八代将軍吉宗』(オリジナル:1986年『徳川風雲録 御三家の野望』)、2010年『柳生武芸帳』(オリジナル:1985年『風雲 柳生武芸帳』)と、特に近年は過去の作品のリメイクが増えている。新春ワイド時代劇 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た北大路欣也北大路 欣也

    1955年、アメリカ映画視察で観たシネマスコープ映画製作に意欲を燃やし1957年、他社に先駆け「東映スコープ」『鳳城の花嫁』を公開させた。同年、マキノが志半ばにして死去。京撮製作部長として“マキノイズム”を推進すると共に、徹底した予算管理を行い、東映時代劇黄金時代の一翼を担う。同年『忍術御前試合』で沢島忠を監督デビューさせた。また監督を目指して入社してきた日下部五朗を「体がでかい」という理由で無理やりプロデューサー修行させる。1960年京撮所長。山城新伍主演でテレビ制作した『白馬童子』が人気を得ると、将来のテレビの普及を予想しテレビ制作を増やす。北大路欣也と松方弘樹を高校卒業と同時に入社させた。1961年、吹き替え・スタントマンの重要性に気づき、日本最初のスタントマンともいわれる宍戸大全を大映から引き抜く。1962年、36歳の若さで東映取締役兼東京撮影所長(以下、東撮)に就任すると低迷していた東映現代劇を“現代アクション路線”で復活させる。「映画の本質は、泣く、笑う、にぎる、だ。手に汗をにぎるだ。この三つの要素がないと映画は当らん」と部下に叱咤。佐伯孚治、鷹森立一というベテランを監督デビューさせた反面、当たらない映画を作っていたベテラン監督を一人残らず切り、深作欣二、佐藤純彌、降旗康男や新東宝から引き抜いた石井輝男、渡辺祐介、瀬川昌治ら若い才能を抜擢した。また、日活にいられなくなった井上梅次を誘い『暗黒街最後の日』(1962年)など、7本を監督してもらう。石井輝男は「当時は岡田さんが最高潮で、企画会議でホン(脚本)を検討して決めるというスタイルじゃなく、岡田さんの一言で製作が決まって、会議なしという感じでした」と述べている。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビドラマ (日本)

    2017年のテレビドラマ (日本)から見た北大路欣也北大路 欣也

    テレビ東京系「金曜8時のドラマ」1月期作品として、有川浩原作のヒューマンドラマ『三匹のおっさん』の第3シリーズ『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』(北大路欣也・泉谷しげる・志賀廣太郎トリプル主演)を開始( - 3月10日)。2017年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い 広島死闘篇

    仁義なき戦い 広島死闘篇から見た北大路欣也北大路 欣也

    配役はもともと千葉真一が山中正治、北大路欣也が大友勝利でクランクインするはずだったが、北大路が「山中の方が自分のキャラクターに合っているのでは? それにセリフがどぎつすぎる大友はできない」、「大友は粗暴で下品すぎて、どうしても自分では演じられない。山中のほうをやらせてくれないか」などと言い出し、配役の入れ替えを要求した。そのためプロデューサーの日下部五朗と宣伝担当者らは千葉を突然訪ね、「山中と大友を交代してもらえないか」と依頼。セリフを全て覚えて撮影に入る直前だった千葉は、東映と笠原が「小沼を好演して、京都市民映画祭の演技賞を獲得した千葉に、山中を演じさせよう」というキャスティング経緯から、初めは交代に難色を示した。ほどなくして深作欣二が交代に反対していないことを知った千葉は、似たような役を再び演じることは俳優として停滞するのではないかと再考。「役作りし直すから、出番を少し後にずらしてほしい」と最終的に交代を了承し、千葉を大友、北大路を山中に入れ換えることとなった。深作は唯一人キャスティング会議で、「千葉に大友を演じさせたほうが、絶対おもしろくなる」と主張していた。大友はシリーズ中1、2を争う名キャラクターとして人気が高く、千葉自身も忘れられない役柄として挙げており、後のやくざ映画でも「仁義なき戦いの千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている。大友は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され、第四部『仁義なき戦い 頂上作戦』にも登場する予定だったが、千葉は主演映画『殺人拳シリーズ』の撮影に入っていたために実現せず、第五部『仁義なき戦い 完結篇』では大友が再登場したものの、宍戸錠が演じた( ⇒ 、千葉真一、仁義なき戦い)。仁義なき戦い 広島死闘篇 フレッシュアイペディアより)

  • BOSSコーヒー

    BOSSコーヒーから見た北大路欣也北大路 欣也

    北大路欣也(2009年3月 - )BOSSコーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 三匹のおっさん

    三匹のおっさんから見た北大路欣也北大路 欣也

    テレビ東京系で3回にわたりテレビドラマ化される。主演は北大路欣也三匹のおっさん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
332件中 1 - 10件表示

「北大路欣也」のニューストピックワード