332件中 31 - 40件表示
  • 山本勘助

    山本勘助から見た北大路欣也北大路 欣也

    1953年(昭和28年)10月から翌年12月まで『小説新潮』に連載された井上靖の歴史小説『風林火山』は、1969年には映画化(監督:稲垣浩)、1992年12月には里見浩太朗主演で日本テレビ系列の「年末大型時代劇スペシャル」第8作として、また、2006年正月には北大路欣也主演でテレビ朝日系列にてテレビドラマ化がされた。さらに、井上靖生誕100年を記念して2007年放送の大河ドラマ風林火山の原作となった。山本勘助 フレッシュアイペディアより)

  • 松方弘樹

    松方弘樹から見た北大路欣也北大路 欣也

    元々は歌手志望で、作曲家の上原げんとの下で五木ひろしらと席を並べて歌を学んでいたが、五木の歌声を聞いているうちに自信を無くし、父と同じ俳優の道に入った。17歳で『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』(1960年、東映)で主演デビュー。同学年の北大路欣也とはライバル関係で、松方は東映専属だった北大路とは違い、企画制作担当重役だった岡田茂の個人預かり(フリー)であった。映画『893愚連隊』の主演、『昭和残侠伝シリーズ』の助演、『人形佐七捕物帳』(NHK)の主演など、主に時代劇やヤクザ映画に出演。中でも佐七は松方の当たり役になり、その後に制作されたテレビ朝日の『人形佐七捕物帳』でも再び主演した。松方弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂市

    赤穂市から見た北大路欣也北大路 欣也

    『最後の忠臣蔵』(2004年11月5日 - 2004年12月10日)NHK金曜時代劇。寺坂吉右衛門-上川隆也 瀬尾孫左衛門-香川照之(九代目市川中車) 内蔵助-北大路欣也赤穂市 フレッシュアイペディアより)

  • 栗田 よう子

    栗田よう子から見た北大路欣也北大路 欣也

    銭形平次(CX / 東映) ※北大路欣也栗田よう子 フレッシュアイペディアより)

  • 八甲田山 (映画)

    八甲田山 (映画)から見た北大路欣也北大路 欣也

    1902年(明治35年)に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材に、、極限状態での組織と人間のあり方を問いかけた作品である。配給収入は25億900万円で、1977年の日本映画第1位を記録した。高倉健、北大路欣也主演。北大路の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になった。監督は森谷司郎、音楽は芥川也寸志で翌1978年3月の第1回日本アカデミー賞音楽賞を受賞している。八甲田山 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た北大路欣也北大路 欣也

    葬儀には、生前に山田を慕っていた俳優らでつくる「養子会」のメンバーである市村正親、西郷輝彦、榎木孝明、萬田久子を始め、司葉子、浜木綿子、三田佳子、草笛光子、北大路欣也、平幹二朗、中条きよし、池上季実子、佐久間良子、宇津井健、八千草薫、朝丘雪路、富司純子、江波杏子、山本陽子、三浦布美子、石井ふく子、中村メイコ、坂東三津五郎、南果歩、沢口靖子、など600名が参列した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線大爆破

    新幹線大爆破から見た北大路欣也北大路 欣也

    北大路欣也:空港で古賀を張り込む刑事新幹線大爆破 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た北大路欣也北大路 欣也

    仕事への真摯な姿勢に北大路欣也も影響を受けたと述べている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 剣客商売

    剣客商売から見た北大路欣也北大路 欣也

    更に、北大路欣也版に於いても、三弥を手助けするのは別の人物であり、小雨坊は最初から存在していないことになっている。剣客商売 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉真一

    千葉真一から見た北大路欣也北大路 欣也

    配役は予科練出身のヤクザ・山中正治に決まり、セリフも全て覚えて撮影に入る直前だった。しかし狂犬のようなヤクザ・大友勝利を演じることが決まっていた北大路欣也が「大友は粗暴で下品すぎて、どうしても自分では演じられない。山中をやらせてほしい」と言い出したことから、プロデューサーの日下部五朗と宣伝担当者らは千葉を突然訪ね、「山中と大友を交代してもらえないか」と依頼してきた。『日本暗殺秘録』に続いて『広島死闘篇』の脚本を執筆した笠原和夫は、小沼正の一面を山中のキャラクターに取り込んでいたこともあり、東映と笠原は「小沼を好演して受賞した千葉に、山中を演じさせよう」とキャスティングしていた。このような経緯から千葉も、小沼と山中に共通点を見出して役作りしてきたため、初めは交代に難色を示した。ほどなくして深作欣二が会議で唯一「千葉に大友を演じさせたほうが、絶対おもしろくなる」と主張していたことを知り、似たような役を再び演じることは俳優として停滞するのではないかと再考し、「役作りし直すから、出番を少し後にずらしてほしい」と交代を了承した。この時、中島貞夫も「大友をやるべき」と説得しており、「千葉ちゃんはサクさん(深作欣二)ともよく付き合っていたけど、肝心なところでは僕の意見を聞いてくれた」と話している。北大路に役を譲ったのはこれが初めてでなく、1963年の映画『海軍』に続いて二度目であった。千葉真一 フレッシュアイペディアより)

332件中 31 - 40件表示

「北大路欣也」のニューストピックワード