前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た北島康介北島康介

    4月15日〜20日 - 東京辰巳国際水泳場に於いて、日本選手権水泳競技大会競泳競技兼五輪代表選考会が施行され、北島康介(日本コカ・コーラ)、中村礼子(東京スイミングセンター)、柴田亜衣(チーム・アリーナ)といった前回アテネ五輪出場組が連続出場を決めると共に、伊藤華英(セントラルスポーツ)、入江陵介(近畿大学)、種田恵(神奈川大学/JSS長岡)などが初出場を決め、競泳日本代表チームが決定した。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 石川洋

    石川洋から見た北島康介北島康介

    神奈川県立新城高等学校を経て明治大学卒業後、1983年(昭和58年)入局。入局以来スポーツアナウンサーとして数多くの競技・大会等の中継に携わり、特にオリンピック中継では北島康介がアテネオリンピックで金メダルを獲得した際のインタビューを担当するなど、数々の名場面に立ち会った人物でもある。石川洋 フレッシュアイペディアより)

  • 世界水泳選手権

    世界水泳選手権から見た北島康介北島康介

    競泳では第1回ベオグラード、第2回カリ大会で平泳ぎの田口信教が2大会連続でメダルを獲得するなどしたが、その後は日本勢の不振に伴ってメダルをしばらく得られないでいた。再び日本チームがメダルを得たのは、1991年パース大会で、その後日本勢は徐々に復調を見せた。2003年バルセロナ大会の100m平泳ぎと200m平泳ぎで、北島康介が初めての金メダルを獲得。2005年モントリオール大会では、金メダルこそ獲得できなかったものの、平泳ぎの北島康介や自由形長距離の柴田亜衣などを中心として過去最高の9つのメダルを獲得、総数で初めて米豪に次ぐ第3位となった。世界水泳選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉スウィンスイミングスクール

    埼玉スウィンスイミングスクールから見た北島康介北島康介

    所属選手の古賀淳也は2007年3月にメルボルンで行われた世界選手権50m背泳ぎに出場、決勝進出を果たした。2006年12月に行われたアジア大会(ドーハ)では50m背泳ぎで金メダル、2009年7月の世界選手権(ローマ)では100m背泳ぎで金メダル、50m背泳ぎで銀メダルを獲得。日本人の世界選手権優勝は北島康介に次いで2人目。世界選手権での複数メダル獲得も同じく北島康介に次いで2人目の快挙。埼玉スウィンスイミングスクール フレッシュアイペディアより)

  • 千紗

    千紗から見た北島康介北島康介

    千紗(ちさ、1985年11月16日 - )は、兵庫県篠山市出身の元歌手、元モデル。girl next door(デビュー当時はGIRL NEXT DOOR)のボーカル・作詞担当。旧芸名および出生名は、前川 千紗(まえかわ ちさ)。身長167cm。夫は元競泳選手の北島康介千紗 フレッシュアイペディアより)

  • スカパー!アワード

    スカパー!アワードから見た北島康介北島康介

    授賞式は2008年11月25日に東京・JCBホールにて開催された。総合司会を小倉智昭と木村佳乃が務め、進行役を杉崎美香が担当した。この年の「マイベストプログラム賞」の選考およびプレゼンターは北島康介が務めた。スカパー!アワード フレッシュアイペディアより)

  • 末永雄太

    末永雄太から見た北島康介北島康介

    2009年には、北島康介が出場していない日本水泳選手権の2009年世界水泳選手権選考会で、100m平泳ぎで2位、200m平泳ぎで1位となり、派遣標準記録を突破した。末永雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日スポーツ賞

    朝日スポーツ賞から見た北島康介北島康介

    最初の受賞者は競泳の入江稔夫である。また最初の女性受賞者は1933年の前畑秀子である。1937年は受賞者なし。1940年代半ばに中止になった時期があったが、1946年に山内リエが受賞。以降は1950?1951年の受賞者なしを除き、複数の競技者に授与されている。2005年度より2009年までの5年間は、大賞に該当する「スーパーアスリート賞」が設けられ、高橋尚子、谷亮子、北島康介、イチローが受賞。この中でもイチローは2001年に、高橋尚子は小出義雄とともに2000年に「特別賞」に選出された。朝日スポーツ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 山口観弘

    山口観弘から見た北島康介北島康介

    4歳のときに水泳を始める。志布志市立志布志中学校在学中の2008年、2009年、全国中学校水泳競技大会において、100メートル、200メートル平泳ぎで2冠を達成。2011年には100メートルで北島康介の高校記録を11年ぶりに更新し、世界ジュニア水泳選手権では200メートルで優勝した。。2012年、ロンドンオリンピックへの選考会を兼ねた日本選手権水泳競技大会では、100メートル、200メートルとも高校新記録を樹立、特に200メートルでは派遣標準記録を突破したものの、北島康介、立石諒に続く3位となり、オリンピック代表入りを逃した。山口観弘 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田尚弥

    冨田尚弥から見た北島康介北島康介

    東北地方太平洋沖地震の影響で中止された日本選手権水泳競技大会の代替で開催された2011年度競泳国際大会代表選手選考会の50m平泳ぎは28秒40で5位、100m平泳ぎは1分00秒93で3位、200m平泳ぎは2分08秒25で北島康介を抑えて優勝し、2011年世界水泳選手権の代表に選出される。この記録で2011年世界ランキング1位となるが代表選手選考会以降はスランプに陥った。冨田尚弥 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「北島康介」のニューストピックワード