82件中 61 - 70件表示
  • 北島康介

    北島康介から見たJOCスポーツ賞

    2002年度JOCスポーツ賞最優秀賞北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たアテネオリンピック (2004年) における競泳競技

    8月15日アテネオリンピック 男子100メートル平泳ぎ1分00秒08で金メダル。レース後のインタビューで「チョー気持ちいい(超気持ちいい)、鳥肌ものです」とコメント。ちなみにこの「チョー気持ちいい(超気持ちいい)」は、この年の新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれ、2010年に集計された「印象に残っている流行語」で第3位に選ばれている。同日、100メートル背泳ぎ金メダルのアーロン・ピアソル(アメリカ)が「北島はスタート時に禁止されているドルフィンキックを行った」と抗議したが、大きな問題にはならなかった。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2010年パンパシフィック水泳選手権

    4月18日主要国際大会での復帰戦となった第11回パンパシフィック水泳選手権では男子100メートル平泳ぎ予選で今季世界最高記録となる59秒04で1位通過、決勝は59秒35で優勝。男子50メートル平泳ぎは27秒67で5位。男子200メートル平泳ぎは大会新記録&今季世界最高記録となる2分08秒36で優勝。男子400メートルメドレーリレーは3分33秒90で準優勝。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た千葉県国際総合水泳場

    8月21日北京五輪の前哨戦という位置づけで、世界水泳をしのぐ「夢の国際競泳大会」・「2007年の真の競泳世界一決定戦」と称される日本の千葉県国際総合水泳場で開催された世界競泳2007では、男子100メートル平泳ぎ59秒74で優勝(日本国内のレースで初めて1分00秒を切る)。続く23日の男子200メートル平泳ぎ2分10秒02で優勝。最終日24日の男子400mメドレーリレーは日本記録(当時)で優勝。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た平泳ぎ

    北島 康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日 - )は、日本のプロ競泳選手。アテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た東京辰巳国際水泳場

    また、2008年5月18日に、東京辰巳国際水泳場で行われた競泳早慶戦にオープン参加したとき、北島は日本選手権用の旧タイプ水着を着用した。試合後のインタビュー会見を開いた。そのときに、例の「SPEEDO」新型水着に関して質問が集中するなどメディアが騒ぎ立てる水着問題に対して、北島は「正直言って、うっとい(うっとうしい)ですね。もっと違ったカタチで水泳に注目してほしい」と珍しくイラ立ちを見せた。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たアテネオリンピック (2004年)

    北島 康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日 - )は、日本のプロ競泳選手。アテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た北京オリンピックにおける競泳競技

    4月15日JAPAN SWIM 2008 男子200メートル平泳ぎ2分08秒84の日本記録で優勝。男子100メートル平泳ぎ59秒67で本大会9連覇目を達成(史上最高記録)。この結果をもって北京オリンピックの代表に選出された。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2002年アジア競技大会

    9月29日釜山アジア大会 10月2日の男子200メートル平泳ぎ2分09秒97で世界記録(当時)を更新し、優勝。同大会MVPとなる。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た文京区立千駄木小学校

    東京都荒川区出身で、実家は西日暮里にある精肉店「肉のきたじま」(株式会社北島商店)を経営。文京区の区立千駄木小学校、文林中学校、本郷高校、日本体育大学体育学部体育学科卒業。大学卒業後、日体大大学院に進んだが、選手活動に専念するため2006年に中退。北島康介 フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「北島康介」のニューストピックワード