86件中 71 - 80件表示
  • 北島康介

    北島康介から見た選手強化キャンペーン

    2005年度から日本オリンピック委員会が始めた選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度を用いず、2005年4月から日本コカ・コーラと所属契約を結ぶことになり、スイミングキャップやレーシングゴーグル、水着にCoca-Colaのロゴを入れて大会に出場する。2011年4月からは、AQUARiUSのロゴを入れて大会に出場している。競技生活を仕事とするプロ選手である。北京オリンピックまでは東京SCを拠点にトレーニングしていたが、休養から明けてトレーニングを再開した(2009年9月)以降は南カリフォルニア大学を拠点としていた。ロンドンオリンピック後は拠点を日本国内に戻した。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た日本

    北島 康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日 - )は、日本の元競泳選手。アテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。妻は元girl next doorの千紗。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た東京スイミングセンター

    5歳から東京スイミングセンター(東京SC)で水泳を始め、中学2年生の時に、東京SCのコーチ平井伯昌に才能を見出される。高校3年生で2000年シドニーオリンピックに出場し、100m平泳ぎ4位入賞という日本新記録を果たした。2004年アテネオリンピックと2008年北京オリンピックにおいて100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得し、オリンピック史上初の平泳ぎ2大会連続2種目制覇を果たす(オリンピック2大会連続2種目制覇は日本人史上初である。)。また、個人メドレーで日本記録を保持していたこともある。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たノルウェー

    8月11日北京オリンピック 男子100m平泳ぎで、ノルウェーの新鋭アレクサンドル・ダーレ・オーエンらを振り切り、人類史上初、59秒の壁を破る58秒91の世界新記録で金メダル。「世界記録を出し、金メダルを獲得する」という試合前の予告をその通りに果たした。男子100m平泳ぎの大会2連覇は世界初、平泳ぎの同一種目の大会連覇は日本人としては鶴田義行以来76年ぶりのことである。この時のインタビューでは、アテネオリンピックの金メダル獲得時のインタビューとは一転、緊張感・責任感から解き放たれたのか、涙をこらえきれず、絞り出すような声で「何も言えねえ」というコメントを残し、この年の新語・流行語大賞にノミネートされた。この言葉について、後のインタビューで、「このとき、お世話になった方々への感謝を口にしようとしていたが、こみ上げてくる思いで言葉が出なかった」という内容のコメントをしている。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たJOCスポーツ賞

    2002年度JOCスポーツ賞最優秀賞北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2006年パンパシフィック水泳選手権

    8月17日第10回パンパシフィック水泳選手権 18日の男子100m平泳ぎ1分00秒90で3位。続く最終日20日の男子200m平泳ぎ2分10秒87で準優勝。同日の男子400mメドレーリレー3分35秒70で準優勝。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たアテネオリンピック (2004年) における競泳競技

    8月15日アテネオリンピック 男子100m平泳ぎ1分00秒08で金メダル。レース後のインタビューで「チョー気持ちいい(超気持ちいい)、鳥肌ものです」とコメント。ちなみにこの「チョー気持ちいい(超気持ちいい)」は、この年の新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれ、2010年に集計された「印象に残っている流行語」で第3位に選ばれている。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2010年パンパシフィック水泳選手権

    4月18日主要国際大会での復帰戦となった第11回パンパシフィック水泳選手権では男子100m平泳ぎ予選で今季世界最高記録となる59秒04で1位通過、決勝は59秒35で優勝。男子50m平泳ぎは27秒67で5位。男子200m平泳ぎは大会新記録&今季世界最高記録となる2分08秒36で優勝。男子400mメドレーリレーは3分33秒90で準優勝。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2011年世界水泳選手権

    7月24日2大会ぶりの第14回世界水泳選手権競泳競技 25日の男子100m平泳ぎ1分00秒03で4位。続く29日の男子200m平泳ぎ2分08秒63で銀メダル。最終日31日の男子400mメドレーリレーで4位。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見た2006年アジア競技大会

    12月1日2006年アジア競技大会 3日の男子50m平泳ぎ28秒38で準優勝。男子100m平泳ぎ1分01秒13で優勝。男子200m平泳ぎ2分12秒05で優勝。北島康介 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示