前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    明神智和がG大阪、波戸康広・土屋征夫が大宮、玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章・永田充が新潟などへ完全移籍したが、フランサの残留や北嶋秀朗の復帰、ディエゴの加入などにより攻撃陣が機能し開幕戦は引き分けるものの第2節から6連勝。その後は横浜FC・神戸との自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校サッカー選手権大会

    第75回全国高等学校サッカー選手権大会から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    北嶋秀朗 (市立船橋)・日下亮 (市立船橋) 6得点第75回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 北島秀朗

    北島秀朗から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    北島秀朗 フレッシュアイペディアより)

  • 第73回全国高等学校サッカー選手権大会

    第73回全国高等学校サッカー選手権大会から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    北嶋秀朗(市立船橋→柏→清水→柏)第73回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回全国高等学校サッカー選手権大会

    第74回全国高等学校サッカー選手権大会から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    北嶋秀朗(市立船橋→柏→清水→柏)第74回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ソル・スポーツマネージメント

    ソル・スポーツマネージメントから見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    北嶋秀朗(プロサッカー選手)ソル・スポーツマネージメント フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木和裕

    鈴木和裕から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    左右両サイドバックとセンターバックをこなすDF。10代の頃は各年代別に選ばれ、1993年U-17世界選手権、1995年ワールドユースでレギュラーとしてプレーした。市立船橋高校では、3年時に全国高等学校サッカー選手権大会に主将として優勝を果たしている(市立船橋高校にとって初優勝)。当時のメンバーには同期に茶野隆行、2年後輩に北嶋秀朗がいる。鈴木和裕 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    5月23日 - 北嶋秀朗(千葉県、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本紘司

    坂本紘司から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    静岡学園高校三年生の秋、高校選手権静岡予選で挙げた13得点の記録は未だに破られていない。全国大会では準決勝まで進むが、中村俊輔がいた桐光学園にPK戦の末敗れた。大会後の日本高校選抜では北嶋秀朗と2トップを組んだ。セゾンFC・静岡学園高の同期に倉貫一毅がいる。坂本紘司 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川京輔

    吉川京輔から見た北嶋秀朗北嶋秀朗

    高校時代はサッカー強豪校、市立船橋高校で副キャプテンを務めるとともに守備の中心選手として活躍。1996年に行われた第75回全国高校サッカー選手権大会では北嶋秀朗、佐藤陽彦、中村直志らとともに同校の優勝に貢献した。高校卒業後はプロ入りせず筑波大学に進学し、1999年には総理大臣杯優勝を経験。天皇杯にも出場した。2000年はキャプテンを務め、ベストイレブンに選出されるなどの活躍をし、2001年にチームメートの曽田雄志とともにJ1コンサドーレ札幌への入団が決定した。プロ1年目は出場機会がなかったものの、2002年は柱谷哲二監督によって開幕スタメンに抜擢される。しかし、開幕戦は守備が崩壊。その後も数試合に出場するが守備は不安定なままで、ポジションを失ってしまう。シーズン後半からはボランチに転向し、出場機会を得始めるが、チームは無念のJ2降格。2003年も主にボランチとして起用され、積極的な攻め上がりに加え、試合終盤はパワープレー要員として最前線にあがるなどプレーの幅を広げたが、負傷もあってコンスタントに出場することは出来ず、シーズン終了後に戦力外通告を受け退団。現役引退した。吉川京輔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「北嶋秀朗」のニューストピックワード