前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示
  • 全日本女子プロレス

    全日本女子プロレスから見た北斗晶北斗 晶

    3月、北斗晶とみなみ鈴香のタッグチーム「マリン・ウルフ」が「颱風前夜(The Eve of Fight)」で歌手デビュー。全日本女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・リング (プロレス)

    ダイヤモンド・リング (プロレス)から見た北斗晶北斗 晶

    2003年12月、WJプロレスを退団後、WJの旗揚げの為に用意した多額の支度金が返って来ず、無一文状態となっていた佐々木健介であったが、天龍源一郎のアドバイスにより妻の北斗晶を健介のマネージャーとしてフリーで活動を開始。ダイヤモンド・リング (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木夫妻の仁義なき戦い

    佐々木夫妻の仁義なき戦いから見た北斗晶北斗 晶

    脚本の森下佳子が大のプロレスファンのため、役名のほとんどが実在のプロレスラーに由来し(主人公の「佐々木夫妻」は佐々木健介・北斗晶夫妻から取られている。その為小雪演じる律子の旧姓は、北斗の旧姓・宇野となっている)、またアントニオ猪木他プロレスラーが毎回ゲスト出演をする。佐々木夫妻の仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • ラス・カチョーラス・オリエンタレス

    ラス・カチョーラス・オリエンタレスから見た北斗晶北斗 晶

    元々は日本の女子プロレスラーの北斗晶、三田英津子、下田美馬の3人で活動を開始したユニットであるが、1990年代後半から2000年代初頭にかけて日本の女子プロレス界を席巻した、三田英津子と下田美馬によるヒールのタッグチームとして知られる。ラス・カチョーラス・オリエンタレス フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部

    北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部から見た北斗晶北斗 晶

    『北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部“勝ちグセ。”』(ほくとあきらのおによめうんどうきしゃくらぶ かちグセ)は、2007年5月5日から2009年12月26日まで広島ホームテレビで毎週土曜日 9:30 - 9:55 (JST) に放送されていた北斗晶の冠番組である。ステレオ放送・ハイビジョン制作。北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 憧夢超女大戦

    憧夢超女大戦から見た北斗晶北斗 晶

    最大の目玉は(当時、一般的知名度のない)北斗晶の引退と優勝賞金1千万円がかかったV★TOPWOMANトーナメントであった。しかし、V★TOPの代表選定よりカード編成を優先してしまい、トーナメント出場者は先送りになりLLPWに関しては代表決定リーグを行うも、結局、トップの神取忍より実力、人気共に劣るイーグル沢井に決定したり、FMWのナンバー2だったコンバット豊田を出すなど、話題に欠けメインの決勝(北斗引退試合)も引退を受け入れられないアジャが試合途中で涙を流す暗い雰囲気の中、試合後北斗は「これで引退する」と一礼しアジャから渡された赤いベルトを花道に置き、そのままリングを去るという後味の悪い結末となってしまった。当時存在した女子プロレス団体が一堂に会したが、リングが豆粒大にしか見えない内野席でも1万円という高額の入場料も不評でスタンド席は、わずかしか埋まらず、グラウンド席も空席が多かった。(主催者発表の観客数と現実とは大きな差がある)憧夢超女大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮章一

    一宮章一から見た北斗晶北斗 晶

    「偽造王」と称して、橋本真也、高山善廣、ブル中野、北斗晶などの物真似をしながら試合をすることが多かった(特に北斗の物真似は、対戦相手であった佐々木健介(北斗の夫)が笑いを堪えきれず、試合がなかなか始まらなかったほどである)。一宮章一 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田祐美子

    堀田祐美子から見た北斗晶北斗 晶

    1985年6月5日、北海道・苫小牧スポーツセンターにてvs宇野久子(後の北斗晶)&神崎文枝でデビュー。パートナーは仲前芽久美(後のドリル仲前)。同期では宇野とともに出世頭的扱いだった。以後は宇野とのタッグによる活躍が多くなる。堀田祐美子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た北斗晶北斗 晶

    健介オフィス所属で主にタレント活動を行っている。妻は全日本女子プロレス出身の元プロレスラーで健介オフィス代表取締役の北斗晶(佐々木久子)。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た北斗晶北斗 晶

    同じく最弱キャラのDJニラと2003年12月28日「最弱王決定戦」と言う名目で試合を組まれた事もあり、その後は最弱キャラ同士として気が合うところがあるらしく、ハッスルにて1vs2の変則タッグマッチで組んでいる。北斗晶とも2人で戦ったが、10秒にも満たずにノーザンライトボムからのピンフォール負けを食らった(両者)。同じ女子レスラーのアメージング・コングとも戦っている。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示

「北斗晶」のニューストピックワード