181件中 91 - 100件表示
  • LLPW-X

    LLPW-Xから見た北斗晶北斗 晶

    1992年9月、ブル中野&北斗晶(全日本女子)組対工藤めぐみ&コンバット豊田(FMW)組戦に始まる団体対抗戦時代においては神取対北斗の壮絶なシングル戦や風間対北斗の敗者髪切りマッチ、LLPWのユニット「平成GUREN隊(後のG-MAX)」とFMWのユニット「猛毒隊」が合体したユニット「平成猛毒GUREN隊(後のJDスター女子プロレスのユニット「裁恐軍」を加えてユニット「平成裁恐猛毒GUREN隊(後の裁恐猛毒G-MAX)となる)」の活動、WARへの選手派遣などで話題を呼んだ。また紅夜叉のレディースや穂積のジュリアナ東京の女性客などキャラクターレスラーの投入や風間の側近的立場から一転して「理不尽クイーン」としてヒール人気を呼んだ半田やキャロル、紅、二上の同世代選手で結成したユニット「決起軍」の活躍に加えてさらに1994年、常盤貴子の主演映画「SAEKO」に藤原喜明と共に全面協力して主力レスラーが総出演するなど対抗戦に依存しない話題づくりにも尽力。LLPW-X フレッシュアイペディアより)

  • ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円

    ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円から見た北斗晶北斗 晶

    ザ・たっち 1→佐々木健介&北斗晶、おすぎとピーコウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野巧真

    佐野巧真から見た北斗晶北斗 晶

    現在のフィニッシュ技。別名北斗ボム。北斗晶が開発した技。佐野巧真 フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た北斗晶北斗 晶

    2007年4月の出演者入れ替えで、金曜に出演していた未知やすえが水曜に移動、通しでの女性出演者が進行アシスタントの八木のみであったため、週替わりで西村知美、北斗晶、生田智子などが出演していた。2008年4月に、ハイヒール・リンゴが火曜から金曜に移籍し、この制度は自然消滅・廃止となった。また、角の司会の月・火・水よりも西が司会する木・金曜日に東京を拠点とするタレント(主に渡辺正行、ラサール石井、中尾彬など)が、準レギュラーや隔週レギュラーとして出演する事が多くなった。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ミゲル

    ルイス・ミゲルから見た北斗晶北斗 晶

    北斗晶 - 「Oro De Ley」を入場曲に使用ルイス・ミゲル フレッシュアイペディアより)

  • グリズリー岩本

    グリズリー岩本から見た北斗晶北斗 晶

    6月6日、北海道・帯広市総合体育館において、対堀田祐美子、浅生恭子組戦でデビュー。デビュー戦のパートナーは宇野久子グリズリー岩本 フレッシュアイペディアより)

  • 浅生恭子

    浅生恭子から見た北斗晶北斗 晶

    北斗晶オフィシャルブログ2010年10月25日付のブログタイトル 「情話求む!」 の記事中には浅生の名前が掲載されており、現在消息不明との事。北斗はその他の浅生以外の現在消息不明の同期だった元選手の石黒泰子、岡林理恵、中島小百合等の情報提供を自身のブログ上で呼びかけている。浅生恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中島小百合

    中島小百合から見た北斗晶北斗 晶

    プロレス引退後は銀座の某デパートに就職し、ベルトの販売をしていた。北斗晶、堀田祐美子、浅生恭子、石黒泰子、佐藤真紀、岡林理恵 、神崎文枝等とは同期入門であった。中島小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢一葉

    渋沢一葉から見た北斗晶北斗 晶

    北斗晶のモノマネを得意とする。好きなレスラーは天龍源一郎。渋沢一葉 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーから見た北斗晶北斗 晶

    ファイヤーマンズキャリーから相手を脳天から垂直に落とす。三田英津子が師である北斗晶のノーザンライトボムに触発されて開発。ザ・ゴッドファーザーは「ピンプ・ドロップ」、ジョン・シナは「アティテュード・アジャストメント(AA)」の名称で使用(現在はボディスラムに近い落とし方になっている)。ファイヤーマンズキャリー フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「北斗晶」のニューストピックワード