141件中 51 - 60件表示
  • 柴田惣一

    柴田惣一から見た北斗晶北斗 晶

    愛知県岡崎市出身。学習院大学法学部卒業後、東京スポーツ新聞社に入社しプロレス記者となる。その後、三沢光晴、船木誠勝、北尾光司、高田延彦&向井亜紀、佐々木健介&北斗晶などの結婚スクープを連発した。『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)では、1990年代から実況アナの辻義就や田畑祐一や真鍋由、2000年代に入ってからは古澤琢や吉野真治、野上慎平などとコンビを組み解説者を務めている。サムライTVのプロレス番組にも出演し、東京スポーツ新聞社がYouTubeで企画・運営する動画サイトの東スポ@チャンネル『東スポ・柴田惣一の直撃!』ではプロレスラーのオフショットを紹介している。柴田惣一 フレッシュアイペディアより)

  • バンクシステム

    バンクシステムから見た北斗晶北斗 晶

    『シルシルミシル』では、ソファに寝そべって携帯メールを打つ北斗晶、タンメンのギャグをする河本準一、VTRを退屈そうに見る上田晋也など、初回に用いた時とは違う意図で過去の素材(上田はボツ映像)を流用している。バンクシステム フレッシュアイペディアより)

  • DJニラ

    DJニラから見た北斗晶北斗 晶

    2003年12月28日にストーカー市川と「最弱王決定戦」と言う名目で試合を組まれた事もあり、その後は最弱キャラ同士として気が合うところがあるらしく、ハッスルにて1vs2の変則タッグマッチで組んでいる。またストーカー市川とタッグを組み、北斗晶と戦ったが、10秒にも満たずにノーザンライトボムからのピンフォール負けを食らった(両者)。DJニラ フレッシュアイペディアより)

  • GAEA JAPAN

    GAEA JAPANから見た北斗晶北斗 晶

    その後、1996年には長与の元付き人だった北斗晶が電撃入団し業界を驚かせ、翌1997年には全日本女子プロレスから山田敏代も移籍。GAEA JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • プロレスラー

    プロレスラーから見た北斗晶北斗 晶

    全日本女子プロレスでは入団後、一定期間内に団体内で実施する「プロテスト」に合格しない場合、退団させる方式を取っていた。現在では多くの女子プロレス団体や男女混合のWrestling New Classic、男子団体でも元全女の北斗晶が社長を務めるダイヤモンド・リングでもこの方式を採っている。プロレスラー フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーから見た北斗晶北斗 晶

    ファイヤーマンズキャリーから相手を脳天から垂直に落とす技。三田英津子が師である北斗晶のノーザンライトボムに触発され開発した技。ジョン・シナは「アティチュード・アジャストメント(A.A)」の名称で使用しているが、現在はボディスラムに近い落とし方になっている。ファイヤーマンズキャリー フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た北斗晶北斗 晶

    佐々木健介がノアのリングに初登場。この試合のカードは同年4月の日本武道館大会で発表されていたが、以後試合まで、健介は一切コメントを出していなかった。本人は「小橋選手にもファンの方にも失礼なことは分かっていた。コメントを出さないことで、緊張感を高めていた」と話している。なお、この試合は両者が5分以上、200発以上の逆水平チョップを繰り出し、共に胸を腫らせ、内出血させながら戦った。このチョップ合戦については、同スタイルの両者の対戦が発表されてから、多くのプロレスファンが期待していたところであったが、実際に展開されたそれは、ファンの予想を大きく上回る壮絶なものであった。この試合は、新日本プロレス離脱後、WJを経て、フリーとして前年のプロレス大賞MVPを受賞するなど実績を上げてきた佐々木健介の中でも屈指の名勝負といえる。試合後にはリング上から小橋に、そしてファンに感謝のメッセージを送り、放送の解説を務めていた高山善廣と握手、更に退場花道では妻の北斗晶、ファミリーの中嶋勝彦と抱き合い、手を繋いで引き上げた。その後、北斗は自身のブログでこの試合の感想を発表、話題を呼んだ。また、小橋と健介の友情が生まれた試合としても大きな意味合いを持つ試合となった。この試合はプロレス大賞でベストバウトを受賞。小橋は2003年、2004年に引き続き、3年連続での受賞となった。プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • 新説!?みのもんたの日本ミステリー!〜失われた真実に迫る〜

    新説!?みのもんたの日本ミステリー!〜失われた真実に迫る〜から見た北斗晶北斗 晶

    第3弾 - 荒俣宏、沢村一樹、北斗晶、松嶋尚美(オセロ)、若林豪、渡辺満里奈新説!?みのもんたの日本ミステリー!〜失われた真実に迫る〜 フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見た北斗晶北斗 晶

    この技のバリエーションに、ダブルアーム・スープレックスの要領で体勢持ち上げた後に腕のロックを離さず、そのまま垂直に落とす「タイガードライバー'91」があるが、受身が非常に取りにくく危険なため、三沢も本当に大一番の試合以外では使わなかった。北斗晶も一時期、ほぼ同じ形の技を使用していたが、対戦相手を負傷させてしまったことから、以降使用していない。パワーボム フレッシュアイペディアより)

  • "brother"YASSHI

    "brother"YASSHIから見た北斗晶北斗 晶

    同年6月のジュニアシングルリーグではいつものスタイルではなく、黒のショートパンツで試合をしたが、全敗。「ストロングスタイルを見せたる」と大見得を切ったのはよかったのだが、それを逆手に取られてしまい、2006年7月3日の大田区体育館興行では、「ブラザーストロングスタイル体感マッチ」と称した健介との再戦が行われ(この時のリングネームはパワーウォリアーを真似たヤッシーウォリアーであった)、健介にはおろか乱入した北斗晶にまで叩きのめされる。なお"strong"YASSHIが初登場したのは闘龍門JAPANにおけるストロング市川(ストーカー市川)戦でこの時は白のショートタイツで登場。試合自体はドン・フジイの介入によりストーカー市川が念願の勝利、と思いきやブラザーはわざと試合に負けることで市川の「闘龍門最弱」というアイデンティティを奪ってしまったのであった。"brother"YASSHI フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「北斗晶」のニューストピックワード