128件中 41 - 50件表示
  • 北斗晶

    北斗晶から見たコンバット豊田

    準決勝ではFMWのコンバット豊田と対戦。コンバットは机をリング内に持ち込むなどラフファイトで一気に攻め込むが、机攻撃に失敗、これが仇となったコンバットを、ノーザンライト・ボムで破る。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たムーン瑞月

    引退してからは女子プロレスとの関わりはほとんど持たなかったが、2010年に『笑っていいとも!』内でJWPの新人選手のリングネームを「ムーン瑞月」と名づけた。ちなみにムーンのデビュー戦の相手は、海狼組のパートナーだったみなみ鈴香にリングネームが由来するみなみ飛香(ひかり)であった。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見た浜田文子

    その後、親友であり自身と同じく幼い子を持つ女性が亡くなったことがきっかけで引退を決意し、2002年4月7日、横浜文化体育館の長与千種・浜田文子組戦(パートナーは里村明衣子)において現役を引退した。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見た佐野直喜

    相手をボディスラムのように担ぎ上げ脳天から落とす技。ボディスラムをしようとした際に失敗して脳天から落としてしまった時に相手が失神状態になったためそれを改良して現在の形になった。代表的な使い手として、北斗からこの技を伝授された健介、ノアの佐野巧真などがいる。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たターザン山本

    猪木はどっちだ!!(1994年10月)ターザン山本と共著 ISBN 4583031599北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たグリズリー岩本

    1985年6月12日、札幌中島体育センターにおける岩本久美子(後のグリズリー岩本)戦で全日本女子プロレスよりデビュー。入門当時は当時の本名・宇野久子をそのままリングネームにしていた。当時、デビュー時代から連戦連勝でありデビューからの連勝記録を保持していた。同年の新人王決定トーナメントは準優勝、年末の女子プロレス大賞では(最優秀)新人賞となった。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たみなみ飛香

    引退してからは女子プロレスとの関わりはほとんど持たなかったが、2010年に『笑っていいとも!』内でJWPの新人選手のリングネームを「ムーン瑞月」と名づけた。ちなみにムーンのデビュー戦の相手は、海狼組のパートナーだったみなみ鈴香にリングネームが由来するみなみ飛香(ひかり)であった。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たコンドル斉藤

    1986年3月、大阪城ホール大会で先輩のコンドル斉藤が保持する全日本ジュニア王座を奪取。同期では最も早い戴冠だった。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たルイス・ミゲル

    Oro De Ley / LUIS MIGUEL (SENTIMENTALに収録)北斗晶 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗晶

    北斗晶から見たイーグル沢井

    1回戦ではLLPWのイーグル沢井と対決。イーグルはいきなりサンダーファイヤー・パワーボムを放つなどラッシュをかけたが、11分8秒、ノーザンライト・ボム2連発で退ける。北斗晶 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「北斗晶」のニューストピックワード