前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
261件中 1 - 10件表示
  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見た北極圏北極圏

    アメリカの気候は広い国土のために極めて多様である。最北部が北極圏に属するアラスカは、年間を通じて冷涼な気候である。ほぼ全域が亜寒帯に属し、北極圏には寒帯のツンドラ気候が分布するが、南岸部は暖流の影響で西岸海洋性気候も見られる。一方、太平洋上の諸島であるハワイは温暖な気候で、ビーチリゾートとして人気がある。本土では、北東部から北にかけて湿潤大陸性気候が占め、冬は寒いが、夏はかなり暑い。東部から中央部は亜寒帯湿潤気候だが、グレートプレーンズ周辺や、カナダとの国境部では暑くなる日も多い。エリー湖やオンタリオ湖南岸はアメリカの平野部で最も降雪量が多いが、日本の日本海側と比べるとかなり少ない。南東部から南部は温暖湿潤気候で、フロリダ南端ではサバナ気候が見られる。西部は一般的に乾燥していてステップ気候が広く見られ、メキシコ国境付近では砂漠気候が確認できる。さらに、太平洋岸南部は地中海性気候だが、太平洋岸北部へ進むとアラスカ南東端と同じく西岸海洋性気候となる。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 東北アジア

    東北アジアから見た北極圏北極圏

    アジア全体の地域区分については、松田寿男のアジアの地域区分論(『アジア史概説』河出書房 1956年。最近のものは『アジアの歴史―東西交渉からみた前近代の世界像―』岩波書店 岩波現代文庫 2006年)が先駆的であり、アジア全域を対象としている。パミールを中心として天山・アルタイ・ヒマラヤ・ヒンズークシの各山脈などの自然地形に従い、アフリカ北部・アラビア半島から東に、モンゴル高原、中国東北部に延びる広大な乾燥の帯を加味して、東西南北の4つのアジアを設定する。北アジアは乾燥した酷寒・寒冷の北極圏を含むシベリア等でタイガと南部にステップが広がり、東アジアは寒帯から亜熱帯の幅をもつ中華人民共和国(中国)・朝鮮半島・日本等として位置づけられる。東北アジア フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見た北極圏北極圏

    欧米では中世から近代において捕鯨を行ってきたが、その利用は油の採取が主であり、鯨骨の利用はほとんどされていなかった。しかし、日本を始め日本人と比較的近いとされる海洋性の東南アジアおよびポリネシアの人々や北極圏に近い北米先住民は、余す所なく鯨を利用してきたため、鯨骨も多岐に利用してきた歴史と文化がある。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒヒョウモン

    アサヒヒョウモンから見た北極圏北極圏

    アサヒヒョウモン(旭豹紋、学名:)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ヒョウモンチョウ族に分類されるチョウの1種。北極圏を取り巻くように広く分布(周極要素と言う)するが、日本では北海道大雪山系だけに分布する小型のチョウである。アサヒヒョウモン フレッシュアイペディアより)

  • トロムソ

    トロムソから見た北極圏北極圏

    トロムソ(、)はノルウェー北部トロムス県に位置する都市である。トロムセ、トロムセーとも表記する。ノルウェー北部地方の中心都市であり、またいわゆるラップランドの中ではムルマンスクに次いで第2の規模の都市である。北極圏内に位置しているがメキシコ湾流の影響で同じ緯度の他の地域と比べれば気候は穏やかである。水産業の街であるとともに学術都市でもあり、白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できる観光地でもある。トロムソ フレッシュアイペディアより)

  • ナルヴィク

    ナルヴィクから見た北極圏北極圏

    ナルヴィク(Narvik)はノルウェーのヌールラン県の町で、北極圏内に位置する。人口18,301人(2007年現在)、面積2029平方キロ。北西でエヴェネス、北はバルドゥとグラタンゲン、南西でバランゲン、南と東はスウェーデンのノールボッテン県と接している。ナルヴィク フレッシュアイペディアより)

  • モー・イ・ラーナ

    モー・イ・ラーナから見た北極圏北極圏

    モー・イ・ラーナ()は、ノルウェーのヌールラン県にある町。ラーナ市の中心地区である。北極圏の南のヘルゲランに位置し、北にボスモエンとイッテレン、東にセルフォシュの村がある。モー・イ・ラーナ フレッシュアイペディアより)

  • イヌヴィック

    イヌヴィックから見た北極圏北極圏

    イヌヴィック(Inuvik)とはカナダのノースウエスト準州イヌヴィック地域にある町。現在の人口は3,450人(2004年)。マッケンジー川の下流近くにあり、北極圏の町として観光で訪れる人もいる。イヌヴィック地域の行政区役所が置かれている。イヌヴィック フレッシュアイペディアより)

  • ピュテアス

    ピュテアスから見た北極圏北極圏

    ストラボンはポリュビオスの「ピュテアスは自分が世界の果てまでヨーロッパの北方地域全体を探検したと断言している」という文章を引用している。ストラボンはこれを信じていなかったが、ピュテアスが世界の果てと述べた意味を解説している。その中で「トゥーレ」(Thoulē) がブリテン諸島の最北端にあるとしている。そこでは夏至に太陽が沈まなくなるという。これはピュテアスが北極圏に到達したことを意味すると思われるが、ストラボンはピュテアスが嘘つきだということを示すためにあえて触れている。ピュテアス フレッシュアイペディアより)

  • 北東アジア

    北東アジアから見た北極圏北極圏

    アジア全体の地域区分については、松田寿男のアジアの地域区分論(『アジア史概説』河出書房 1956年。最近のものは『アジアの歴史―東西交渉からみた前近代の世界像―』岩波書店 岩波現代文庫 2006年)が先駆的であり、アジア全域を東西南北4つに区分している。パミールを中心として天山・アルタイ・ヒマラヤ・ヒンズークシの各山脈などの自然地形に従い、アフリカ北部・アラビア半島から東に、モンゴル高原、中国東北部に延びる広大な乾燥の帯を加味して、東西南北の4つのアジアを設定する。北アジアは乾燥した酷寒・寒冷の北極圏を含むシベリア等でタイガと南部にステップが広がり、東アジアは寒帯から亜熱帯の幅をもつ中華人民共和国(中国)・朝鮮半島が位置づけられる。北東アジア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
261件中 1 - 10件表示

「北極圏」のニューストピックワード