261件中 111 - 120件表示
  • ブラックフィン (潜水艦)

    ブラックフィン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    ブラックフィンはアプラ港で修理と給油を行った後サンディエゴに向かい、同地で第1潜水艦戦隊に合流した。その後、ブラックフィンは1948年7月まで太平洋での任務に就いた。任務の大半はハワイおよびマリアナ諸島で行われた。1946年6月から7月にかけては北極圏での作戦行動に参加。ブラックフィンは1948年7月に不活性化のためメア・アイランド海軍造船所入りし、11月19日に予備役となる。1950年11月からブラックフィンは GUPPY 改修が行われ、1951年5月15日に再就役した。再就役後は太平洋艦隊潜水艦部隊と共にサンディエゴを拠点として活動し、1954年3月8日に真珠湾へ転属となる。この配備の間にブラックフィンは1951年12月から1952年6月、1955年1月から6月までの2度の極東巡航を行い、また沿岸での訓練および哨戒訓練を行った。ブラックフィンは1972年9月15日に退役し、同日除籍された。除籍後は標的艦として使用され、「SubSinkEx Project Thurber」において1973年5月13日にサンディエゴ沖で海没処分された。ブラックフィン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 一妻多夫制

    一妻多夫制から見た北極圏北極圏

    一妻多夫は、ヒマラヤ近辺のヒトでは減少傾向にあるが、通常の結婚制度である。チベット、インドの南の一部の地方、ナイジェリア、ネパール、ブータン、スリランカ、北極圏の一部、モンゴル地方、アフリカとアメリカ州の先住民、ポリネシアの複数の共同体で、伝統的な制度として現在でも存続している。実態は一妻多夫というよりは多夫多妻、いわゆる集団婚と言ったほうが正確な地域もある。一妻多夫制 フレッシュアイペディアより)

  • ソグ川

    ソグ川から見た北極圏北極圏

    ソグでは北極圏のイワナと大西洋のサケが獲れる。イワナは 200 g 程度から 2 kg 以上のものまでおり、平均して 500 g 程度である。サケは 2 kg から 4 kg 程度で、年に数回 10 kg 以上のものが獲れる。また降海型のブラウントラウトも獲れる。ソグ川 フレッシュアイペディアより)

  • H-21 (航空機)

    H-21 (航空機)から見た北極圏北極圏

    パイアセッキ H-21 ワークホース/ショーニー(Piasecki H-21 Workhorse/Shawnee)は、1940年代にアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプター社(後のボーイング・バートル社)で開発された4番目のタンデムローター式ヘリコプターである。一般的に「空飛ぶバナナ(flying banana)」とも呼ばれる本機は車輪、スキー、フロートを取り付けられる多用途ヘリコプターであった。H-21は低温の環境下でも良好な性能を発揮し、北極圏などでの救難活動にも使用された。H-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ディクソン (ロシア)

    ディクソン (ロシア)から見た北極圏北極圏

    ディクソンはロシア連邦で最北に位置する港町で、世界でも有数の北極に近い都市であり、北極圏で最も有名な都市である。それ故、12月8日から1月5日までは極夜なので常用薄明が一切見られない。また、世界でも有数の孤立した都市である。また、この都市の名はスウェーデンの探検家のオスカー・ディクソンに因んでいる。ディクソン (ロシア) フレッシュアイペディアより)

  • 浮体原子力発電所

    浮体原子力発電所から見た北極圏北極圏

    いくつかは、タイミル半島のドゥディンカ、カムチャツカ半島のヴィリュチンスク、チュクチ半島のペヴェクを含むロシアの北極圏で使われる予定であり、いくつかは輸出の計画がある。ロシア連邦原子エネルギー局によれば15ヶ国がこの船の購入に興味を示している。浮体原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • オーロラの国大冒険!!

    オーロラの国大冒険!!から見た北極圏北極圏

    キャッチコピーは「サンタに会いたい! 間下このみ」で、新聞のラテ欄には、「サンタに会いたい! 間下このみ オーロラの国大冒険!!」と表記されている。当時、人気子役の間下このみが主演。全編がフィンランドの大自然を舞台に撮影され、ヘルシンキから北極圏のラップランドまでを縦断ロケしている。主役の二人以外は、フィンランドの俳優達が出演している。オーロラの国大冒険!! フレッシュアイペディアより)

  • アルベール1世 (モナコ大公)

    アルベール1世 (モナコ大公)から見た北極圏北極圏

    海洋調査船を建造しメキシコ湾流域、アゾレス、スピッツベルゲン方面など赤道から北極圏までの北大西洋と地中海とを組織的に海洋物理学的、海洋生物学的に観測した。その業績は数々の新種の深海生物の発見、とくにマッコウクジラの胃の中から巨大なイカの新種を発見したこと、鯨の餌の研究をしたこと、比較的水温の高いモナコ海淵を発見したこと、特殊な海流球を放って海流を調べ大西洋の表層海流図を作りメキシコ湾流について多くの新知見を得たこと、北大西洋の浮遊機雷の漂流経路について調査をしたこと、世界の海洋深層図を出版したこと、地中海深層水の大西洋への流出を発見したことなどである。アルベール1世 (モナコ大公) フレッシュアイペディアより)

  • 植村直己冒険館

    植村直己冒険館から見た北極圏北極圏

    郷土出身の英雄、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家・植村直己の偉業顕彰を目的として1994年4月に開館。2003年1月には 新館が落成、全館リニューアルオープンした。遺族から寄贈された北極圏犬ゾリ単独行装備品を含む約300点の遺品や記念品、写真、映像などが展示されている。植村直己個人を紹介するとともに冒険における技術等を紹介している。ひょうごっ子ココロンカードの対象施設となっている。植村直己冒険館 フレッシュアイペディアより)

  • 冬至

    冬至から見た北極圏北極圏

    秋分から春分までの間、北半球では太陽は真東からやや南寄りの方角から上り、真西からやや南寄りの方角に沈む。冬至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も南寄りになる。また南回帰線上の観測者から見ると、冬至の日の太陽は正午に天頂を通過する。冬至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で極夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で白夜となる。冬至 フレッシュアイペディアより)

261件中 111 - 120件表示